Home»からだ» 【バカでしょ】なぜ1人でも100キロウォークを歩いたのか?【理由3つ】
a

【バカでしょ】なぜ1人でも100キロウォークを歩いたのか?【理由3つ】

からだ

『1人で100キロ歩いたの?(笑)なんでそこまでして歩くの?(笑)』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、なぜ100キロも歩くのか分からないを手放していきます。

スポンサーリンク

1.1人100キロウォーク開催

「25時間35分」かかって完歩

突然ですが、僕は先日100キロ歩きました。

しかも、”1人で・寝ずに・夜通しで“です。

なぜかというと、実は「第23回行橋別府100キロウォーク」に申し込みをしていたのですが、コロナの関係で大会が中止になってしまったからです。

だから1人で歩くことにしました。

「いやいやバカでしょ!」
「わざわざ1人で歩かなくても良いじゃん(笑)」
「やめておけ!」

と散々周りに言われましたが、それでも実行し、目標の「26時間以内」で歩ききりました。

ではなぜ僕が、『バカにされながらも1人で100キロも歩いたのか?』その理由について説明していこうと思います。↓

1人で100キロ歩いた理由は?

僕が1人でも100キロウォークを歩いた理由は、3つあります。

①根性の証明
②生きやすくなる
③話題になる

これらを得たかったので歩きました。以下で詳しく説明します。

なので、もしも100キロ歩くモチベーションがわかないって方は、本記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

2.100キロ歩くと得られること3つ

①根性を証明できる

1つ目のメリットですが、

『根性を客観的に証明できる』

です。個人的にコレが1番欲しかったメリットです。

というのも、「自分根性あります」と言うより、

「自分100キロを1人で寝ずに歩くぐらい根性あります」

と言った方が、凄さが伝わるじゃないですか。根性の度合いが客観的に分かりやすい、これを僕は「根性の証明」と呼んでます。

②歩くと楽に感じる

2つ目は、

『100キロ歩くと大抵のことが楽に感じられる』

ことです。

100キロ歩くのは、想像以上にキツいです。特に70キロ超えたところからは、ゾンビのようになりながら歩くことになります。

そんな思いをしてまで歩いたのですから、その後少々キツいことがあっても、

「100キロの方がキツかった」
「100キロ歩くよりマシ」
「これぐらい余裕~♪」

と思えるようになるのです。

この効果は1年ほど効くので、年に1回100キロを歩いておくことをオススメします。

③インパクトを与えられる

3つ目は、

『大きなインパクトを与えられる』

ことです。

例えば自己紹介1つにしても、

「音楽聴くのが好き」
「アニメを見るのが好き」
「ドライブに行くのが好き」

というのはよくある自己紹介ですよね。

ですが、

『最近100キロ歩きました』

というと、「めちゃくちゃインパクト大」じゃないですかね。

・え?何で?
・この人いったい何なんだろう…
・この人面白そう(笑)
と、色々興味がわきますよね。

相手の気をひくという点で、「面接・恋人探し・友達づくり・取引先の方との会話」など色んなところで活躍できる話題だと思います。

スポンサーリンク

3.いきなり100キロは…

ハードルが高過ぎる

とはいえ、いきなり100キロ歩くのはハードルが高すぎるかもです。

実際僕も、

・1度目は69キロリタイア
・2度目は時間外完歩

という結果でしたので、誰でもすぐに100キロ歩けるとは思っていません。

なので、もう少し“難易度を下げた”ものがあるので、そちらも最後にご紹介します。

オススメは2つ

オススメは以下の2つです。

①熊本の3333段
②北九州の50キロウォーク

熊本の3333段は登って降りて「3時間」ほどで済みますし、北九州の50キロウォークは「最大12時間」で終わります。

100キロウォークの最大26時間よりは、はるかに短いですが、確実にインパクトがある内容なのでオススメです。


ちなみに熊本の階段はいつでも無料で勝手に登れますし、50キロウォークは2000円ほどで、毎年4月頃と9,10月頃を予定しているそうなので、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・1人で100キロ歩く理由①根性の証明になる②歩いた後1年がラク③話題になる
・メリットが沢山あるので、キツくても歩ける
・いきなり100キロでなくても、3333段や50キロウォークから始めるのもオススメ