【100キロウォークの荷物】ミニマリストは何を用意する?【最低限】

「面倒くさい」を手放す
スポンサーリンク

1.100キロウォークに必要な物は?

バッグの中身はこれで行く

・スマホ
・財布
・モバイルバッテリー
・Bluetoothイヤホン
・腕時計

・着替え
(半袖2枚、長袖1枚、短パン1枚、靴下2組)
・速乾タオル1枚

・ライト
・反射するタスキ

・軽食
・飲み物

・ワセリン
・絆創膏
・安全ピン
・湿布
・テーピング

リュックはコレ

何度も紹介してますが、
グレゴリーのコンパス30という商品です。

30L入るのに750gしかない驚異の軽さです。

普段使いも旅行も、
100キロウォークもこれ1つでOKです。

詳しくはこちらより。

服はコレ

服は、「ドライEXクルーネックTシャツ(半袖)」と「ドライストレッチアクティブショートパンツ」です。

100キロウォークに適してる理由は、

・すぐ乾く
・通気性が良くて涼しい
・動きやすい

こんな感じで2019年バチバチに愛用してます。

だからこの服で100キロも出場します。わりとベストチョイスだと思ってます。

もっと詳しく知る場合はこちらより。

靴はコレ

靴はニューバランスのFUEL CORE URGEです。100キロウォークのために買いました。

長距離歩くので、出来れば実際に履いて選んだ方が良いと思います。

僕が注意したのは、「軽いか?」「足に違和感がないか?」です。

値段は6,000円ほどでした。
夜道も歩くので明るめの物をチョイス。

スポンサーリンク

2.環境によって追加する物

何月に歩くのか?

「夏なら帽子、冬なら長袖」季節によって必要な物は変わるかなと。

僕は10月中旬に歩くので、薄い長袖アウターを持って行きます。

(※追記)夜は冷え込み、昼はカンカンでした。夜は厚めのアウターを。昼間用に帽子を必ず用意しておきましょう。寒さでリタイアした人を何人も見ました。

雨は降らないか?

雨の場合、「カッパ、ポンチョ、傘、着替え多め」などの対策が必要です。

天気予報は、10日先の天気も見れるウェザーニュースがおすすめ→こちらより

時間帯は?

歩く時間帯によっても、着替えの頻度が変わってくると思います。

日中メインで歩くなら、汗を沢山かきそうなので「替えの服(半袖)」が2、3枚必要です。

逆に暗い時間メインで歩くなら、寒さ対策で「上着や長袖」を1枚入れておく事をオススメします。

どんな道を歩くか?

コースによって

ステッキが必要だったり、
虫よけが必要だったり、
補助のインソールが必要だったり、

自分の身体

・股ずれしやすい
・膝を痛めやすい
・腰を痛めやすい
・寒がり
・汗っかき
・花粉症
・貧血気味

自分の身体を分かってるのは自分なので、対応できるようにしておきましょう。

とは言え、備え過ぎて荷物が重くなり、疲れて歩けなかった。と本末転倒にならないよう注意です。

スポンサーリンク

3.完歩できるか左右するのは?

足でも、体力でも、年齢でもない

完歩できるかを左右するのは、筋肉量でもなく、体力でもなく、年齢でもありません。

メンタル」です。
心が折れなければ完歩できます。

よくテレビとかでもあるじゃないですか。“骨折してるのに、どうしても大会に出たいから出た”とか。

人はメンタル1つで無敵になれます。

メンタルを強く保つために、次のものも用意しておくと良いです。紹介して終わりにします。

if then ルール

ゴールまでメンタルを維持するため、「if thenルール」を作っておきましょう。

if thenルールとは、

もし〇〇なら、△△する

という感じで、あらかじめ「起こりそうなこと」と「対策」を考えておくのが良いです。

スマホのメモに入れとくだけなので、0gのお助けアイテムの完成です。

それでは、当日は頑張りましょう。

僕は、2010年に69キロ地点でリタイアした悔しい過去があるのでかならず歩ききります。

スポンサーリンク

まとめ

・100キロウォークの荷物はいかに最低限で済ますかが大事
・本番をイメージして用意を
「多め」は致命傷になりかねない
・完歩できるかはメンタル次第
・ 神アイテムはif thenメモ