【100均】車のサイドミラー「曇り止め」フィルム【拭かないで】

おすすめ

雨の日のサイドミラーが、見にくいんだよね…どうにかならない?

という悩みに、お答えしていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「ミラーの見辛さ」を手放しましょう。

スポンサーリンク

1.「曇り止めフィルム」が100均に売ってる

商品名は「車用 曇り止めフィルム(2P)」

雨の日にバック駐車をしてると、「サイドミラーが全然見えない!」ってことありませんか?それを解決する、神アイテムを100均で見つけました。

車用曇り止めフィルム」という商品です。

僕はキャンドゥで買いましたが、セリアでも売ってました。おそらく、ダイソーでも売ってると思います。左右2枚入りで、税込み110円でした。

今回はコイツの、『中身・貼り方・効果』を順に紹介していきます。

フィルムはこんな感じ

フィルムは、パッケージ通りミラーより一回り小さい「まんまる」した形でした。

車の種類によって、サイドミラーの形や大きさは様々です。なので、小ぶりのこのサイズが、より多くの車種に貼れるので妥当なサイズかなと思います。

では、貼り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

2.フィルムの貼り方は?

スマホの保護フィルムと一緒

貼り方は、スマホの保護フィルムと一緒です。スプレーや水、ヘラも必要ありません。

最初にミラーの汚れやホコリを拭く、「タオル」があれば良いぐらいです。

手順は、かんたん5ステップでした。

①拭く→②剥がす→③貼る→④空気出す→⑤剥がす

詳しく、画像付きで紹介していきます。

①拭く

ホコリや水分、汚れをタオルで取り除きます。

たぶん、マイクロファイバーのタオルで拭いた方が良いです。埃がきちんと取れるからです。僕は粗品タオルで拭きましたが、こういうタオルは埃が残りやすく、フィルムを貼った時に空気が残ってしまいます。

②片面をはがす

フィルムの片面をはがします。

③貼る

貼り付けます。

不器用な人でも大丈夫です。わりと適当にやっても、キレイに仕上がります。

④空気を押し出す

指で空気を押し出します。指紋がつくので、もう片方のフィルム(青色)を剥がす前に、空気を出した方が良いです。

空気は少しぐらいなら、残ってても目立たないので気にしなくて良いです。

⑤もう片面をはがす

そして、残りのもう片面をはがします。

おわり

終わりです。

少し空気が入ってしまいましたが、ガン見しないと分かりません。フィルム自体も、貼ってるのがあまり目立ちません。良い感じです。あとはホントに使いものになるか、ですよね。

では最後に、本当に水をはじくのか濡らしてみます。

スポンサーリンク

3.実際に濡らしてみた

ホントにハジいてます

少し分かり辛いかもですが、ミラーを濡らしても、全くもってフィルムには水滴なしです。

これで雨の日も大丈夫そうです。

最後に注意点が、「フィルムをゴシゴシ拭かないこと」です。白っぽくなり、傷が入り、晴れの日に見にくくなってしまいます。

もし水滴が残った場合は、軽くポンポンと吸い取ってください。

バイクや自転車にも

車だけではなく、バイクや自転車のミラーにも使えるみたいです。

安くて簡単に取り付けられるので、良かったら試してみてください。100均の車コーナーに置いてあります。

スポンサーリンク

まとめ

・サイドミラー見にくい→曇り止めフィルム
・100均で2枚セットで売ってる
・本当にはじく
・傷が入るので、濡れてもゴシゴシ拭かない