【今年も用意しました】100キロウォークで役立つ「神薬」【3選】

「からだ」の面倒を手放す

『100キロウォークの時に用意しておいた方が良い薬って?』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「100キロのシンドさ」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.100キロウォークに持って行った方が良い薬

この3つは持ってて損なし!(経験者)

100キロウォークのマスト薬は以下の3つです。

①痛み止め(飲み薬)
②痛み止め(貼り薬)
➂眠気覚まし

とはいえ色々種類があるので、その中からオススメをご紹介します。

薬剤師さんに勧めてもらった薬です。しかもこの薬剤師さん、100キロウォークの選手を何人も何年も見送っている方なので、めちゃくちゃ安心して買えます。

実際ぼくは2019年の100キロウォークで、この薬たちを試し、とても救われました。

なので、薬剤師さんからも、僕からもお墨付きです。

スポンサーリンク

2.「神薬3選」

①痛み止め(飲み薬)

まず最初に飲み薬の痛み止めです。

名前は「ルミフェン」といいます。

節々が痛くてもコイツを飲めば、痛みがウソかのように消えてくれます。

ですがしばらく経つと痛みが復活してくるので、何錠か飲むことになります。

②痛み止め(貼り薬)

次に貼り薬ですが、「ジクエフェクトZXテープ」という湿布です。

ですがコレがないドラッグストアもありました。

その場合、「フェイタスZα」が同じ内容だそうです。フェイタスの方がどこでも売ってそうではありますよね。

➂眠気覚まし

最後は眠気覚ましドリンクです。

レッドブルやモンスター、眠眠打破のような「眠気覚まし系のドリンク」のことです。

基本コンビニに、1本200~400円ほどで置いてあります。

スポンサーリンク

3.眠気覚ましはどれが良いの?

強強打破が良さげ

ググってみたところ、徹夜系なら「強強打破」が良さげでした。

カフェインは150mg配合されており、価格は1本410円とのことです。


味は2種類ありました。「コク深いコーヒー味」と「濃強爽味 – こいきょうそうあじ –(540円)」です。

1日に接種して良いカフェイン量は?

1日400mgまでとされているので、強強打破で言うと「2本まで」にしておいた方が良さげです。

スポンサーリンク

まとめ

・100キロウォークの神薬は①ルミフェン②フェイタスZα➂強強打破
・薬剤師さんお墨付き
・強強打破は2本ぐらいが限度