【完歩しました】第1回50キロウォークの感想【ツラい?楽勝?】

「からだ」の面倒を手放す

『北九州の50キロウォークってどうだった?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「50キロウォークの予想外」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.50キロウォークの感想

50キロウォークは辛いのか?

50キロウォークは当然、100キロと比べると全然キツくないです。

ただ、50キロにしてはキツいというのが僕の感想でもあり、周りの人たちの感想でもあります。

その理由についてお話していきますので、良かったら今後の参考にしてください。↓

まさかの弊害3つ

50キロウォークが”想像よりキツかった”理由は、以下の「3つ」です。

①コンビニが全然ない
②めちゃくちゃ暑い
③眠気に襲われる

①コンビニ

これは僕の下調べと想像力が足りてなかったのですが、基本海沿いを歩くので「ほぼコンビニがない」のです。。最初と最後だけでした。

なので途中、「駄菓子屋さん」に寄って、小学生と一緒にお菓子を買いました。130円分でした。

②暑さ

10月なのに「30度近くの真夏日になる」とニュースでやっていました。

なので覚悟はしていました。

ですが、とにかく影が無いコースで直射日光ガンガンで、本当に参りました。↓

体感的に「8割型日なた」でした。

③眠気

「日中だから眠くなるわけない」

そう思ってた僕はバカでした。

10時頃と15時頃がめちゃくちゃ眠かったです。というのも「とにかく朝が早い」からです。

僕は普段24時に寝て7時に起きる生活をしています。なので7時間ほど寝ているのですが、この日は23時40分に寝て4時40分起床でした。5時間しか寝れていなかったので、とにかく眠かったです。

なので夕方の3時頃にメガシャキを買って、残り10キロほど気張りました。

スポンサーリンク

2.できればここを改善して欲しい

①事前に注意書きを

当日の出発前30分に、地図の裏に印刷された注意書きをもらいました。

注意書きには、

・コンビニが少ない
・支給品がある
・夜18時を過ぎてゴールする人はヘッドライトを

ということが書いてありました。

ですが、この情報なしで準備してきているので、もっと事前に言ってくれたら良かったなぁと思いました。

②支給品は欲しい人だけ

50キロウォークは全部で5つの物資が支給されました。

①500mlのウーロン茶
②メロンパン
③カレーパン
④バナナ
⑤500mlの緑茶

コンビニが少なかったのでありがたいのですが、1点残念だったのが「強制支給」だったことです。

100キロウォークは必要な人が取って行く形式なのですが、50キロウォークは1人1人渡されました。

特にキツかったのが、①~④までの物が入った袋を23キロ地点でもらったことです。

飲み物は既に持っていたし、バナナ1本とパンを半分しか食べなかった僕には、非常に重たい荷物になりました。。この荷物は、この後10kmずっと持つことになりました。

③完歩証は後からでも

これはプチ驚きなのですが、「完歩証」が最初から渡されたことに驚きました。

“完歩したからこそもらえる”という特別感が無かったので、モチベーションはあまりあがりませんでした。

スポンサーリンク

3.50キロウォークの作戦と次回

作戦は?

50キロウォークの作戦ですが、僕は今回「止まらない作戦」でいきました。

というのも、超早歩きする僕の隣を、背の高い人がゆったりと抜いて行ったからです。

「僕がこんなにも急いで歩いているのに越されるということは、この人に勝つためには休みなく歩くしかない。」と気づいたからです。

次はいつある?

次は4月とのことです。

一応、年2回(4月・10月)を予定しているそうです。

スポンサーリンク

まとめ

・北九州50キロウォークは、50キロにしてはキツかった
・とにかく直射日光ガンガンコースで暑かった
・加えて支給品によって持ち物が増えるのでキツかった