【エアポッズ初心者】種類は?違いは?【やっぱProがいいの?】

「面倒くさい」を手放す

AirPodsって何種類あるの?それらの違いは?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「AirPodsのナゾ」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.AirPodsは何種類あるのか?

5種類ある

AirPodsには5種類の製品があります。

①AirPods(第1世代)
②ケースのみ
③AirPods(第2世代)
④AirPods(第2世代)
⑤AirPods Pro

もう少し詳しく書くと、

①AirPods(第1世代)
「本体 + 有線の充電ケース」

②AirPodsの充電ケースのみ
「ワイヤレス充電対応ケースのみ」

③AirPods(第2世代)
「本体 + 有線の充電ケース」

④AirPods(第2世代)
「本体 + ワイヤレス充電対応ケース」

⑤AirPods Pro
「本体 + ワイヤレス充電対応ケース」

という感じです。

画像で確認する

それぞれを画像付きで確認すると以下の感じです。

買うならAmazonからがオススメです。通常より、若干安く買えます。※公式は、税抜き価格なので注意です。

①第1世代

第2世代が出たため、生産中止されてます。メルカリ等で入手できます。

②ケースのみ

公式ページに移動

なんでケースだけ?と思うかもですが、

・第1世代をワイヤレスに変えたい
・ケースをなくした
・第2世代をワイヤレスに変えたい

という人が買うのだと思います。

③第2世代

公式ページに移動

第2世代が欲しい人で、「ワイヤレス充電しないよー」って方はこちらがオススメです。

④第2世代(ワイヤレス)

公式ページに移動

⑤AirPods Pro

公式ページに移動
スポンサーリンク

2.AirPods(第2世代)とAirPods pro

違いは4つ

①見た目が違う
②充電のもちが違う
③価格が違う
④機能が違う

①見た目

ケースの大きさも違うのですが、それより何より、耳に入れる部分が違います。

このタイプだと耳が痛くなるという人も居れば、

AirPods(第2世代)

このタイプのイヤホンが苦手、という人も。

AirPods Pro

これは完全好みの問題なので、耳と相談ですね。

②充電のもち

AirPods(第2世代)
1回の充電で、
「5時間の再生」or「3時間の通話」
・15分の充電で、
「3時間の再生」or「2時間の通話」

AirPods Pro
・1回の充電で、
「4.5時間の再生」or「3.5時間の通話」
・5分間の充電で、
「1時間の再生」or「1時間の通話」

たった5分の充電で、1時間も使えるほど回復するのは、Appleの強いところですよね。

③価格

AirPods(第2世代)の通常版
→17,800円(+税)

AirPods Pro
→27,800円(+税)

1万円の差はなかなかデカいですよね。

④機能

AirPods Proには、
・雑音を消す「ノイズキャンセリング機能」
・汗や雨に強い「耐汗耐水性能」

がついてます。

AirPodsは、完全防水・防汗には対応していないため、汗をかくスポーツや水の近くで使用する場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

・エアポッズは5種類ある
・基本的にAirPods(第2世代)かAirPods Proか
・違いは、形・充電のもち・値段・機能
・外部の音を消したい、濡れる心配をしたくない→AirPods Pro