Home»面倒くさいを手放す» 【恒例】Amazonの電気シェーバーが壊れました【今回は返金】
a

【恒例】Amazonの電気シェーバーが壊れました【今回は返金】

面倒くさいを手放す

『Amazonで買った電気シェーバーが壊れたんだけど、これってよくあることなの?壊れたらどうしたら良いの?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、壊れたシェーバーを手放していきます。

スポンサーリンク

1.Amazonで購入の電気シェーバーが壊れた

2800円の激安品

先日、Amazonの「格安電気シェーバー」を買いました。

おどろきの「2800円」です。

それがたった2ヶ月で壊れてしまったので、

・どう壊れたのか?
・保証は効くのか?
・交換か修理か返金か買い替えか?

をまとめていこうと思います。


とはいえ、「壊れたじゃないか!」「やっぱ安物はダメだな!」などは思っていません。

Amazonで買った格安電気シェーバーは毎回壊れますし、壊れるもんだと思って買っています

なので、おかしな話ですが、これは「普通」なことなのです。(笑)

という訳で書いていきます。

壊れたというか不良品

先ほど「壊れた」と書きましたが、正しくは不良品でした。

というのも、充電が80%以上あるのに、急に0%になるのです。ですがまた充電すれば使えます。なので不動品ではなく「不良品」です。

なので全然ダメな商品という訳ではありません。回転式ですし、鼻毛カッターやトリマーもついており、シンプルなつくりで良い感じです。

もし気になる方が居ましたらコチラからどうぞ↓

(※僕は安くなっている時に買ったので、今は3,000円ちょいになっています。それでも安いのですが。)

という訳でここから、“Amazonで買った物が壊れた時に「やること3つ」”をご紹介していきます。

スポンサーリンク

2.壊れたらやること3つ

①販売元に連絡

まずは販売元に連絡して、対応の選択肢を聞きます。

僕も先述した症状が3回以上続くと、販売元にお伝えしました。

すると「保証が1年ある」ので、

・無料交換(不良品を送り返す必要ナシ)
・返金

の2択を提示してくれました。(基本毎回こんな感じです。)



※Amazonで購入した物が、保証期間内に壊れてしまった時に連絡する方法↓

②他商品をチェック

壊れたら前向きに、「無料お試し期間」だったと思って、他の商品を探してみるのが良いです。

というのも、僕が買う安物は”すぐに新しい商品が出る”ので、2ヶ月前にはなかった商品があったりするのです。

③比較

そして今持っている物と比較します。

新しい商品と比べてみて、それでも今持っている物の方が良いなら「無料交換」、新しい商品の方が良さそうでしたら「返金」からの「買い替え」をすれば良いのです。


僕はきほん無料交換を選ぶのですが、今回は「返金を選択」することにしました。

というのも、他の商品で良さげな物を見つけてしまったからです。

※我ながらなかなかズル賢いなと思いますが、毎回壊れて毎回この手間がかかっているので、許して欲しいところです。(笑)


それでは最後に、気になっている商品たちを紹介して終わりにしようと思います。

スポンサーリンク

3.気になる格安電気シェーバー3つとは?

今回探したのはシェーバーというより、「鼻毛カッター」や「バリカン」がメインの商品です。

なので非常にコンパクトで安いです。

①ZOZODJDJ

1,480円の商品です。

内容は、

・鼻毛カッター
・電気シェーバー
・トリマー
・エチケットカッター

という感じです。

特徴的なのは、充電ケーブルがなく、USB直さしということです。

②Chic me

3,297円で半額クーポンがあったので、1,650円ほどです。(※10月30日までとのことです。)

内容は、

・バリカン
・鼻毛カッター
・電気シェーバー
・ラインバリカン

という感じです。

特徴は8種類のアタッチメントがついているので、刈り上げの長さを自由に選べるところと、速度の調整ができるところです。

③Chic me(2021年改良版)

2,699円で半額クーポンがあったので、1,350円ほどです。(※10月30日までとのことです。)

こちらは②と同じ「Chic me」の商品なので、ほぼ変わりないです。

ただこちらの方が最新版なようで、見た目と、恐らく充電のもちが変わったのだと思います。




この3つのどれかにしようと思います。また購入したらレビューします。

スポンサーリンク

まとめ

・Amazonで買った「格安電気シェーバー」がまた壊れた
・壊れたら販売元に連絡して「交換」か「返金」か
・今回は返金を選び、よりコンパクトな物を買ってみることに