【アンカー】モバイルバッテリー&充電器【評価と「意外な効果」】

おすすめ
悩める人
悩める人

アンカーのモバイルバッテリー兼充電器って実際どう?

というお悩みに、「ミニマリストの僕」がお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

スポンサーリンク

1.アンカーの「あの充電器」

モバイルバッテリーにもなる充電器

本日紹介するのは、
「アンカーのモバイルバッテリー&充電器」です。

正式名称は、
『アンカー パワーコア フュージョン 5000』です。

ミニマリストしぶさんが持っていて、
僕も購入してみたので紹介していきます。

中身を紹介(画像多め)

まずは開封から。

中身はこんな感じです。

・本体
・収納袋
・コード
・説明書×2

本体以外は要らないので処分しました。

スポンサーリンク

2.カスタマイズしてみました

2個→1個に

今まで充電器モバイルバッテリー
別々で持っていたのですが、

アンカーの充電器を使い、1つにまとめました。

現在はこうなってます。2019.9

更に進化して、今はこの形に落ち着いています。コードを1本にまとめて、だいぶスッキリしました。

スポンサーリンク

3.ぶっちゃけここが微妙

で、今回はちょっと
辛口で評価してみようと思います。

想像より重い

・僕のスマホ 169g
・ポケットWi-Fi 140g

・アンカーの充電器 189g


こんな感じで、スマホやWi-Fiより重いです。

誠に勝手ながら、もっと軽くてコンパクトだと思っていました。


もちろんモバイルバッテリーを別で持つよりは、物の数も減り、重さ的にも軽くはなってると思いますが。


なるべく、薄くて小さくて軽い物を選びたいので、ちょっと「う~ん」という感じではあります。

充電しながらは持ちにくい


薄型のモバイルバッテリーと違い、
充電器兼用のタイプなので厚みがあります。

なので、充電しながらのスマホ操作がしづらいです。


実際にやってみると、こんな感じです↓
(※スマホの代わりにWi-Fiを持ってます。)

なかなかの厚みですよね。

最初は「失敗した」と思いましたが、
この厚さが結果として良かったのです。

どういう事かと言うと、

持ちにくいおかげで、
「充電しながらもスマホを触る」
という悪い習慣を手放せたのです。



スマホに時間を割きすぎていたので、
これは意外にラッキーでした。


だからちょっと重くて、
スマホと一緒に持ち辛い厚さなのが、
この商品の良さかもしれないなと思います。



ちょっと辛口評価しましたが、
今のところこれがベストだと思っています。

スマホを充電しておけば、
自動でモバイルバッテリーも充電されるので
「うわっ。モバイルバッテリー充電してなかった。」
が無くて最高です。

スポンサーリンク

まとめ

・アンカー パワーコア フュージョン5000は、
充電器とモバイルバッテリーが一体化になってる。
・重みと厚みがあるため、充電しながら使うがしにくい。
・でも、そのおかげでスマホ使用時間が減り結果ラッキー。
・モバイルバッテリーの充電を気にしなくて良いし、今のところベスト 。