【開業届と一緒に出そう】「所得税の青色申告承認申請書」の書き方【簡単】

「個人事業主」の面倒を手放す

「所得税の青色申告承認申請書」を書いてと言われたんだけど、書き方が分からない

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「青色申告の申請の紙の不安」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.開業届と一緒に出しておく書類

所得税の青色申告承認申請書

開業届と一緒に、「所得税の青色申告承認申請書」という紙も出しておきましょう。

そしたら、“青色申告できる”ようになります。税務署でタダでもらえます。

国税庁のページからPDFをダウンロードもできます。(>こちら)

「出した=青色申告」ではない

所得税の青色申告承認申請書を出したからと言って、必ず青色申告をしなければいけないわけではありません。

出すことによって、青か白か選べるようになります。

逆に、出しておかないと白色申告しか選択できません。

つまり、申請書だけ出しておいて、青色申告できそうなら青色申告を選択。無理そうなら白色申告を選択すれば良いのです。

書くところは、かなり少ない

全部ビッシリ書く必要はありません。必要最低限でOKです。

上半分

①事務所ちかくの税務署

②「自宅=事務所」なら、住所地に☑

※「自宅≠事務所」なら、事業所等に☑して、事務所の住所を記入。そして、②と③の間の欄に、自宅の住所を記入。

③個人事業主の名前、印鑑、生年月日
※印鑑は認印でOKです。

④職業名、会社名を記入

⑤基本「提出の年」を書きます。

例:令和2年1月に提出なら、「令和2年分以降の~」

※ただし、「3月15日より後に出す場合」or「開業日から2ヶ月以上たって出す場合」は、翌年を書くことになります。

○開業は既にしてる。今年から青色申告したい。3月15日までに出した。
○開業して1ヶ月。10月20日に出した

×2年前に開業。今年から青色にしたい。5月25日に出した。
×開業から半年経った。9月30日に出した。

かんたんに言ってしまえば、開業したらなるべく早く提出しましょう。ということです。

下半分

⑥「事業所得」に☑

⑦「無」に☑

⑧開業日を記入

⑨「無」に☑

⑩「複式簿記」に☑
※簿記ができるレベルなら大丈夫です。

11「現金出納帳」「経費帳」「固定資産台帳」「総勘定元帳」「仕訳帳」に☑でOK。
※あとは、他に自分が使いそうなところにチェックすれば良いです。絶対ではなく、「使うかもな〜」ぐらいの感じで良いです。

スポンサーリンク

2.青色申告するには税理士が必要?

税理士は不要

「青色申告=税理士や会計士、行政書士に会計事務を依頼」というイメージが強いかもですね。

でも、税理士は不要です。

会計ソフトに任せる

今は会計ソフトがほぼやってくれます。

ですが、「よく分からないけど」という状態では、不安が残りますよね。そこで個人なオススメは、“簿記3級を勉強しておく”です。

簿記を勉強する

簿記3級レベルがあれば、青色申告可能なようです。

簿記を勉強するなら「フォーサイト」がイチオシです。

実際僕もフォーサイトを利用しました。市販のテキストで3度挫折しました。ですが、フォーサイトでやれば1ヶ月で出来るようになりました。

スポンサーリンク

3.開業届の書き方は?

開業届も書くところは限られてる

開業届も簡単に書けます。

「所得税の青色申告承認申請書」と書き方が似てるので、一緒に書いてしまうことをオススメします。

開業届の書き方

書き方は下記で解説してます。

スポンサーリンク

まとめ

・「所得税の青色申告承認申請書」は全部埋めなくて良い
・開業して2ヶ月以内か、新年始まって3月15日までに出す
・開業届と書き方が似てるので一緒に出す