【車のバッテリー上がり】ケーブルのつなぐ順番は?【日産ノート・トヨタアイシス】

「クルマ」の面倒を手放す

車のバッテリーが上がった時って、どうやって直したら良いの?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「バッテリーが上がった車」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.バッテリー上がりを直すには?

ケーブルの接続はこの順番

バッテリー上がりのケーブルの繋ぎ方・外し方は以下の感じです。

【 繋ぎ方 】
死(+)→生(+)→生(-)→死(アース)

【 外し方 】
死(アース)→生(-)→生(+)→死(+)

これでピンと来ない方は、次をご覧ください。

動画で説明してます

YouTubeにアップしました。

説明するのに使った車は、「日産ノート」と「トヨタアイシス」です。

もし速度制限で動画が見れない人は、画像でも説明しています。次をご覧ください。

スポンサーリンク

2.バッテリー上がりの直し方(写真で解説)

必要なものは?

バッテリー上がりを直すのに必要な物は、「ブースターケーブル」という赤と黒の線です。両端にクリップがついているのが特徴です。

ブースターケーブルについては、後半でオススメを紹介しています。

「死んだ車」と「生きた車」

今回わかりやすいように、

・バッテリーが上がった車を「死んだ車
・バッテリーが上がってない車を「生きた車

と呼ぶようにします。

①2台を近づける

まずは、2台のボンネットを近づけて停車させましょう。2台ともエンジンを切ります。

②ライトを全て切る

次に死んだ車のライト関係を全てオフにします。

③2台とものボンネットを開ける

次に2台とものボンネットを開けます。

④2台とものプラスカバーを開ける

次にバッテリーの「プラスカバー」を外します。

大きく「+」と書いてあるので、分かりやすいと思います。

「バッテリーって何?」と思った方は、ボンネットを開けてエンジンルームをのぞいてみてください。こういった物(↓)があると思います。

⑤赤のケーブルをはさむ

ではいよいよケーブルをはさんでいきます。

先に「赤いケーブル」を「+」にはさみます。バッテリーにはめてある、金属部分をはさみこみます。

順番は、死んだ車→生きた車です。

こんな感じになります。

⑥黒のケーブルをはさむ

次に黒のケーブルをはさみます。

黒のケーブルは「マイナスに」なのですが、1点注意があります。

それは、死んだ車のマイナスにははさんではダメです。死んだ車側には、アースという部分にはさみます。(場所は車の説明書に書いてあるそうです。)

順番は、生きた車→死んだ車です。

日産ノートはこの部分なようです。エンジンルームの左側です。(↓)

⑦生きた車のエンジンをかける

そしたら、バッテリーが上がってない方の車のエンジンをかけます。

⑧5~10分放置

そしたら5~10分放置します。

その際、アクセルをちょっとだけ踏んでやっておくと、よりgoodです。

ですが、多少なりとウルサいので、近所迷惑になりそうでしたら、踏まずにただ放置するだけでOKです。

⑨死んだ車のエンジンをかける

そしたら遂に復活の時です。

死んだ車のエンジンをかけてみましょう。きっとかかります。

⑩外す時の手順

あとは、つけた時の逆の手順でやっていけばOKです。

死(アース)→生(-)→生(+)→死(+)→生きた車のエンジン切る→生きた車と死んだ車のボンネットをしめる→死んだ車のエンジンを切らずに30分ほど走る

で終わりです。

スポンサーリンク

3.ブースターケーブルはどれを買えばOK?

今回使ったのはコレ

僕が今回使ったのは、コチラのブースターケーブルです。

・ブースターケーブル
・軍手
・けん引ロープ
・白旗

が入っています。

どうしても自分で動けなくなったとき、「けん引」してもらうためのロープも入っています。

念には念をですね。

値段は約2,500円なので、これを単品で買っても送料は無料です。

合わせて買う商品があるなら

もし、他にも何か買う物があるなら、コチラがオススメです。

というのも、2,000円以上買えば送料が無料だからです。

ブースターケーブルだけが入った商品で、値段は約1,000円です。

スポンサーリンク

まとめ

・バッテリー上がりを直す方法
「つなぎ方」死プラ→生プラ→生マイ→死アース
「はずし方」死アース→生マイ→生プラ→死プラ
・死んだ車のマイナスには繋げず、アースに繋ぐ
・バッテリーが復活したら、すぐに切らず30分ほど走る