【コロナのせい】売上ダウン→お金借りたい【信用保証協会の3つ紹介】

「お金」の面倒を手放す

コロナのせいで、大ダメージだよ。お金を借りたいんだけど、コロナでお金が借りやすくなってるって本当?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「お金の不安」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.コロナの影響を受けてお金を借りるには?

信用保証協会が支援してくれる

コロナの影響で売上がダウンしてる中小企業は、信用保証協会が保証人になるので融資受けてください。保証料0でいいので。』という政策です。

信用保証協会に保証人になってもらうには、通常「保証料」を払わなきゃいけませんが、この政策で保証料0になっている県も多いです。

つまり、お金が借りやすくなってますよ。という話です。

(今のところ)3パターンに対応している

今のところ以下の3つがあります。

・セーフティネット保証4号
・セーフティネット保証5号
・危機関連保証

併用もできます。

それぞれの条件を載せているので、まずは『どれか1つでも使えないかをチェック』してみましょう。

スポンサーリンク

2.セーフティネット保証(4号、5号)

セーフティネット保証4号の条件とは?

条件 】以下、全て満たす必要あり
①その地域にて1年以上事業をおこなっている
②最近1ヶ月の売上が、去年の同じ月より20%以上減っている
③今後2ヶ月の売上も、去年の同じ月より20%以上減ることが見込まれる
④売上の減少を、市区町村が認める
(参考資料)セーフティネット保証4号の概要(経済産業省/2020.02.28)

セーフティネット保証5号の条件とは?

条件 】①か②どちらか1つでOK
①指定業種で、
最近3ヶ月の売上が去年の同じ月より5%以上減少(2月の売上+3月、4月の見込みでもOK)してて、
売上減少を市区町村が認めた場合

②指定業種で、
製品等原価のうち20%を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているが製品等価格に転嫁できておらず、
売上減少を市区町村が認めた場合
(参考資料)セーフティネット保証5号の概要(経済産業省)

という感じです。

なお、指定業種は、現時点(3月15日)で508業種です。
詳細は以下の感じです。段々追加されてます。
・最初の152業種
・3月6日追加の40業種
・3月13日追加の316業種

スポンサーリンク

3.危機関連保証

危機関連保証の条件とは?

【 条件 】以下、全て満たす必要あり
①コロナのせいで金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達
②ここ1ヶ月間の売上が、去年の同じ月より15%以上減ってる
③今後2ヶ月間の売上も、去年の同じ月より15%以上減ることが見込まれる
④売上の減少を、市区町村が認める
(参考資料)危機関連保証の概要(経済産業省/2020.03.11)

3つで比較すること

もし、3つ共の条件にも合うようでしたら、利率保証の種類や地域によって違ったりするので、その辺を比較して選ぶと良いと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

まとめ

・コロナの影響を受けたら、お金を借りやすい
・保証料0で、保証協会に保証してもらえる
・セーフティネット保証4号・5号、危機関連保証を吟味する価値あり