【靴を手放す基準を紹介】今日こそ「玄関をキレイ」にしたい方へ

「片づけ」の面倒を手放す


この記事を読めば、靴を手放す方法を知る事ができます。

クツが沢山あり過ぎて玄関が大変な事に…
今日こそは思い切って靴を手放すぞ!と意気込んでいる人のために
靴を断捨離する方法を教えます。

更に、ミニマリスト級まで極めたい方は
ミニマリスト流の【残す靴の基準】を紹介します。

この記事を書く僕(Eita)は、靴や服が大好きでしたが
履きにくい靴や好きじゃない靴を排除した結果
靴を2足まで減らしました。
しかも、喜んで良いのか分かりませんが
靴をプレゼントされなくなりました。
きっと気に入らないと絶対に履かないからだと思います。
もくじ
1.靴を手放す基準3つ
 ①1年間で1回でも履いたか?
 ②履いて痛くないか?
 ③収納スペースに入る分だけにしよう
2.【ミニマリスト流】残す靴の基準とは?
 □手入れしやすいか?
 □履きやすいか?
 □合わせやすいか?
 □気分が上がるか?
3.【まとめ】履き物と玄関を整えてフットワークを軽くしよう
スポンサーリンク

1.靴を手放す基準3つ

①1年間で1回でも履いたか?


365日あって、1回も履いていないなら捨て。

四季があって1度も履かなかった靴ですよ?
その靴は来年も出番がありません。

・たまたま持っている服に合わなかっただけ
・足が痛くなる
・サイズが合わなくて歩く度に脱げる
・何か魅力を感じない
・高かったからもったいなくて履けない
などなど

人それぞれ理由はあると思います。

が、

いかなる理由があろうと、1年間履かなかった靴を
来年履きたくなる事はないでしょう。

それに靴は履かなくてもしっかり劣化していっています。

流行りが過ぎない内に売るなり処分するなりするのが良いです。
もしくは、20年後に再流行するまで大切に保管しておくか、ですね。

どちらを選ぶかはあなたの自由です。

②履いて痛くないか?


履いて痛い靴なんか即捨てです。

修行僧じゃないんですから、痛みを感じながら歩くなんてやめましょう。

ドMな方は別ですが…。

靴選びでいつも失敗する人は
自分の足の特徴を知っていますか?

・人差し指が一番長い
・親指が一番長い
・甲が高い
・偏平足(足の裏がぺったんこ)
・足の横幅が広い
などなど

自分の足の特徴を知って、
店員さんに靴を買う時に相談してください。

「私は足の横幅が広いのですが
横幅が大きめに作られている靴はありますか?」なんて風に。

同じサイズでも靴のメーカーによって作り方は様々です。

自分の全体重を毎日支えてくれている足に感謝して、
少しでも快適にしてあげてくださいね。

③収納スペースに入るだけにしよう


なかなか断捨離が進まない方は、収納スペースに収まる分だけ持つようにしましょう。

靴箱からあふれているから汚いのです。
だとすればまずは収納に収まっていればOKです。
(ただし、余裕をもって。ですよ。ギュウギュウではダメです。)

例えば、10足入る靴箱があって
12足持っていたら2足捨てです。

自分が選んで買った物を捨てる=過去の自分の判断を否定するようだと
感じるかもしれません。

ですが、この世の中全て実験です。
失敗もあります。

潔く捨てて勉強代だと思う方が賢いです。

例えば、セールで安かったから買った靴だったけど
結局履かなかったのであれば
安いからと言って値段を理由に買うのはやめよう。

例えば、店員さんに今流行りだと言われて買った靴だったけど
自分の服に合わなくて結局履かなかったのであれば
人に流されて買うのはやめよう。

こんな感じで1個ずつ実験して失敗したと思ったら
すぐに認めて「じゃあ次はこうしてみよう」
と考えたら良いんです。

スポンサーリンク

2.【ミニマリスト流】残す靴の基準とは?

□手入れしやすいか?


手入れしやすいか?とは、
手入れが楽かどうか。

靴を磨くのが楽しみな人は別ですが、
そうでない人は毎日磨かないといけない靴はやめておきましょう。ストレスが溜まるので。

僕はコインランドリーにある靴用の洗濯機に入れる事ができるかを基準にしています。

『オシャレか、より、キレイか』の方が大事だと思うからです。

□履きやすいか?

痛い靴はNG。
履くのに時間がかかる靴はNG。

履いて痛い靴だと歩く事が億劫になってしまう。
靴の履き脱ぎで時間を取られるのは、人生のムダ使い。

たとえば、ブーツなんかそう。
履くのに時間もかかるし、クッション性が無い物も多い。
皮がなじむまで擦れて痛かったりするし。

ポイントは『高い靴より履きやすい物を』

□合わせやすいか?


奇抜過ぎる靴はNG。
特定の服や場面にしか合わない靴はNG。

奇抜過ぎると服選びに困るからです。
特定の服や場面にしか合わない靴は非常にコスパが悪い

例えば、
結婚式、入学式、などの〇〇式用の靴を持っている人は多いかと思います。
ですが、そんな1年に1回履くか分からないような靴を持っておくのは
賢いとは言い難いです。

そんな出番の少ない靴はさっさと処分して、
必要な時にレンタルしましょう。

わざわざ数万するような靴を買わずとも、
レンタルの方が高級でコンディションの良い靴を格安で用意してくれますよ。

また、奇抜過ぎる靴も
2、3足まで靴の個数を減らしたい場合はやめておくべきです。

靴に合う服しか着れないからです。
逆もしかりですが。

その靴に合う服しか持たない。固定のセットでしたら大いに結構です。

□気分が上がるか?

その靴を履いた時におもわず心がウキウキするかどうか。

皆さんもそんな靴を持っていませんか?

つい走りだしたくなるような靴です。

例えば、僕なら
軽くて足にフィットしてクッション性のある靴です。

人それぞれ気分が上がる靴が違うと思います。
大切なのは自分で選ぶという事。
自分が履く靴なのですから、最後は自分の自由です。

みなさんが好きな靴を見つけだして
オシャレと外出両方を楽しめますように。

スポンサーリンク

3.【まとめ】履き物と玄関を整えてフットワークを軽くしよう

・靴の断捨離①1年間で1回でも履いたか?
・靴の断捨離②履いて痛くないか?
・靴の断捨離③下駄箱に収まる数に
・【ミニマリスト級】残す靴①手入れしやすいか
・【ミニマリスト級】残す靴②履きやすいか
・【ミニマリスト級】残す靴③合わせやすいか
・【ミニマリスト級】残す靴④気分が上がるか

家と外との境界線である玄関を整えると、
フットワークが軽くなります。外に出かけるのが楽しくなります。

なかなか行動にうつせない人こそ、玄関と履き物を
チェック
してみてくださいね。