【ミニマリスト】靴を手放す基準3つとは?【玄関の片付け】

「片づけ」の面倒を手放す

靴を減らそうかなと思うんだけど、なかなか手放せない…。判断基準とかある?

という悩みに、お答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「溜め込んだ靴」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.靴をてばなす基準とは?

てばなす判断基準は3つ

①1年で1回でも履いたか?
②履いて痛くないか?
③収納スペースに収まるか?

①1年間で1回でも履いたか?

1足手に取って、こう問うてみてください。

この靴、この1年で1回でも履いたっけ?」と。

もし、1回も履いてないなら捨てです。

・たまたま履く機会がなかった
・持っている服と合わなかった
・高かったから勿体なくて…

など、人それぞれ「履かなかった理由」があると思います。ですが、365日もあって1度も履かなかった靴なので、きっと来年も履きません。潔く手放しましょう。

それに、靴は履いてなくても、劣化していってます。流行も過ぎて行ってるので、売るなりしてサッと手放すが良しです。

②履いて痛くないか?

履いて痛い靴なんか、即捨てです。

修行僧じゃないんですから、痛みを感じながら歩くなんてやめましょう。ドMな方は別ですが…。

靴選びでいつも失敗する人は、自分の足の特徴を知っていますか?

・人差し指が一番長い
・親指が一番長い
・甲が高い
・偏平足(足の裏がぺったんこ)
・足の横幅が広い

など、自分の足の特徴を知って、店員さんに相談しつつ選ぶと良いです。同じサイズでも、メーカーによって前後あるので。

たとえば、「足の横幅が大きいのですが、横幅が大きめに作られてる靴ってありますか?」という感じです。

自分の体重を毎日支えてくれてる足に感謝して、少しでも快適にしてあげてくださいね。

③収納スペースに入るだけにしよう

靴は、収納スペースに収まる分だけ持つようにしましょう。

靴箱からあふれてるのは持ちすぎです。

もし、10足入る靴箱に、12足持っているのでしたら、「2足捨て」です。

このように、自分が選んだものを捨てると、”過去の自分の判断を否定するみたい”と、感じるかもしれません。

ですが、この世の中全て実験です。失敗もあります。勉強代だと思って潔く捨てるが、結果的に、「買い物力」が上がって良いのではと感じます。

たとえば、セールで安かったから買ったけど、あまり好きじゃなくて履かなかったから、安いと言う理由で買うのはやめよう。

たとえば、店員さんに流行ってると言われて買ったけど、自分の服に合わなくて結局履かなかったから、人に流されて買うのはやめよう。

など。こんな感じで1個ずつ実験し、失敗したと思ったらすぐに認めて、「じゃあ次はこうしてみよう」と考えたら、どんどん買い物での失敗がなくなっていきます。

スポンサーリンク

2.ミニマリスト流の「残す靴」の基準は?

手入れがラクか?

手入れがラクかどうかは重要です。

靴は、オシャレな靴か?より、キレイな靴か?を、人は見てると思うからです。

「キレイを保つのが楽な靴」がオススメです。

革靴は、磨けばキレイなのですが、磨くのが面倒だったので全て手放しました。

逆に、真っ黒なスニーカーは汚れが目立ちにくいです。汚れても濡れタオルで拭けばとれます。手入れが楽です。

履きやすいか?

少しでも痛い靴は辞めておきましょう。

もっと言えば、「旅行に履いていくか?」を考えると、良い靴を選べます。

足が痛くなる靴だと、歩く事が億劫になってしまいます。逆に、履きやすい靴は、歩くことが苦にならないので、歩く習慣を身に付けやすいです。

高い靴より、履きやすい靴を選びましょう。

合わせやすいか?


「奇抜過ぎる靴」も辞めておきましょう。

服選びに困るからです。シンプルで、自分が持ってるどの服にも合うような靴を選んでおくと、使用頻度も上がります。

他にも、結婚式、入学式、などの「〇〇式用の靴」も辞めておきましょう。

特定の「服」や「場所」にしか合わない靴はコスパが悪いからです。そんな1年に1回履くか分からないような靴を、所有する必要はありません。

出番の少ない靴は、必要な時にレンタルしましょう。

気分が上がるか?

最後は、「その靴を履くと、ウキウキするか?」です。

靴は履いて歩くものです。

なので、つい出かけたくなるような靴を選べば、靴としても嬉しいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

・痛い靴や、収まらない靴、履いてない靴はてばなす
・ラクして、愛用できる靴を探す
・合わなかったら勉強代として潔く手放す