【ミニマリスト】エネオス「EneKey(エネキー)」の勧誘が多い【お得か調べてみた】

「クルマ」の面倒を手放す

『エネオスのEneKey(エネキー)っていったい何なの?やった方が良いの?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「エネキーの勧誘」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.EneKey(エネキー)の勧誘をよく受ける

「エネキー作りませんか?」

僕はいつも同じガソリンスタンドに行くのですが、いつもいつもエネオスのスタッフさんが「エネキー作りませんか?」と勧誘してくるのです。

それに対していつもいつも断っていたのですが、「あまり内容も知ろうとしてない内に断るのも悪いか。」と思ったので、今回しっかり調べてみようと思います。

そもそもエネキーとは?

「そもそもエネキーとは何か?」なのですが、“クレジットカードのキーホルダー版”という感じです。

機能としては、かざすだけで支払いが出来ます。

EneKey

(↑ 手前がエネキー。奥は日産のカギなので関係ない。)

スポンサーリンク

2.エネキーとお金

入会金・年会費は?

エネキーを利用するためのお金は、

・入会金
・年会費

どちらも「0円」ですので、とりあえず損はしないです。安心です。

エネキーを使うといくら安くなる?

まず結論ですが、ENEOSカード」を持ってない人は安くなりません

というのも、エネキーとくっつけるカードで安くなるのが、エネオスカードだけだからです。(↓)

ENEOSカード

もしも割引も狙いたいのであれば、「ENEOSカード」を作ってからエネキーを作ると良しです。

ただ、エネオスカードは年会費がかかる(1,250円)ので、そのへん計算して作った方が良いです。ガソリンを沢山入れる人はお得そうです。

Tポイントがつく

エネキーは「Tポイント」を付けることができます。

今までは、

・現金+Tポイントカード
・クレジットカード+Tポイントカード

という2つを用意して、それぞれを機械に入れる必要がありました。

今回紹介しているエネキーは、それを1つにしてくれるという訳です。

サイフからカードを2枚引っ張り出さずとも、車のカギと一緒につけていたら簡単ですよね。

(※新しいTポイントを作るというより、既に持ってるTポイントを紐づけるという感じです。)

作った方がお得か?

エネキーについて色々書いてきましたが、エネキーを持つ事によって、

・エネキーという物が1個増える
・ただし、支払いの手間が激減する
・お金は得も損もしない

という感じです。そんなに邪魔になる物でもないので、損はないんじゃないかなと思います。

あとはエネオスカードを作るかどうかは、計算した方が良いです。個人的には、クレジットカードをこれ以上増やしたくない(既にクレカ2枚、デビット1枚持ってる)ので、多分作らないと思います。

スポンサーリンク

3.エネキーはどうやって作るのか?

必要な物は?

エネキーの申し込みに必要な物は、

・クレジットカード
・免許証

のみです。

(※1)デビットカードはNGだそうです。
(※2)Tポイントを貯めたいならTポイントカードも必要です。

申し込み方法は?

①ネットで個人情報登録
↓↓↓
②登録後1週間以内に、
エネキー取扱いサービスステーションに、
クレジット、免許証、(Tポイント)
を持って行く
↓↓↓
③手続き後エネキーがもらえる


取扱い店を調べるのは「サービスステーション検索」を使うと良いと思います。「EneKey」に☑を入れて検索かけたらOKです。

①の個人情報登録はこちら「EneKeyの事前登録」からお進みください。

スポンサーリンク

まとめ

・エネキーは、自分の持ってるクレジットカードで作るなら一切損がなさそう
・エネオスカードも一緒に作るなら、ガソリン代が下がるけど年会費かかるから人による(必計算)
・エネキーの申し込みは、ネットで登録→店で必要な物提出→エネキー受取