【エラー】送信されたURLに noindexタグが追加されています

「ブログ」の面倒を手放す

サーチコンソールを開いたら、エラー出てた…。

というお悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、サーチコンソールこと”サチコ”の、
「ノーインデックスエラー」
を手放していきます。

スポンサーリンク

1.サーチコンソールにこんなエラーが出てました

実際のエラー文がこちら

問題が新たに検出されました」という件名のGメールと共に、グーグルさんから、こんなエラー文が届きました。

【サイト https://kataduke-eita.com/ で「カバレッジ」の問題が新たに 検出されました】

https://kataduke-eita.com/ の所有者様
Search Consoleにより、貴サイトに影響する「カバレッジ」関連の問題が 1 件検出されました。

主なエラー
エラーにより、貴サイトのページまたは機能が検索結果に表示されなくなる可能性があります。貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています

上記の問題をできる限り解決されることをおすすめいたします。こうした問題を解消することで、サイトのエクスペリエンスや Google 検索結果での表示を最適化できます。

「専門用語が多くて、意味が分からない」

ぶっちゃけ機械オンチからしたら、何を注意されてるのか分からないです。
ということで、用語の意味を調べました。

カバレッジ:網羅率。カバーしてる範囲。
noindex(ノーインデックス):検索結果に表示されなくなること。
エクスペリエンス:経験。

たぶん重要ワードは、「ノーインデックス」です。

つまり冒頭のエラー文は、「URLに”noindexタグ”が入ってますよ。このままじゃ、検索結果に表示されませんよ。いいんですか?」ということです。

「(質の悪い記事だったから)意図的にノーインデックスタグを入れて、表示させないようにしてる」という場合は良いですが、そうじゃない場合は、“noindexタグ”とやらを排除した方が良さげです。

ということで、実際にノーインデックスを手放していきます。

スポンサーリンク

2.プラグインの設定をイジって解決

「XML-Sitemap」を入れてる方

ワードプレス > 設定 > XML-Sitemap > HTML形式でのサイトマップを含める

「All in One SEO」を入れてる方

ワードプレス > All in One SEO > 一般設定 > カテゴリーにnoindexを使用する

ワードプレス > All in One SEO > XML サイトマップ >「投稿タイプ」「タクソノミー」のチェックを、下↓の画像と合わせる

スポンサーリンク

3.あとは待つだけ

反映に1週間かかる場合も

処置が終わったら、いったん「待ち」です。エラーが消えるまで1週間かかった人もいました。しばらく放置で、本日も通常通りブログを書いていきましょう。

ちなみに僕は2日でエラーが消えました。消えたらグーグルさんからメールが来ます。

これで夜も眠れます。

その他のエラーを解決するには

他にもエラーが出てるんだけど…という方は、
エラー文をそのまま貼り付けてググる」これに尽きます。

検索してみると、エラーの原因がたくさん散らばってます。本記事もタイトルがエラー文そのままです。他のブロガーさんも見つけやすい工夫をしているので、ぜひエラーが出たら「エラー文をそのままググる」をやってみてください。


僕も他に、AMP(アンプ)の消し方について書いてます。

スポンサーリンク

まとめ

・「送信されたURLに、noindexタグが追加されています」というエラーは、「このURLは、検索結果に表示されないようになってるよ」という意味
・ノーインデックスを撤去したらOK。そのためには、「All in One SEO」と「XML-Sitemap」というプラグインの設定をイジる。そして待つ。
・エラーの解決方法を探すには、エラー文をそのままググる