Home»困りごと» 【2年以上使用】クリエイトモバイルのFUJISOFT「FS030W」を辛口レビュー
a

【2年以上使用】クリエイトモバイルのFUJISOFT「FS030W」を辛口レビュー

困りごと

クリエイトモバイルのポケットWi-Fiってどう?使える?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、孤独なラシーン乗りのエイタです。

今回は、クリエイトモバイルのポケットWi-Fi「FSO30W」を辛口レビューしていきます。

スポンサーリンク

1.クリエイトモバイルのポケットWi-Fi

評判は?

クリエイトモバイルのポケットWi-Fiですが、ググってみるとぶっちゃけ、そんなに評判良くないです。

「なので皆さん契約しないでおきましょう!!」という記事ではありません。

というのも、実際僕が2年以上使って、僕と同じような状況の方は、「このWi-Fiじゃないと使い物にならないだろうな」と思ったからです。

なので、自分はクリエイトモバイルの方がよいのか、それとも別のWi-Fiが良いのかをぜひ本記事で見極めてください。

良いところは?

それではさっそくやっていきます。

クリエイトモバイルWi-Fiの良いところは以下の感じです。

【良いポイント】
○田舎でも電波が入る
〇充電の持ちが良い
〇電池パックを交換できる
〇何台繋いでも耐えられる
〇ボタン式だから壊れにくい

1つずつ説明していきます。

電波の入り

まずは電波の入り方ですが、ワイマックスなんかに比べると圧倒的に「田舎に強い」です。ですので、田舎勢でポケットWi-Fiの電波が入らないと悩んでいる方には強くオススメします。

ワイマックスで入らない「山・トンネル・地下・高速道路・田舎」で、クリエイトモバイルは入りました。ましては、ドコモの電波も入らないところでもクリエイトモバイルは入りました。本当にすごいです。

1番の強みだと思います。

充電のもち

そして充電のもちも良いです。ワイマックスを過去に使っていたのですが、朝家を出る時に持って出て、夕方には充電が切れていました。

ですがクリエイトモバイルは夜になっても充電が残っているのです。もちろん長く使っていれば、バッテリーも多少弱ってきますが、それでもワイマックスより全然もちます。

それにクリエイトモバイルは裏蓋が開くので、自分で電池パックを交換することができます。Amazonやメルカリで買えるので、充電のもちを復活させることができます。↓

同時接続

それにこの富士ソフト製の端末、かなりタフです。契約時に「10台繫いでも同時に使えますよ!」と言われました。(目の前でも見せてもらえました。)

契約後、実際に10台繋ぐことはありませんでしたが、僕のスマホとPC、そして友達のスマホ2台ぐらいなら全然繫いで使っていました。

結構タフです。

ボタン式

ですがタフさは中身だけでなく、外側も強いです。というのも、こちらの端末操作がタッチ画面ではなく、「ボタン式」なのです。

少し古臭い気もしますが、これには理由があって、落として画面を割ってしまったとしても、ボタンで操作できるので使いつづけられるというものです。

実際僕も何度も落としましたが、最後まで画面が割れることなく、問題なく使えました。

まとめ

以上より、

・田舎で使いたい!
・よく落とすので頑丈な方がありがたい!
・バッテリーの持ちは大事!
・同時に何台も接続したい!

という方は、ポケットWi-Fiだとコレしかないのではないかと思います。

(僕はワイマックスもワイモバイルも使ってきましたが、ここまでのスペックなかったです。)

悪いところは?

とはいえ、悪いところも見ておかないと安心できませんよね。

という訳で悪いところも「一切包み隠さず」公開させていただきます。

【悪いポイント】
△マイクロUSB Type-B
△そんなに安くない
△解約金が高い
△契約期間が長い
△勧誘が少し強引

悪いところは以上5つです。1つずつ説明していきます。

充電口

まず充電口が「マイクロUSBのタイプB」です。台形の形をした、一昔前のアンドロイドと同じやつです。

今はiPhoneのライトニングか、タイプCが主流なので、タイプBを持っている人が少ないのではないかと思います。

そのため、ポケットWi-Fiを充電するためだけにタイプBを用意しないといけませんし、充電器を忘れた時に、周りの人から借りられるかというとそれも微妙かと思います。

月額料金

次に金額ですが、ぶっちゃけ高いです。7,000円ぐらいします。

「7,000円って、、固定回線レベルじゃん!」って感じしますよね。

僕は以前ワイマックスを4,600円ほどで契約していたので、7,000円は高く感じました。

ただ、4,600円の電波が入らない機械と、7,000円の電波が入る機械だったら、後者の方が良いよねということで契約をした次第です。

解約金

そして解約金についてですが、途中解約するとまぁまぁお金取られます。(途中解約についてはこちらで詳しく金額載せております。)

解約金自体は1万円ほどなのですが、それプラス端末代の残りが足されます。端末代はなんと「10万円超え」です。これを36回払い(3年)で分けて払います。なんだかスマホを買った気分ですね。

まとめ

少しお高いのに少し強引な勧誘を受けるので、高い契約を組まされた!と騙された感覚になり、ネットの評判が悪いのではないかと思います。

これについては否定しません。ただ、「多少強引で少し高いですが、しっかり繋がるし充電はもつし物は良いよ」というのが2年以上契約していた僕の総まとめです。

スポンサーリンク

2.WiMAX 2+とどっちが良い?

WiMAX(ワイマックス)はどんな人向け?

以前使用してた感じを振り返ると、WiMAXは、

・都会住み
・1人世帯

向けだと思います。

というのも、安くて田舎でなければ電波が入るからです。

ただ、地下や建物内で弱い時があり、何台も接続すると速度がかなり落ちました。

FUJISOFT(富士ソフト)はどんな人向け?

逆にFUJISOFTは、先述した通りです。

・田舎住み
・1日充電もたせたい
・数台繋ぎたい

人にオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

・電波が入らない田舎はFUJISOFTがオススメ
・WiMAXより割高だけどトンネルでも電波入る
・GMOとくとくBBは富士ソフトも取り扱いアリ