【ポケットWi-Fi】FUJISOFT FS030Wを実際に契約してみた【レビュー】

おすすめ

FUJISOFTのポケットWi-Fiって評価どう?使える?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「電波が入らないポケットWi-Fi」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.「FUJISOFT FS030W」レビュー

FS030Wとは?

「FS030W」とは、ドコモ・au・ソフトバンクが出資してつくったポケットWi-Fiです。

ソフトバンクの出資額が多いので、「ソフトバンクのポケットWi-Fi」みたいなポジションになっています。

良い点・悪い点

【良い点】
〇1日ごとにギガの制限解除
〇充電の持ちが良い
〇電池パックを交換できる
〇何台繋いでも耐えられる
〇ボタン式だから壊れにくい
〇田舎でも電波が入る

【悪い点】
△充電がMicroUSBのType-B

スポンサーリンク

2.WiMAX 2+とどっちが良い?

WiMAX(ワイマックス)はどんな人向け?

以前使用してた感じを振り返ると、WiMAXは、

・都会住み
・1人世帯

向けだと思います。

というのも、安い&だいたいの場所で電波が入るからです。

また、何台も接続するとかなり速度が落ちる印象です。

FUJISOFT(富士ソフト)はどんな人向け?

逆にFUJISOFTは、

・田舎住み
・トンネルでも山の中でも入る
・充電の持ちがハンパない
・何回線繋いでも遅くならない

と、なかなか好感触です。

スポンサーリンク

3.会社別の料金表

クリエイトモバイルで契約した場合

僕はクリエイトモバイルという会社で契約しました。ここは、実店舗ではなく、全国のイオンを移動しつつ販売しているようです。

内容は以下の感じです。

【100ギガ】
・~36ヶ月:6,300円(+税)
・37ヶ月~:4,300円(+税)
・3年契約
・端末はそのまま買取

3年間料金が高いのは、端末の分割料金だと思います。(端末0円という感じで言ってましたが)

無制限ではないものの、100ギガあるのは嬉しいところです。

とはいえ、イオンでたまたま会うのは、かなり難しいです。そこで、他の会社でも取り扱ってないか調べたところ、ありました。

GMOとくとくBBで契約した場合

なんと、WiMAX(ワイマックス)の最安値で有名な、GMOとくとくBBで取り扱いがありました。

さすがですね。

>富士ソフト(GMOとくとくBB)
>WiMAX 2+(GMOとくとくBB)



内容は以下の感じです。

【20ギガ】
・1年目:2,350円(+税)
・2年目~:2850円(+税)
・1年契約
・端末はレンタル

【30ギガ】
・1年目:2,650円(+税)
・2年目~:3,100円(+税)
・1年契約
・端末はレンタル

100ギガのプランはありませんが、「安い&1年契約」というのがかなり魅力的です。

WiMAXが電波入らなくて断念していた方、試す価値、大アリです。(大分や福岡のド田舎でも入ったので。)

良かったら使ってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・電波が入らない田舎はFUJISOFTがオススメ
・WiMAXより割高だけどトンネルでも電波入る
・GMOとくとくBBは富士ソフトも取り扱いアリ