【FUJISOFT FSO30W】電池パックが膨らんでフタが閉まらない【放置は危険?】

ミニマリスト

こんにちは、エイタです。
YouTubeに動画を投稿している人です。

今回は、

FUJISOFTポケットWi-Fiの電池パックが膨らんでいる件

についてまとめていきます。

1.FUJISOFTのWi-Fiに異変が…

フタが閉まらない

僕はFUJISOFTの、「FSO30W」というポケットWi-Fiを使っているのですが、最近よく裏ブタが外れているのです。

なぜだろうと思ってチェックしてみると、「電池パックが膨らんでる」事に気づきました。↓

左側が膨らんでいる

使い始めて「1年5ヶ月」経つのですが、家にいる間はずっと「充電したまま」にしてたのでそれが良くなかったかもです。

交換しないと危険…?

このまま放置してたら膨らみまくって爆発するのでは…?と思ったので調べてみると、FUJISOFTの公式ページに記載がありました。(↓)

充電完了後も充電器に接続したままにすると、充電と放電を繰り返すことになりますので、電池パックの消耗が早まり膨らむ場合があります

この事象はリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません

FUJISOFT公式ページ

安全と分かったのでビニールテープで引っ付けておくことにしました。

充電のもちが悪い

テープでとめることによって、フタが外れることはなくなったのですが、もう1つ気になることがあります。

それが充電のもちです。

最初に比べると、充電のもちが悪くなりました。こうなると、電池パックごと替えた方が良さげです。

2.買い替えることもできる

Amazonや楽天で買える

さっそく探してみると、新品の電池パックがAmazonや楽天で買えることが分かりました。

▼Amazon

▼楽天市場

3.電池の劣化を遅れさせるには?

方法は2つある

FSO30Wを劣化しないように守る方法は、以下の2つが有効そうです。

①家ではバッテリーを抜いて使用する
②ロングライフモードをオンにする

他にも充電し過ぎないなど、こちらに記載されています。

①バッテリーを抜く

バッテリーを抜いた状態

コイツ実は、バッテリーを抜いても使うことができます

(※ただし、テレビなんかと一緒で、コードを抜くと画面が消えるので、充電し続ける必要があります。)

ずっと自宅で使う人なんかは、充電したままになりがちなので、バッテリーの過充電を避けるため、この方法がオススメです。

たまに出かける時だけバッテリーをはめる方法なら、劣化も少なくて済むと思います。

②ロングライフモード発動

次にロングライフモードを発動させることをオススメします。

これは、最大でも70%までしか充電しない設定です。設定はWi-Fiの機械ではなく、ネットから行います。

まず、FUJISOFTのマイページにログインします。

その後、メニュー欄から「システム設定」を選択し、

「充電設定」をタップしてください。

最後に「ロングライフモードを有効」にすればOKです。

FSO30Wは田舎の山奥でも繋がる、本当に優秀なポケットWi-Fiなので、少しでもベストなコンディションで使い続けられるように、気にかけてあげると良いと思います。僕も今日から実践します。

まとめ

・FUJISOFT FSO30Wの電池パックは膨らんでも安全上問題はない
・とはいえ、充電のもちが段々悪くなるかもしれないから、「家ではバッテリーを外す」「ロングライフモードを使う」など工夫をすると良い
・劣化が進んだらAmazonや楽天で新品を購入できる