【従業員に持たせる】ガソリンカードのオススメ2選【年会費無料・審査なし】

「個人事業主」の面倒を手放す

領収集めるの大変だから、従業員にガソリンカードを持たせたいんだけど、年会費がかからなくて、安心して持たせられるカードってない?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「ガソリンカードを選ぶ手間」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ガソリンカードはこの2つがオススメ

「高速情報協同組合」「ETC協同組合」

先日このようなツイートをしました。

ツイート通り、ガソリンカードを作るなら、
高速情報協同組合
ETC協同組合

がオススメです。

本日は、この2組を紹介していきます。

2組合の違いは?

2組合の違いは、「新しい会社か」「古くからある会社か」それだけです。

高速情報協同組合:1993年設立
ETC協同組合:2014年設立

どちらも福岡県北九州市の団体で、姉妹団体です。

※もしこの先ETCカードも作るかもなら、2組合にも違いがあります。ETCカードの発行手数料と年会費が違います。高速情報協同組合の方が安いです。なので、ガソリンカードのみならどちらでもOKで、ETCカードを作るなら、高速情報協同組合を選ぶと良いです。

スポンサーリンク

2.どんなカードなのか?

「ガソリンと軽油」の給油専用カード

ガソリン代(or軽油)を払うためだけのカード」です。

クレジット機能がついてないので、他のことに使われる心配がありません。

車1台につき1枚

このカードは、車1台につき1枚の登録です。なので10台ある方は、10枚申請が必要です。

カードで支払うと、請求書に「どの車が、いつ、どこで、どれぐらい入れたか」などの利用内容が記載されます。だから、社員が勝手に自分の車に給油するような不正が、バレる可能性が高いです。

年会費もタダ。作るのも実質タダ。

年会費はタダです。作るのも実質タダです。

というのも、どちらも組合なので最初に「組合に出資」しなければなりません。その額1万円ですが、脱退する際に返してもらえます。

「エネオス」か「出光」

ガソリンスタンド会社の指定がされます。「エネオス」か「出光」です。

エネオスは出光の約3倍の店舗があるので、基本的にエネオスを選んでいたら良いと思います。ただ、出光と付き合いのある方や、いつも出光で入れてる方は、出光カードを選択してください。

導入するメリット

ガソリンカードを導入するメリットとしては、

・経費計算が簡単
・お金のやりとりをしなくて済む
・不正が防げる
・払う側もラク

という感じです。タダで、事務も現場も手間を省けるので、控えめに言って最高ですね。

スポンサーリンク

3.申し込みには何が必要なのか?(個人事業主の場合)

用意するのは3つだけ

このガソリンカードを申し込む際に、必要な物が3つあります。

・登録する車の車検証のコピー
・確定申告書の控え(or開業届の控え)のコピー
・代表者の運転免許証のコピー

開業して間もなく、確定申告をまだ1回もしてない会社は、「開業届の控えでOK」です。

申し込みの手順

申し込みの手順は、
『サイトから申し込み→書類届く→返信→1万円振込』

>高速情報協同組合の申し込みページ
>ETC協同組合の申し込みページ

カードの申し込みに躊躇する必要はなく、
・クレジットの審査なし
・カードの追加も無料です。

僕も開業して1ヶ月ですが、サクサク進みました。


※ただし、最初から何枚も申請するのは無理とのことです。

きちんと払えるという実績を積んでから、追加のカードを申し込んで!」とのことでした。まずは1枚を3ヶ月使ってみて、という感じでした。

スポンサーリンク

まとめ

・ガソリンカードは、高速情報協同組合かETC協同組合が良い
・ETCカードを今後作る予定なら、高速情報協同組合にしておく
・無料、審査なし、クレジットなしで使い勝手が良い