【掃除を習慣にするテク】「アレ」の置き場を変えるだけ【超簡単】

「片づけ」の面倒を手放す


この記事を読めば、自分の掃除をする確率を上げる事ができます
気づけば掃除をしてしまっていた。これが習慣になっていてつい。。という状態にもっていけたらこっちの勝ちです。(どっちと対戦しているのか知りませんが。)

掃除が苦手でついつい先延ばししてしまうという方、もしかしたらそれってゴミ箱の位置が悪いだけかも!良かったら本文を読んでチェックしてみてくださいな。

この記事を書いている僕(@Eita_continue)は、掃除が嫌いです。面倒くさいです。だから片付ける事で掃除が簡単にできるように毎日工夫を凝らしています。
掃除するのが面倒だからミニマリストになったと言っても過言ではありません。それほど面倒くさがりです。こんな僕ですが、部屋は綺麗なんです。きれい好きだねって言われます。違うんです。掃除を簡単にして、最低限の掃除を習慣化しただけです。
もし、掃除を習慣にしたいって方は僕の記事を読んで行けば参考になるかもしれません。
どうぞ、最後まで宜しくお願いします。
もくじ
1.ゴミ箱の位置を変えるだけで掃除を習慣化できる?
 □ゴミ箱の位置はここ!ここに置けば掃除をする確率が上がる!
 □ポイントは〇〇のすぐそば!
 □なぜそこに置くだけで掃除をする確率が上がるのか?
2.ゴミ箱は見た目よりもまずは実用的かどうか
 □小さくてフタ無しのゴミ箱
 □取っ手付きの袋
 □掃除する確率を上げるには、徹底的に〇〇を排除せよ
3.まとめ
スポンサーリンク

1.ゴミ箱の位置を変えるだけで掃除を習慣化できる?

□ゴミ箱の位置はここ!ここに置けば掃除をする確率が上がる!

①風呂のドアのすぐ横(風呂場の中ではなく、脱衣所側)
②トイレの中
③キッチンの流しのすぐそば

以上の3箇所です。

なぜかの理由は次項で説明するとして、皆さんは自宅のどこにゴミ箱を置いていますか?

どんなゴミ箱をどこに、何個置いていますか?
たかがゴミ箱かもしれませんが、置き場にこだわるだけで掃除をする確率が上がるのです。

□ポイントは〇〇のすぐそば!

置き場所のポイントは、汚れものが出るすぐそば!です。

毎日汚れる場所、かつ、できれば毎日掃除しておきたい場所に置くのがベストポジションです。

人によっては先ほどあげたところ以外にもあるかもしれませんが、今回は一般的に誰もが汚すであろう先の3箇所を紹介します。

□なぜそこに置くだけで掃除をする確率が上がるのか?

①お風呂のドアのすぐ横(脱衣所側)
は、お風呂の排水口のゴミを捨てるためです。

ゆりやんレトリィバァさんのネタのセリフで、
『髪の毛ははえてる時キレイなのに、落ちとったらめちゃ汚い』みたいなセリフがあるんですが、まさにその通りでこのゴミできれば触りたくないですよね。
(↓)コレがその実際のネタです。

すいません、話がそれました。

そうそう、お風呂の排水口の話をしていましたよね。

排水口って、
・髪の毛
・洗い流したシャンプーやリンス
・体から出た汚れ(あぶら汚れ等)
などでヌメヌメ。
更にお風呂のお湯でビショビショです。

これを片づけようと思ったら、まず触らなくてはいけません。この時点で嫌ですよね。
そして、ゴミ箱に入るまでの道のりでポタポタと水滴が落ちていくのです。脱衣所が汚れてしまいます。

だから、ドアを開けてすぐのところにゴミ箱を置くのです。
ここで習慣化して欲しいのが、最後にお風呂を使った人が排水口のゴミをポイっとゴミ箱に捨てるということ。
その際、ゴミをゴミ箱まで持って行くのではなく、ゴミ箱をお風呂場の中にいったん入れてゴミを入れましょう。そしたら脱衣所が汚れないからです。

その汚いゴミを触らずに済む便利アイテムがあります。(↓)ダイソーで売っています。
中心にゴミが集まってくれて、この排水口のキャップごと持ってひっくり返せば簡単にゴミが取れます。「ゴミ箱+袋+くるっとキャッチ=綺麗な排水口」が保てます。324円でコレが出来るのですから、すぐ実行あるのみですよね。

Amazonでも同じような商品を見つけました。
100均に行く暇がない方はこちらからどうぞ。(↓)

【お風呂の排水口用】まとまる!ヘアーストッパー【Amazon】


②トイレの中
は、トイレで出るゴミについて考えてみましょう。

・トイレ掃除をした際のゴミ(便座や床を拭いたウェットティッシュ)
・コロコロで床を掃除した際のゴミ
・トイレットペーパーの芯
・トイレの洗剤や芳香剤のゴミ
・女性の生理用品のゴミ
など

特にトイレットペーパーを変えて芯はそのまま床にほたったままの人も居ます。
トイレットペーパーを交換して芯をその辺に置くのなら、「その辺」のところにゴミ箱を置いておけば良いのです。
トイレ掃除用のウェットティッシュ(流せるやつ)って意外と高くないですか?僕は高いと感じるので、普通のウェットティッシュで代用しています。もちろん水に流せないので、ゴミ箱にポイです。ウェットティッシュとゴミ箱をセットで置いておけば、用を足しながら空いた両手でトイレットペーパーホルダーを拭いたりとちょこちょこ掃除できますよね。
気になったところを、気になった時にササっと掃除が綺麗を保つポイントでもあります。
最近は、トイレの手拭きタオルを毎日替えるのが面倒なので、お店などで使っている紙ティッシュにしたらいいんじゃないかなと考えています。


③キッチンの流しの排水口のすぐそば
は、生ごみをすぐに捨てられるようにです。

生ごみって溜めておくと異臭を放ったり、見た目も良くないですよね。早めにゴミ箱に移動させておきたいところ。そこでキッチンのゴミ箱についてなのですが、キッチンってだいたいどのご家庭でもゴミ箱が設置されています。
それも大きいゴミ箱が設置されている事が多いです。
そのゴミ箱ってキッチンのどのあたりにありますか?シンクからどれくらい離れていますか?
生ごみをゴミ箱まで持って行こうとすると、ポタポタと生ごみから出る汁が床を汚したっていう経験ありませんか?結局床を拭かないといけない。二度手間ですよね。
そこでシンクすぐ横に小さなゴミ箱を設置しておくのです。
メリットとしては、
・汚れを広げずに済む
・小分け(1日分とか1回分)に縛る事ができて臭いを広げにくい
です。

生ごみをいくら毎日大きなゴミ箱に移動させたとしても、裸のままでは大きなゴミ箱から異臭がし出しますよね。ゴミ出しの日は週に2度程ですし。だから小分けに臭いを封じ込める事ができる小さなゴミ箱を挟む作戦が超優秀です。

ゴミ袋代がモッタイナイ!と言われそうですが、
大きなゴミ箱につける「消臭剤」と「小さなゴミ袋」を比較したら、そうでもない気がするのですが。ゴミ袋いっぱい入ってますしね、小さいゴミ袋だったら沢山入って安いですしね。

この方法に変えてから毎回食器を洗った後にゴミを捨てる習慣がつきましたし、排水口のネットを断捨離しました。排水口ネット代を袋代にあてたと考えたら良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

2.ゴミ箱は見た目よりもまずは実用的かどうか

□小さくてフタ無しのゴミ箱


ゴミ箱を小さい物にするメリット

・ゴミがすぐいっぱいになる→短期間で捨てざるを得ない→捨てる習慣がつく→臭いがする前に処分できる
・置き場所が省スペースで済む→邪魔にならない(邪魔になるのは大きいゴミ箱が悪いのではなく、何も考えずに大きいゴミ箱を買った自分が悪いのです。)
・軽くて小さいと、ゴミ箱をゴミの近くに持って行きやすい→汚れを広げずに捨てられる

フタ無しのゴミ箱を選ぶメリット
・1アクションで捨てられる→ゴミをゴミ箱に捨てる事がストレスじゃなくなる→フタがあるとフタを開けてからしかゴミを捨てられないから面倒くさくなる
・袋の取り外しが簡単

なぜゴミ箱なのか、袋でも良いのではないか?
水分を含んでいる事が理由です。袋に水分を含んだ物を入れると、漏れる可能性があります。
独立したゴミ箱を使うと、それを防ぐ事ができます。

□取っ手付きの袋


100均とかで良いので、取っ手付き、かつ、ゴミ箱に丁度良いサイズを購入する事をオススメします。

・ゴミ箱を汚さずに済むため、ゴミ箱を掃除する手間が省ける
・取っ手付きだと袋を結びやすい
・ひっかける事ができるので汎用性が高い→他の場所でも使いやすい
・バラけない(↓)使いたい時にストレスなく1枚ずつ取れる

ゴミ箱より袋が小さいとスペースができてしまい、そこにゴミが入り込みゴミ箱に袋を付けるメリットがなくなります。逆に袋が大きすぎると、ゴミ箱を超えてゴミを入れようとするので良くありません。ジャストサイズを探しましょう。

ゴミ袋のストックの収納場所ですが、ゴミ箱の底に入れておくのが便利です。次の袋を使う時って、ゴミ袋を回収した時ですよね。回収した時に底に次の新しいゴミ袋があったら、付け替えが楽ですよね。

この新しい袋たちを濡らして汚さないためにも、ゴミ箱の口をしっかり覆えるサイズの袋にする事をオススメします。

□掃除する確率を上げるには、徹底的に〇〇を排除せよ。

掃除にかかる手間を徹底的に排除する事です。

手間を省けばそれだけ掃除をするハードルが下がり、掃除をしやすくなります。

ハードルを下げる例を以下で少し紹介します。

・ごちゃごちゃ物を置かない→物を沢山置けば、「掃除する面積を増やす」「掃除の際の行動量を増やす」事になります。面倒だと思う回数が増えます。だから物を減らしましょう。

・掃除グッズがすぐ取れる、すぐ使える状況にする→ハイテクな掃除道具が増えましたが、「充電が面倒」「コードをさすのが面倒」「重たい」「壊れる」「掃除道具を掃除しないといけない」「場所を取る」など、難点が多いです。だからこそ、すぐに使え、メンテナンスの手間が少ない掃除道具を選ぶ事が大切です。オススメは、コロコロとウェットティッシュです。

スポンサーリンク

3.まとめ

掃除を習慣にしてしまえば、楽ができます。
毎日のちょこっと掃除のおかげで、特殊な高い掃除道具も高い洗剤も必要ありません。
業者さんにお金を払ってやってもらう必要もなくなるのです。

毎日1分で良いです。1分で掃除が終わるように工夫してみてください。
毎日1分、3箇所で3分。それをルーティンにするだけで綺麗な部屋は保てます。

ちょっとした事で人生のストレスは減らせます。
ちょっとした事で人生は豊かになります。

大きくリフォームしたり、DIYする必要はありません。
ちょっとゴミ箱の場所を変えるだけです。ぜひお試しあれ。