【ヘッドライト】クリアー失敗した後に、やりなおす手順は?【画像多め】

「クルマ」の面倒を手放す

ヘッドライトのウレタンクリアーなんだけど、失敗した。ここからどうしたら良い?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「失敗したヘッドライト」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ヘッドライトのクリアー失敗

以前、ヘッドライトを磨いて失敗しました。(↓)

やや曇ってる左

結構曇ってて、厚塗りによるひび割れしてる右

という訳で、今回はやり直しをしていきます。

用意する物は?

・耐水ペーパー(600,800,1000番)
・ウレタンクリアー1本
・マスキングテープ
・養生テープ


ウレタンクリアーはAmazonで買った方が安いです。(↓)

ホルツのウレタンクリアー

ソフト99のウレタンクリアー

スポンサーリンク

2.クリアーをやり直す手順は?

①クリアーを落とす

まず、前回失敗したクリアーを落としていきます。

耐水ペーパーの800番で削っていって、それで取れなきゃ600番で削るって感じで良いと思います。

削ると白っぽく曇りますが、大丈夫です。

取れたか拭いて確認

前のクリアーが取れたか?は、タオルで拭くと分かります。

端っこが取れていません。(↓)

②1000番で磨く

800番で磨いたままだと荒いので、次は1000番で磨きます。

磨いた後です。(↓)若干曇り具合が減りました。

③洗車

次は汚れを落とします。

④マスキング

洗車して乾かしたらマスキングテープで、ヘッドライトの際を縁取っていきます。

⑤養生テープ

次に養生をしていきます。

マスキングテープほど際じゃなくて大丈夫です。

ケチらず、なるべく広範囲にしておきましょう。離れた場所は新聞でもOKです。

⑥脱脂

養生が終わったら、脱脂をしていきます。

やる前(0回)

この状態からスタートです。

ウレタンクリアーをふいていきます。(冬場の寒い時期は、缶をお湯の中につけて温めておくと良いです。)

1回目

まずは30cmほど離して薄く軽くふきます。

2回目

2回目は1回目より若干近づけてふきます。(20cmぐらい)

3回目

3回目ぐらいになると、ちょっと厚めにふいてOKです。距離は15cmぐらいに近づけると、曇りが取れます。

この辺で辞めておけば良かったです。缶の裏には、2~3回と書いています。

でも僕は、何だか「余りまくったクリアーがもったいない」気がして続けました。※ウレタンクリアーは、1度使いだすと【 12時間以内 】が使用期限です。

4回目

4回目は3回目と同じ感じです。

ただ、厚く塗り過ぎて?ユラユラしたのが残りました。









スポンサーリンク

3.結果は?

76点

結果はこんな感じです。(左右共に)

ユラユラしたものが残ったので、76点です。

敗因は?

敗因は以下の3つだと思っています。

①ウレタンクリアーの期限が切れていた
②ボカシ剤を使わなかった
③クリアーふきすぎた

ウレタンクリアーの期限については、24時間だと思い込んでいて、今この記事を書いて気づきました…。

またトライします。

スポンサーリンク

まとめ

・クリアーを修正するには、削って再塗装
・ウレタンクリアーの期限は12時間だから気を付ける
・クリアーはふけばふくほど良いという訳でもない