【HITACHI BD-V9400】糸くずフィルターがセットされていません【エラー番号:C16】

ミニマリスト

『日立のドラム式洗濯機BD-V9400が、C16という文字が出たまま動いてくれない』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、孤独なラシーン乗りのエイタです。

今回は、日立洗濯機の「C16というエラーについて」説明していきます。

1.洗濯機が壊れました

日立「BD-V9400」

先日、洗濯機が壊れました。日立のドラム式洗濯機で、型番は「BD-V9400」です。

何の前触れもなく、急に洗濯が出来なくなりました。2011年製の洗濯機なので、ちょうど10年目でした。

家電はだいたい10年とか聞いたりもするので、ちょうど10年目の出来事に、時限爆弾でも仕込まれているのか?と思いました。

エラー番号:C16

洗濯機を使おうとすると、「C16」というエラーが出てきます。

C16のエラー内容は、『糸くずフィルターがセットされていません』です。

※糸くずフィルター:洗濯機左下の黄色い筒

ですが糸くずフィルターはしっかりセットしています。汚れているのかな?と思って何度も洗ってさし直しましたが、エラーは直りませんでした……。

という訳で、洗濯機を買った家電量販店に連絡し、日立の人に来てもらいました。

2.日立に修理してもらいました

どこが壊れていたのか?

日立の方に見てもらうと、「糸くずフィルターのスイッチが壊れている」とのことでした。

※糸くずフィルターのスイッチ:僕が手に持ってるコードのこと

このスイッチは、青丸の所にささっていました。↓

という訳で、このスイッチを交換してもらうことで、無事に直りました。

洗濯機ないとコインランドリー通いになるので、すぐに直してもらえて助かりました。

修理費用は?

修理費ですが、約4,000円の出張費を入れて「約16,000+税」でした。

「線1本で高いな…」と思いましたが、”新しい洗濯機を買うより安いし”と無理やり自分を納得させました。

とはいえ1番安上りなのは、自分で線を買って交換することだと思うので、線だけを買えないか日立の人に相談しても良いかもですね。

もしも洗濯機を買い替えるなら…

今回直ったから良いですが、もう10年も使っていることを考えれば、洗濯機の買い替えも遠い未来ではありませんね。

そこでもし洗濯機を買い替えるとすると…を考えてみました。

お金の制限など何もないなら「パナソニックのキューブル」が良いです。とても高いですが、このスッキリしたデザインが好きすぎます。

ですが一人暮らし用なら、「二層式のミニ洗濯機」が安くてコンパクトで良いなと思います。どれだけ使えるのか試してみたいです。特にこの3つが気になる洗濯機です。↓

まとめ

・日立BD-V9400が壊れた(エラー番号C16)
・原因は糸くずフィルターのスイッチの故障
・修理費用は約16,000円+税