【改善策はある?】人前でご飯を食べられない【使えるテクも紹介】

「からだ」の面倒を手放す

人前でご飯を食べられない

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「食事が怖い」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.人前でご飯が食べられない!?

こんな症状が出るからです

僕は、人前でご飯を食べることが苦手です。それは、こんな症状が出るからです。

・喉が詰まって飲み込めない
・気分が悪くて吐きそう
・動悸がする

好き嫌いがあるとか、ハンパない量食べてるとか、そもそも体調が悪かったとかありません。

「誰かと食事」になると、急に起こるのです。

なぜそんなことが起こるのか?

たぶん、「気にしい」な性格だからと思います。

せっかく作ってくれたんだから…
せっかくご馳走してくれたんだから…

・全部食べなきゃ
・もっと食べなきゃ
・美味しそうに食べなきゃ

と、自分に圧をかけてしまうのです。

なので、食べ終わらなきゃ目の前にどんどん料理がたまっていく「コース料理」や、誰かの家での「手作り料理」は特に苦手です。

とにかく、「緊張」「不安」「プレッシャー」で全然食事を楽しめないのです。

スポンサーリンク

2.1人なら食べられる?

むかしは無理でした

「では、1人でなら食べられるのか?」ですが、今は大丈夫です。

ですが、5年前はそれすらシンドかったです。その時は常に、

食べ物が怖かった

です。

というのも、「パニック障害」と「社会不安障害」が酷かったからです。

ご飯が食べられず、体重が36kgまで落ちました。

食べられないどころか、ご飯を見るだけでダメ・においを嗅ぐだけでダメでした。吐き気が止まらず、トイレに何度も駆け込み、そこで何時間も過ごしました。

それがトラウマとなり、今でも「食事」を意識するとダメです。

気を紛らわせる

今はどうやって克服したかと言うと、「他に意識をそらす」という方法です。

行儀が悪いかもですが、1人なら自分の好きなことをしながら、食べることができます。例えば、Netflixとかです。

食事に集中しなくて良いので、『気づいたら食べ終わってた』をすることができます。それに、自分の好きな量だけよそい、自分のペースで食べることができるのも良い点です。


とはいえ、常に1人で食べる訳にもいかないので、治し方を個人的にまとめてみました。良かったらご活用ください。

スポンサーリンク

3.どうやって治すのか?

地道に自信をつけていく

とにかく場数を踏む」そして、「1個ずつ自信をつけていく」が1番の治療法かなと思います。

・今日はこれだけ食べれた
・今日はあまり気分が悪くならなかった
・今日は断ることができた
・今日は緊張せずに食べれた
・今日は初めての人と食事ができた

など、1個ずつ「これができた」「怖くない」「自分なら大丈夫」と体感していくことが大事です。

途中気分が悪くなっても、”こんな風に考え方を変えたら、少しマシになった”とかいう小さな体験も大事です。地道ですが、これを繰り返します。

とはいえ、周囲の人は容赦なく、

・もっと食べないと大きくなれないよ
・男の子なんだからもっと食べなさい
・サービスで大盛にしてあげる
・遠慮せずに食べなさい
・ご飯を奢ってやるよ

とか言ってきます。(特にオバチャン)そこで更に、以下の3つが効きます。

①少食アピール

「いや~昔っから食が細いんですよね~!」と、事あるごとに小食アピールをすると良いです。

②食べる人を連れて行く

食事の場では必ず、よく食べる相棒を連れて行くと良いです。

相手は通常値段で1.5人前食べられて、僕は0.5人前で済みます。これぞWin-Winな関係です。

(まぁ、「お前といると太る」と言われがちですが…。)

➂家で食べるキャラ

家で食べるキャラになると、そもそも誘われません。

「外食嫌い」「健康人間だからこだわった物しか食べない」「夜は食べない」とか言っておいたら良いです。


自分のペースで治しつつ、上手いことやってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・気にしすぎや、パニックなどの後遺症で、人前でご飯を食べられない
・気を紛らわせて食べるのがオススメ
・あとは場数を踏んで、自信をつけていく