【元遺品整理士が伝授】遺品整理の料金を安くする方法【コツは減らす】

「片づけ」の面倒を手放す

遺品整理の料金、見積もりとってもらったけど高すた。払えん。でも早く家を空けなきゃいけないし…。安くなる方法ない?という疑問に、元遺品整理士がお答えします。

目次
1.とにかく物を減らす
2.物を「なるべく楽に」減らす方法
3.安くやってくれる遺品整理業者を探す
4.まとめ

この記事を書く僕(@Eita_continue)は、超めんどくさがりでありながら、片づけ大好き人間です。一見真逆のこと言っているようですが、ズボラだからこそ片づけるのです。片づけ方法や、効率の良い物の配置・使い方、ミニマリストの情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

1.とにかく物を減らす


▷値段の決め方は『間取り+α(物の量だけ)』

基本的に遺品整理業者の値段の決め方は、
『間取り+α』で出しているところが多いです。

+αというのが物の量ですね。
間取りは変えられないので、
『物の量を減らして減額を狙おう』

という事です。


たとえば、2LDKの間取りのお宅でしたら
2LDKの基本料金+αですね。

「2LDKの基本料金15~20万とか」を固定して、
標準より物が多ければプラスしていく感じです。

標準ぐらいの量でしたら、+αがなくて2LDK分のみの
15~20万(相場は地域によります)とかでおさまります。


業者によっては、標準より少ない場合
減額してくれるところも稀にあります。

「2LDKだけど、実質1LDK分の量しかないから
3万引いてあげるね。」と言った風に。

これは小さい会社とかの方が融通効くかもです。

▷リサイクル料がかかる物(TV、冷蔵庫、洗濯機など)は、売れるなら売っておいた方が良い

ものすごく簡単に言うと、

・テレビ(ブラウン管・プラズマ・液晶)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、乾燥機
・エアコン(室内機・室外機)


とかは捨てるのに、
割とお金がかかる
という事です。


家具とか他の電化製品は、
1kg〇円とかで処分できるのですが、
上記4品目については法律上それができません。
まぁまぁお金を出さないと捨てさせてくれないのです。


メーカーや大きさにもよりますが、
ざっとの目安は

テレビ類 → 1,000円~4,000円
冷蔵庫類 → 3,500円~6,000円
洗濯機類 → 2,500円~3,500円
エアコン類 → 1,000円~2,000円

です。

詳しくはこちらより。
【家電リサイクル料金】
https://www.rkc.aeha.or.jp/document/recycle_price_list.pdf



すなわち、冷蔵庫とかを遺品整理業者に頼むと
それを処分するための料金を取らざるを得ないという事です。

しかも、わざわざリサイクル場所まで持って行くので
更にガソリン代や人件費を上乗せして、
+αの部分に載せられる可能性大です。


そんなお金払って処分してもらうぐらいなら、売って
ちょっとでもお金にした方が良い
じゃないですか。


だから家電の買取を行っている会社をいくつか探してみました。



冷蔵庫・洗濯機OK
家電の高額買取、出張、宅配買取はおまかせください!!【リサイクルネット】

洗濯機・テレビOK
【ecofa(エコファ)】


冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビOK
【なんでも買取!リサイクルネット】



全県にはありませんが、結構なんでも買い取ってくれる『HAMAYA(浜屋)』もオススメです。
(札幌、仙台、茨城、埼玉、さいたま、所沢、千葉、川崎、横浜、静岡、多治見、金沢、大阪、坂出、広島、福岡支店)
エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機OK
中古家電買取・輸出販売「HAMAYA」

スポンサーリンク

2.物を「なるべく楽に」減らす方法


▷宅配買取、出張買取

家電以外にも売れる物は沢山あります。

「宅配買取」だったら段ボールに詰めて、集荷を待つだけ。

「出張買取」だったら、家に買取に来るのを待つだけです。

ただ、出張買取は「直接会って話したりしないといけない」ので
それが面倒だと思う人は宅配買取の方が良いかも
です。


どちらにせよ、
メルカリ、ジモティー、ヤフオクとかみたいに
手間がかかりませんし
一括で、すぐに現金化可能
です。


いくつか例を紹介しておきます。↓

▷メルカリ

買取業者に「買取できない」と言われた物や、
買取業者が「提示した価格」に納得いかなかった場合
自分でメルカリを使って売るのも手です。

やはり業者に依頼すると、面倒な手間を相手がやってくれるので
手間代として買取価格は低くなりがち
です。

その点、手間を自分でやるメルカリは
当たり前ですが、割とお金になりやすい
です。



難しそう…と思う方は、メルカリは
「本から始めてみる」と良い
です。


メルカリは本の出品が一番簡単』です。
バーコードをカメラにうつすと、説明文を全部書いてくれます。
しかも相場価格まで表示してくれる徹底ぶり。
やらない手はないです。


やり方は画像付きで説明しています。
スマホの画面での説明なので、分かりやすいと思います。↓

スポンサーリンク

3.安くやってくれる遺品整理業者を探す


▷いきなりトライでも良いが、ちょっとリスクが。

直接ホームページを見て、遺品整理業者に依頼するのも良いですが、
「ぼったくられているお客さんが多い」のが事実です。

引っ越しのように、人生で何度か体験する事だったら相場が分かりますが、
遺品整理なんて一生に何度も無い事じゃないですか。

だからお客さん自体、「ぼったくられているか分からない」
という悲劇が、あちらこちらで起こっています。


何でぼったくられているお客さんを知っているかと言いますと、
たまにお金の関係とかで2回に分けて依頼されるお客さんがいます。

1回目をお父さんがA社(仮名)に依頼。
「ちょっと高いのでは?」と思いながら支払ったそうです。

2回目は「違う会社にお願いしてみよう」という事で、
お母さんが僕が居た会社に依頼。


僕たちが「今回の料金は〇万円です」と知らせると、驚愕していました。

1回目の方が量が少なかったにも関わらず、2回目の倍以上支払ったそうです。

しかも、最初に電話でこれぐらい(相場)と言われていたのに
当日きてから倍請求されたとのこと。


僕の会社は相場ぐらいの価格だったので、
完全にA社はぼったくりです。


だから、直接業者に頼むというのはちょっと危なかったりするのです。

▷「ぼったくられない」ためには、この手順がオススメ

【くらしのマーケット】という会社に間に入ってもらう。(利用料無料)

もしくは、

【みんなの遺品整理】で検索した業者に依頼。

がオススメです。



【くらしのマーケット】に仲介してもらうと、
何か問題があった時の保証があります。

【みんなの遺品整理】審査を通った優良業者
しか登録ができない
ので、安心かと思います。



どちらも利用者の口コミ相場価格が見れるので、
それを見てみるだけでも
かなりぼったくりを避けられると思います。


↓詳しくはこちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク

4.まとめ

・遺品整理の見積額を減額させるコツは「物を減らす」
・特に『冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン』は、別途料金取られがちなので、
少しでもお金になるところに売った方が良い
・楽に減らす方法は『宅配買取、出張買取、メルカリ』
・ 業者探しは、直接依頼はちょっと危険な場合もあり。『くらしのマーケット』『みんなの遺品整理』を参考に安全