【印鑑証明とは?】名義変更に必要な「印鑑証明書」の取り方は?【やり方】

「クルマ」の面倒を手放す

『印鑑証明書って何?どうやってもらうの?やり方は難しい?』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「旧所有者名義の車」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.印鑑証明書について

印鑑証明書とは?

印鑑証明書をすごくザックリ説明すると、

役所で自分の名前の印鑑を登録する

その印鑑は「実印(じついん)」になる

その印鑑が押された紙が「印鑑証明書」

という感じです。

印鑑証明書の見本はこちらです。(↓)

スポンサーリンク

2.印鑑の登録について

印鑑を登録する流れは?

役所に行く→書類を書く→必要な物を出す

で終わりです。

印鑑を登録するのに必要な物は?

役所に、

・登録する印鑑
・免許証

を持って行くだけです。

※住基カード(写真付き)、パスポート等でもOKです。

印鑑を登録するのにかかるお金は?

自治体によるようです。

ちなみに「北九州は0円」です。

※ただし、登録した後、印鑑登録証明書を交付してもらうには300円必要です。交付の際は以下のような用紙に記入します。

書類は「役所」にあり、「書き方の例」も置いてますし、教えてもくれます。

スポンサーリンク

3.印鑑について

どんな印鑑でも良いの?

「どんな印鑑でも良いの?」についてですが、

・大きすぎず小さすぎない
・他の人が登録してない
・ゴム印、シャチハタ以外

さえクリアしていれば、OKです。

サイズは以下の通りです。(↓)

※わざわざお店で「実印用」として売ってる物を買う必要はありません。銀行印用でも、フツーの認印でも登録はできます。

銀行印と一緒でOK?

「銀行印として使ってる印鑑を、印鑑登録に使って良いのか?」ですが、ぶっちゃけ同じ印鑑でも登録できます。

ただ、

①紛失したとき大変
②悪用されるリスクが上がる

という理由から、銀行は銀行印、印鑑証明は実印と分けた方が良いです。

スポンサーリンク

まとめ

・印鑑証明は名義変更に必要
・印鑑証明の登録は役所でしてもらう
・登録する印鑑は、他と分けた方が良い(印鑑証明用にする)
・印鑑サイズに注意(直径8mm以上25mm以下)