【超シンプル】嫌なことの対処法2択とは?【ラクな断り方も紹介】

「面倒くさい」を手放す

嫌なことがあるんだけど、それってどう対処していけば良いの?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「嫌なことを嫌なままやる」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.嫌なことの対処法は?

2択です

嫌なことをウマく対処する方法は、この2つです。

A:2度としない
B:習慣にする

解説していきます。

『A:2度としない』

これは、そのままです。

嫌なら2度としなければ良いだけです。2度としないで済むように手を打ちましょう。

『B:習慣にする』

コイツは凄いです。

「習慣にする」ということは、「無意識にする」ということです。

つまり、“嫌なことが無意識に終わってる”という無敵の状態が出来上がるのです。

嫌だけどしなきゃいけないこととかは、こちらを使うと良いと思います。

スポンサーリンク

2.やめるコツとは?

飲み会参加をやめるには?

誘われても、特に理由は言わず、「行きません」とだけ言えばOKです。

下手に理由を言うと、それをクリアーされた時に困るからです

「僕は飲み会には行きません。そういうヤツです。」って感じで居続ければでOKです。

仕事を辞めるには?

嫌な仕事もやめてOKです。

好きな仕事なら嫌なことがあっても、たぶん辞めません。

辞めたくなるということは、「その仕事を好きじゃない」ということなので、遅かれ早かれ辞めると思います。

なので、「○月までで会社を辞めます」と、会社の偉い人に言えばOKです。ポイントは、辞めようかなではなく、「辞めます」と断言することです。

ただし、引き継ぎや人員補充のために、1ヶ月前には言ってあげると良いでしょう。

たばこを辞めるには?

たばこを辞めるには、「禁煙セラピー」を読めば一発です。

禁煙外来とか不要で、本代1,000円で済みます。

浪費を辞めるには?

浪費を辞めるには、ミニマリストの「足るを知る」という考えを取り入れたら良いです。

あれもこれも欲しいではなく、必要な物は既に持っていると気づけば途端に「物欲」が消えます。

太るのを辞めるには?

太るのを辞めるには、

・家に食料を置かない
・散歩を習慣にする
・プチ断食

をやれば痩せます。

では、最後に習慣にする技術をお伝えします。

この能力を身につければ、マリオがスターを取ったときのように無敵になれるので、ぜひマスターしてください。

スポンサーリンク

3.習慣にするには?

細かくする

例えば先の「散歩」ですが、いきなり『1時間散歩するぞ』と決めても続きません。

てか、ダル過ぎて始まりもしません

なので、

・靴下を履いてみる
・靴を履いてみる
・玄関の扉を開けてみる
・外まで出てみる
・10m先の自動販売機まで行ってみる

という風に、習慣にしたいことを細かく分けるのです。

すると脳が、「まぁそれぐらいならいいよ」と判断し、行動に移せるのです。

習慣化に関しては、この本が最強です。

無でやる

とはいえ、習慣にするまで嫌だと感じますよね。

そんな時はまるで、「寝起きのスマホチェック」かのように、無で始めるのがオススメです。

嫌だなーと考え出すと、スタートが遅れますし、嫌な気持ちが増えてしまいます。

なので嫌だとか考えるのは後にして、とりあえず感情を無にして行動し始めれば良いのです。

やり始めれば、意外と嫌じゃなかったり、あっという間に終わったりするもんです。

そして、気づけば習慣になり、嫌とさえ思わなくなります。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

まとめ

・嫌なことは「辞めるか、習慣にするか」
・辞めるならスパッとやめる
・習慣化は、小さく無で始める