【収納が無い】通路、階段、廊下が物置きに…【収納は使う場所へ】

「片づけ」の面倒を手放す

この記事を書く僕(@Eita_continue)は、超めんどくさがりでありながら、片づけ大好き人間です。一見真逆のこと言っているようですが、ズボラだからこそ片づけるのです。片づけ方法や、効率の良い物の配置・使い方、ミニマリストの情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

1.まず、何からすれば良い?

▷全てを使う場所へ持って行く

廊下や階段に置いてある物たちを、1つずつ『使う場所へ』と移動させてください。

廊下や階段は通路です。通る道です。
廊下は何のためにありますか?別の部屋に行くためですよね。
階段は何のためにありますか?別の階に行くためですよね。
用を足す場所でも、服を飾る場所でも、食器を洗う場所でもないのです。
それなのに、そこにトイレットペーパーや服、洗剤があるのはおかしいですよね?

それらをあるべき場所にひとまず持って行きましょう。
入る入らないは別として、とにかく持って行きましょう。

トイレットペーパーはトイレへ。
服はクローゼットへ。
お菓子はキッチンへ。

持って行ったらそこの収納に入れるだけです。
難しい事は一つもありません。

やる事:通路に溢れている物を、それぞれ使う場所に持って行く
 

▷はみ出たら処分がオススメ


「待ってくれ、そこに入らないから階段に置いていたんだ!」
と言う人もいるかもしれませんね。

でしたら、はみ出た分は処分してください。

もちろん今入っている物を出して、階段にあった分を収納しても構いません。
とにかく収納に入らなかったはみ出た分を処分するのです。

人は失敗しないと学びません。
痛みを感じないと学ばないのです。

例えばあなたがお菓子の新商品を買ったとしましょう。

美味しいか分からないけど買ってみた。
→食べてみる
→口に合わない(失敗)
→捨てる
→もったいない
→同じ事を繰り返したくない
→もう買わない(学ぶ)

合わない・あまり好きではないと分かっていながらも捨てられないという人は、
失敗した事を認めたくないから、使わないけど保管している
のだと思います。

ですが、失敗を認めて学ばないと、ずっと失敗し続けることになります。
その方がよっぽど損だと思いませんか?

だから捨てるという選択を取る事で、
自分は失敗したんだと分かり学ぶのです。

捨てる作業すら面倒だという方には「業者さんがオススメ」です。
確かにお金はかかりますが、手間がかなり省けます。
何てったって電話で業者さんを呼ぶだけで、ゴミが全部なくなるのですから。
それにお金を払って処分してもらうというのは痛みが伴います。
だからこそ同じ失敗はしたくないと、ムダ買いの予防に有効なのです。
(参考記事)
不用品を処分する方法5選!【安く済ませる方法から、楽な方法まで】
不用品処分を業者に頼む時「OKな物・NGな物」【本気のお片づけ】

やる事:入らなかった分は処分する。業者に頼むと楽。
 
スポンサーリンク

2.収納が無い!収納が足りないんだけど!?

▷収納が全くない場合


ここで使いたいのに、「ちょうど良い場所に収納が全くない!」という方は
つくってしまいましょう。簡単な方法が2つあります。

1つは、『突っ張り棒』
もう1つは、『オープンラック』です。

突っ張り棒の良い点は、
・手入れ、掃除が楽
・設置が楽
・場所が割と自由が利く
・好きな高さに調節できる
・使い勝手が良い
・ワンアクションで物が取れる
・耐荷重に制限があるため、かけすぎない
・汎用性バツグン
唯一のデメリットはかけられない物もあるって事です。

オープンラックの良い点は、
・見えるから綺麗を保ちやすい
・ワンアクションで物が取れる
・高さの調節ができる
・頑丈
・引っ越しが楽
・組み立てが楽
・もたれかけられないから、物を詰め込み過ぎがない
・4方向から取れる
人によってデメリットになるかもなのは、和室に合わない?って事です。

やる事:収納がないなら収納を作る。突っ張り棒かオープンラック。
 

▷収納が足りない場合


「収納スペースがあるけど小さい!足りない!」という方、

収納が足りないのではなく、物を持ち過ぎです。

今ある収納で十分足ります。
安易に収納を増やさないように注意願いたいです。
物を片づけるために収納ケースを買ったけど、
収納ケースを活かせずむしろ散らかってしまい、片づける物の量が前より増えた。

という悪状況に陥る場合が多いです。
テレビや雑誌で紹介されている便利収納!といううたい文句に踊らされず、
「本当にこれがないと入らない?」と一度工夫してみてください。

ただし、無理矢理入れるのではなく、使いやすさを重視してください。
物を追加する事で使いにくくなるようでしたら、それは処分の対象です。

やる事:今ある収納に入らない物は処分。収納スペースがあるなら、収納グッズは買うな。
スポンサーリンク

3.コスパ最強!実用性バツグンのオススメグッズ

▷突っ張り棒編(4選)「オススメは平安シリーズ」

『幅70~110cm。大股1歩分ぐらい。』『耐荷重10~15kg。部屋干し用OK。』

『幅73~113cm。大股1歩分ぐらい。』『耐荷重40~70kg。沢山かけてもOK。』

『幅170~280cm。背の高い人1人or小さい人2人が寝転んだ分。』『耐荷重8~30kg』

『幅170~280cm。』『耐荷重17~60kg。長いのに強い。』

やる事:設置したい場所の幅をおおよそで良いので測ってみる

▷オープンラック編(3選)

『ハンガーもかけられる。いいとこどりスチールラック』

『タンスとか収納棚ってコスパ悪くないですか?これだと引っ越しも楽ですよ』

『部分部分に置くと助かる優秀なミニラック』

やる事:タンス類からラックに変更しようかなと検討してみる。
スポンサーリンク

4.まとめ

・階段や廊下は通路。そこで使う訳じゃないから、物を置いても得はない。
・使う場所に物を移動させる。
・そこにある収納にしまう。入らなければ処分。
・失敗したと認識するから学ぶ。痛みから学び、ムダ買いがなくなる。
失敗した事を認めない限り失敗し続ける。結果、超ムダ。
・使いたい場所に収納が全くないなら作る。突っ張り棒かラック。
・収納に入らないなら、物を持ちすぎ。断捨離しよう。
・今ある収納で足りる事を知る。