【収納が足りない】通路、階段、廊下が物置きに…【収納は使う場所へ】

「片づけ」の面倒を手放す
スポンサーリンク

2.収納が足りないんだけど?

収納が全くない場合


ここで使いたいのに、「ちょうど良い場所に収納が全くない!」という方は
つくってしまいましょう。簡単な方法が2つあります。

1つは、『突っ張り棒』
もう1つは、『オープンラック』です。

突っ張り棒の良い点は、
・手入れ、掃除が楽
・設置が楽
・場所が割と自由が利く
・好きな高さに調節できる
・使い勝手が良い
・ワンアクションで物が取れる
・耐荷重に制限があるため、かけすぎない
・汎用性バツグン
唯一のデメリットはかけられない物もあるって事です。

オープンラックの良い点は、
・見えるから綺麗を保ちやすい
・ワンアクションで物が取れる
・高さの調節ができる
・頑丈
・引っ越しが楽
・組み立てが楽
・もたれかけられないから、物を詰め込み過ぎがない
・4方向から取れる
人によってデメリットになるかもなのは、和室に合わない?って事です。

やる事:収納がないなら収納を作る。突っ張り棒かオープンラック。

収納が足りない場合


「収納スペースがあるけど小さい!足りない!」という方、

収納が足りないのではなく、物を持ち過ぎです。

今ある収納で十分足ります。
安易に収納を増やさないように注意願いたいです。
物を片づけるために収納ケースを買ったけど、
収納ケースを活かせずむしろ散らかってしまい、片づける物の量が前より増えた。

という悪状況に陥る場合が多いです。
テレビや雑誌で紹介されている便利収納!といううたい文句に踊らされず、
「本当にこれがないと入らない?」と一度工夫してみてください。

ただし、無理矢理入れるのではなく、使いやすさを重視してください。
物を追加する事で使いにくくなるようでしたら、それは処分の対象です。

やる事:今ある収納に入らない物は処分。収納スペースがあるなら、収納グッズは買うな。
スポンサーリンク

3.コスパ最強!実用性バツグンのオススメグッズ

突っ張り棒編(4選)「オススメは平安シリーズ」

『幅70~110cm。大股1歩分ぐらい。』『耐荷重10~15kg。部屋干し用OK。』

『幅73~113cm。大股1歩分ぐらい。』『耐荷重40~70kg。沢山かけてもOK。』

『幅170~280cm。背の高い人1人or小さい人2人が寝転んだ分。』『耐荷重8~30kg』

『幅170~280cm。』『耐荷重17~60kg。長いのに強い。』

やる事:設置したい場所の幅をおおよそで良いので測ってみる

オープンラック編(3選)

『ハンガーもかけられる。いいとこどりスチールラック』

『タンスとか収納棚ってコスパ悪くないですか?これだと引っ越しも楽ですよ』

『部分部分に置くと助かる優秀なミニラック』

やる事:タンス類からラックに変更しようかなと検討してみる。
スポンサーリンク

まとめ

・階段や廊下は通路。そこで使う訳じゃないから、物を置いても得はない。
・使う場所に物を移動させる。
・そこにある収納にしまう。入らなければ処分。
・失敗したと認識するから学ぶ。痛みから学び、ムダ買いがなくなる。
失敗した事を認めない限り失敗し続ける。結果、超ムダ。
・使いたい場所に収納が全くないなら作る。突っ張り棒かラック。
・収納に入らないなら、物を持ちすぎ。断捨離しよう。
・今ある収納で足りる事を知る。