【買い物の失敗】繰り返さないための考え方【極端・目を覚まそう】

「面倒くさい」を手放す
スポンサーリンク

1.「買い物の失敗」について

失敗には、良い失敗と悪い失敗がある

買い物の失敗には3種類あります。

①サイズ・型番・色違いなどの事前確認をしなかった失敗
②必要以上に買いすぎた上限設定をしなかった失敗
③人に勧められたまま買いリサーチをしなかった失敗

の3つです。

①の事前確認~とは、
中に入れる物の大きさを測らずに収納を買ったため、結局使えない物を買ってしまった。とか。

②の上限設定~とは、
2品までと決めて惣菜を買わなかったため、お腹がすいていたこともあり5品も買ってしまった。結局食べきれず捨てる羽目に。とか。

③のリサーチ~とは、
「これいいよ~」と言われ、何がどういいのか調べずに買ってしまい、自分には合わなかったり、必要無い機能だったため全然使わず。とか。

どんな人でも1つぐらいは、心当たりがあるものがあるんじゃないでしょうか?
ぶっちゃけ、僕は全て経験あります。。

この失敗をするのが悪いとは言いません。
実際、物の良さや本性は試してみないと分かりません。
男女が結婚してみないと、分からないこともあるのと一緒です。

更に、良い失敗と、悪い失敗があると思っていて
良い失敗とは「リスクを減らしてトライしてみた結果合わなかった」
悪い失敗とは「同じ失敗を繰り返すこと」だと思っています。

リスクを減らしてというのは、冒頭でお話した
①、②、③に気を付ける事で、だいぶ失敗するリスクは減らせると思います。
リスクを減らした上で、最終的に使ってみないと分からない!試してみるか!その結果、自分には合わなかった。はOKです。

ただ、「あ~またコレ買ってしまった~」とか「また買いすぎた~」とか「やっぱり美味しくない、やっぱり使えん」という風に、
過去に同じような経験をしているにも関わらず、再度同じ目に合うような事はNGです。失敗から学べと言いますが、本当その通りです。失敗を失敗のまま放置していては、悪い失敗を繰り返すだけです。心当たりある人は、過去の買い物での失敗を思い出してみてください。きっと、自分の買う時のクセなんかが見えてきます。

買う前の行動を極端に論破してみた。

「店に行ったらたまたま気に入るのがあった!これは運命だわ!今買わなきゃ!」
→ほとんどの物がどうにかこうにかしたらネットで買えるので、その運命とやら一晩寝かせても大丈夫ですよ。一晩寝かせてそれでも欲しいですか?わざわざ買いに行きたいほど欲しい物でしょうか?
そもそもそう言って今まで買ってきた物たち、本当に愛用していますか?家でホコリ被っていないでしょうね?もしギクっと思ったら、今すぐその手に持っている物を置いてください。

「見てみて~今コレ流行ってるんだって!ほら!この人も使ってる!私も欲しい!」
→流行りを追うのは構いませんが、流行り物を買うのなら、流行が過ぎた物はもちろん手放してますよね?流行り物が欲しい、流行に乗りたいのなら流行遅れの物なんか必要ないですよね。流行り物は買うけど、流行遅れの物は手放さないなんて虫が良すぎます。それでは物は増える一方です。その入れ替えが嫌なら定番を買う事です。

「これも安いからいっぱい買っておこう~!別に腐る物じゃないし!いくらあっても困らないし!」
→そのストック品を置く場所代(賃料)、掃除をする時のいちいちどけないといけない手間なんかの、管理コストと比較してもそんな事が言えますか?お店の代わりに家で在庫を抱えてあげる必要はありません。安いから必要以上にたくさん買う、は損している事が多いです。買った時はお得感を感じるかもしれませんが、それを家に持って帰った時の事まで想像してみてくださいね。

失敗したと分かったら、「潔く手放す」が鉄則!


物の価値は、「すぐに」「綺麗なうちに」が最も高い状態です。

よっぽどプレミアがつくような物以外はこれが当てはまります。

ですから、買い物に失敗してイジけていたり、「何かに使えるかも」とか
「誰かが使うかも」とか「いつか使うかも」とか言っていないで早めに売って手放してください。

それが一番被害が少ないんです!

使わないまま家に置いていても劣化するだけです。
使わなくても、いくら新品でも物は劣化していくのです。
少し目減りしてでも、早めにお金に換えておきましょう。

スポンサーリンク

2.これ以上、物を増やしたくない人は必見!

全部案件だと思うコト

これめっちゃ極端なんですが、
「誰かが紹介する物は全て案件だ!」と思って、疑って見る事が大切だと思っています。

特に、有名な人や発信力がある人の紹介する物は、企業さんに頼まれて勧めている場合が多いです。もし、本当に心の底からオススメしている商品だとしても、自分に合うかは分かりません。人によっては悪いところを言わずにオススメしているかもしれません。

それぐらい疑って、商品の事をリサーチしてから買う方が失敗は少ないですし、無駄な物を買うリスクも減ります。

人の言うオススメをあまりにも鵜呑みにしていては、家中が物だらけになってしまうので、気を付けてくださいね。
誰かが紹介していて、いいな~と思ったら「ん?待てよ、これは案件かもしれない。」と一度踏みとどまってくださいね!

「休み=買い物」という習慣を辞めるコト

休みの日に買い物に出かけると、
「せっかくの休みに、わざわざ時間を取って買い物に来たんだから、何か買わないともったいない」という心理が働き、ムダに買い物してしまいます。

更にそれが、
「土日などの人が多い日だった場合」や、「家から少し遠い大きめのデパートだった場合」
行くまでの道路が渋滞していたり、電車やバスにたくさん人が乗っていて座れなかったり、どこも行列ができていて待ち時間が長かったりと、疲れを感じる場面が満載です。

時間がかかる事で疲労やストレスを感じ、そのストレスを晴らすかのように、更なる買い物をしてしまうのです。それほど疲れによって、判断力が鈍ってくるのです。

そんな中途半端な判断力で選ばれた物の中には、もちろん全然必要無い物や、使わない物も含まれています。それを重たい思いをして持って帰り、結局使われずに物が増えただけ。「どこにしまっておこう…」「何であの時あれ買ったんだろう…」と自己嫌悪に陥るのです。

そのゴチャっとした部屋でまた一週間過ごし、汚れた部屋に居て疲労した気晴らしに、また休みの日に買い物。。

負のループです。

せっかくの休みを毎回買い物に使うと、この負のループにはまって抜け出せなくなりますよ。

「ハッ!自分これだ!ヤバい。。」と気づいた時点で、まず買い物に出かけるのは辞めましょう。

代わりに自分を成長させるような習慣を取り入れると、人生の充実度が高まります。
今までは物を使って外側の価値を上げていたかもしれませんが、もう十分高まったと思いますし、内側の価値が高まらないと本物とは言えません。

新しい習い事や資格の勉強、読書、スポーツ、何でも良いです。物以外で自分の頭や体の価値を高めていきましょう!

「ムダ買い」をストップさせる呪文とは?

その呪文は、最初に言ってしまえば、

『これは必要なのか、それとも欲しいだけのか?』です。

すごくシンプルで簡単な質問だと思います。

もちろん、欲しいだけなら買う必要ありません。
必要だと感じた時だけ買いましょう。

欲しいだけだと、買った瞬間役目が終わってしまうからです。

レジに持って行く前、購入ボタンを押す前に
「これは必要?それとも欲しいだけ?」と自分に問うてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

・買い物の失敗はみんな経験がある。失敗をどう生かすかが大切。
・良い失敗をするようにリスクを下げる努力をしよう。
・失敗から目を背けていてはいつまで経っても悪い失敗を繰り返す。
・失敗したなと分かったらすぐに売る!損切りが大事。すぐ手放すのが一番被害が少ない。
・SNSの情報に騙されるな。本当に自分に必要な物なのかは自分の目で見分けること
休み=買い物は危険サイン。人生ずっとそれで良いですか?他にやる事、ヤリタイ事本当にありませんか?新しい習慣を取りいれて内面からステキな人になってください!
・買うか迷った時の最終チェックは、必要なのか、欲しいだけなのか?