【要確認】格安SIMにして「後悔した」たった1つのこととは?

「面倒くさい」を手放す

格安SIMにして後悔したことって何?あるの?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「格安SIMにした後の後悔」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.格安SIMにして後悔したことは?

答え:ナンパがしづらい

格安SIMにして後悔したのは、ナンパがしづらいという事です。

その理由は、「LINEのID検索」ができないからです。

格安SIM

LINEの年齢確認できない

ID検索できない&してもらえない

こんな感じです。

つまり、LINEのIDを渡しても、全く連絡がこないのです。

連絡先を渡す時

連絡先を渡すときに、
・QRコードを読み取ってもらう
・ふるふるを使う
という方がかもですね。

しかしこれが出来るのは、
・その場で
・お互い同意の上で
という条件付きなので一方的にやるナンパだと…です。

そこで、
・メールアドレスを渡す
・電話番号を渡す

が視野にはいってくるかなと。

まぁ現実出来にはは、

メールアドレスを書いたメモを渡す

メールが来たら、
LINEのQRコードかURLを送る。
もしくは送ってもらう。

LINEに移動する

この流れだと思います。

「URLを送れ!」と書いてる記事もありますが、URL送れる状態なら苦労しません。URLを送るためには、メールアドレスが必要だからです。

スポンサーリンク

2.突破しようとしてみた

ネットで色々調べてみた

ネットで裏技を調べました。

すると2つ出てきました。
※②はandroid用かもです。

対策①大手キャリアのSIMカードを借りる

ドコモ・au・ソフトバンクを使ってる人に、SIMカードを借り、自分のスマホにさして年齢確認をする方法です。

ですが、先に結論を言うと、無理でした。

僕の場合ムリだっただけかもですが、母と祖母のドコモSIMを借りてもダメでした…。

対策②アプリを使って操作する

「aSQLiteManager」というアプリを使うと、年齢確認できると買いましたが、ムリでした。

突破方法募集中です。良かったらおしえてください。

スポンサーリンク

3.どうしても困るときは?

LINEモバイルに替える

格安SIMで唯一、LINEのID検索ができるのが「LINEモバイル」です。

なので、
「どうしても携帯代は安く済ませたい」
「でもナンパはしたい!!」
という方には、LINEモバイルをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

・格安SIMだとナンパしづらい
・メールを送るか、その場で強制的に連絡先交換
・どうしてもID検索ほしいなら、LINEモバイルにするしかない