【仮ナンバーの取り付け方】ネジが必要?ネジの種類は?【サイズは何?】

「クルマ」の面倒を手放す

仮ナンバーの付け方が分からない…

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「仮ナンバーどうやってつけるの??」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.仮ナンバーの付け方は?

ネジでとめるだけ

付け方は至ってシンプルで、ネジでとめるだけです。

プラスドライバー1本あれば出来ます。

ナンバープレートのみ

ただ、市役所で借りられるのは、ナンバープレートのみです。

残念ながら、ネジはついてきません。

「じゃあネジどうするの?」の答えを下でまとめました。良かったらご活用ください。

スポンサーリンク

2.ネジを買いたくないなら

車2台必要

ネジを買いたくない場合、「一時的にナンバーを外しておける車」が2台必要です。

「そんなもんねーよ!」と思うかもですが、おじいちゃんおばあちゃんの車から借りて、「1日運転しないでね〜」と伝えたら良いかなと思います。

2台のどこを取るの?

2台とも、前のナンバープレートを取ります。

そしたらネジが4本集まります。

それに加えて、1台からは「受け」も取ります。というのも、ナンバープレートは、

・前::ネジ2本、クリップナット2個
・後ろ:ネジ2本

で、とめられているからです。

このクリップナットという、ネジをとめる側の金具が受けです。それもお借りしましょう(笑)

スポンサーリンク

3.買うならこのサイズを

ネジはコレ

ネジは、太さ6φ(直径6mm)の、長さ15mmのネジを買ってください。

これなんか、ちょうど4本です。(↓)

黒もありました。(↓)

せっかくなら、「盗難防止ボルト」にしてはいかがでしょうか?

プラスドライバーで取れないようになっています。「そのまま次の車にも使える」ので良い買い物かもしれません。

受けはコレ

後ろはネジだけで止まるのですが、前は「受け」の金具が必要です。

名前は、クリップナットと言い、以下のようなやつです。

スポンサーリンク

まとめ

・仮ナンバーはネジがない
・ネジは他の車から取る
・それか、買う