【片付け方で習慣が変わる!?】「物の住所化」で脱ホームレス。

「片づけ」の面倒を手放す
もくじ
1.片付けと習慣化の重要なポイント
 □物にも住所を。あなたの物はホームれるになっていませんか?
 □住所化と習慣化の相性には深いものがあった
 □住所化で三日坊主克服
2.習慣化の効果を高める住所化のコツ
 □物を減らす
 □見えるように置く
 □1アクションで取れるようにする
3.【まとめ】
スポンサーリンク

1.片付けと習慣化の重要なポイント

□物にも住所を。あなたの物はホームレスになっていませんか?

物の場所を固定せよ。

理由は、物の場所を固定しないと習慣化しずらく
人生の効率が非常に悪くなるからです。

例えば、
財布はここ、傘はここ、ドライヤーはここというように
物1つ1つに住所を与えてあげてください。
(これを物の住所化と言います。)

今もし固定の位置がないのでしたら、
その物たちはホームレスになっている状態です。
「物の置き場所を決めるなんてめんどくさい」と思うかもしれませんが
以下のメリット・デメリットに目を通してみてください。

物の住所化をするメリットとしては、
・習慣化が簡単になる
・探し物の時間がなくなる
・不要な消費をしないため、お金が貯まる
・部屋の片づけが簡単になる
などのメリットがあります。

物の住所化をしないために起こるデメリットとしては、
・習慣化できず、なにも継続できないまま時間を浪費する
・毎日探し物に貴重な時間を奪われる
・2度買い等でお金を無駄に消費していく
・片付けの事を考えるだけで頭が痛くなる
などのデメリットがあります。

この2つの比較を見れば、住所化の大切さが分かると思います。
住所化していないだけで、非常に損をしていますよね。

□住所化と習慣化の相性には深いものがあった

物の場所を固定すると無意識に動けます。

その場所で、その行動(動作)をすれば良いと脳が記憶するからです。

分かりやすい例で言えば、携帯のテンキー「あかさたな」の羅列です。
あなたは文章を打つときに、いちいち「す」は一番右上の「さ行」の…
なんて考えませんよね?

それはなぜですか?

「あかさたな」の配置が変わらずに固定されているからですよね。

部屋における物の配置も同じです。

鞄を置く場所、鍵の置き場所を決めておき
毎日同じ場所で同じ動きを繰り返すと
だんだん自動的に体が動いてきて
自然に習慣化できているのです。

玄関で靴を履くのはなぜですか?
決まって玄関に靴があるからですよね?

習慣化したい行動は、住所化から始まるのです。

□住所化で三日坊主克服

物の位置を固定すると習慣になり、習慣になると継続が簡単になる。

僕は習慣化してしまえばこっちの勝ち。だと思っています。

大抵のことは継続すればそれなりの結果が得られる。
だから継続できる仕組み、すなわち習慣にしてしまえば
楽勝で成長できる。が持論だからです。

習慣にするには片付けが必須だと思っていて、
片付けは必要な物以外を捨てる事だけど
+α物の住所化が必要だと思っています。

要は、片付け → 住所化 → 習慣化 → 継続 → 成長という流れになると思います。

スポンサーリンク

2.習慣化の効果を高める住所化のコツ

□物を減らす

物を減らさないまま、住所を決めるのはムリゲーです。

だって、バーゲンセールのワゴンの上で
固定の場所を決めるなんて無理でしょう?

そういう事です。

□見えるように置く

全部の物が一望できるように配置しましょう。

人間見えると気になるのです。
気になると記憶に残るのです。
記憶に残るとなんかモヤモヤするので、どうにかしたくなるのです。

見える → 気になる → 記憶に残る → どうにかする

この流れを利用して、取り入れたい習慣に関連する物を見えるように置いておきましょう。

たとえば、英語を勉強をしたい人であれば
必ず目に入って、すぐ手に取れる場所に
開いた単語帳を置いておきましょう。

反対に辞めたい習慣に関連する物は見えないようにしておきましょう。
例えば、ゲーム・漫画・お菓子・カップ麺・スマホ・お酒・煙草などですね。
見えないだけじゃダメだと思うのであれば、いっその事手に取れない場所に置くのもありですよ。

捨てる事をオススメしますが、
いきなりそれは怖いという人がいらっしゃいましたら、
荷物を預かってくれるサービスを使うと良いです。

物を預かってもらって無くても大丈夫かを試すのです。
期間は半年~1年で十分でしょう。
もし、1年経っても取り出さなければそのまま捨ててOKという事です。

預けたりしたら取り出すのが面倒じゃないか
と思う人が居るかもしれませんが、それで良いのです。
本当に必要な物でしたら面倒でも取り出しますし、
めんどうだからいいやって思える物は不要な物なのです。

□1アクションで取れるようにしておく

扉や引き出しは不要です。取り外しましょう。

例えば、ジムに通う事を習慣化したい時に、
ウェアやシューズが、扉の前にある物をどけて扉を開けて、
更に引き出しを開けないと取り出せないような場所に入っていたらどうですか?

準備する事さえめんどうですよね。

ただでさえジムに行くのが億劫だったのに、
これじゃ準備さえせずに挫折してしまいます。

だから僕は三段BOXやスチールラックに並べる形(ただ置くだけ)で
物を収納する事をオススメ
します。

決して三段BOXの中に収納ボックスを入れたり、
スチールラックに収納ケースを入れたりしないでください。

なるべく1アクションで取れる事を目標としてください。
ファーストタッチで目的物に触れられる事がベストな状態です。

これだけで習慣化のハードルががっつり下がります。

ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

3.【まとめ】

・物の置き場が決まっていないのはホームレスと一緒
・住所化が習慣につながる
・習慣化できるから結果が出る
・物は厳選→見える場所→1アクションで取れるようにを極める

1度でしっかり決めてしまう必要はありません。
これはここにしてみようかな。ぐらいの間隔で
1週間程過ごしてみてください。

1週間後に最初に決めた場所と違う場所にあれば、
他の場所を検討した方が良いです。

色々試行錯誤して片付けの力を実感してみてくださいね。