【片付けの意味】整理・収納・片付け・整頓は全て別物だった??

「片づけ」の面倒を手放す

片付けってどんな意味があるの?

という疑問に、お答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「片付けって何?」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.整理・収納・片付け・整頓の違いは?

整理とは?

「整理」とは、必要な物以外を全て捨てること

自分の持ってる物を、「必要」と「不必要」の2つに分けます。

基本的に、不必要な物を探すより、必要な物以外を手放す方が早いです。

捨てるしかないの?

売る・譲る・寄付する等の手段もありますが、対象の物が多いと、面倒くさくなって辞めてしまいます。最初は捨てて、物が少なくなってきたら、売ったりしても良いのではと思います。

収納とは?

「収納」とは、整理して残った物を、取り出しやすく、戻しやすい場所に配置すること

要は物の住所化という事ですね。

片付けとは?

「片付け」とは、収納で決めた場所に、使ったら戻し、出したら戻すこと

つまり、「片付けましょう」というのは、「決めた位置に戻しましょう」という意味です。

整頓とは?

「整頓」とは、片付けた後に見た目を整えること

いくら服が定位置に戻っても、畳んでなければ見栄えが良くありません。

畳むなり、ハンガーにかけるなりをして、一連の流れが終了したと考えます。

つまり、

整理 → 収納 → 片付け → 整頓

の順で行えばキレイになります。 

スポンサーリンク

2.今は物を選ぶ時代

意識して出さないと

今は無料でもらえる物が沢山あります。だから意識して家から出さないと、物に殺されてしまいます。

・タダでもらった物が部屋に高く積まれ、地震が起きた時に下敷きになってしまう。

・火事になったとき、ゴミに埋もれて大切な物が取り出せなくなってしまう。

『今日あなたの家に、新しく入ってきた物は何個ありますか?』

では、『今日家から出て行った物は、何個ですか?』

この差が、ゴミ溜め部屋を生みます。

もっとこだわる

こだわった物は、

・思い入れがある
・特別感があり、愛着がわく
・よく調べてあり、悪いギャップが少ない
・妥協しづらくなる
・セール品に飛びつかなくなる

など

こだわると妥協した物を持たなくなります。
自分の好みでない物を簡単に取り入れなくなります。

スポンサーリンク

まとめ

・整理:必要な物以外を手放すこと
・収納:取り出しやすく戻しやすい場所に配置
・片付け:出したら元の場所に戻すこと
・整頓:片付けた後に見た目を整えること