Home»禁煙» 【1,000円で禁煙】たばこ嫌いが、たばこ大好きになったけど禁煙した理由とは?
a

【1,000円で禁煙】たばこ嫌いが、たばこ大好きになったけど禁煙した理由とは?

禁煙

『タバコが大好きなのだけど、辞めることって出来るのだろうか…』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、孤独なラシーン乗りのエイタです。

今回は、「大好きな煙草を辞めた理由」について書いてきます。

スポンサーリンク

1.タバコが嫌いだった話

酔いと煙

僕は小さい頃から、タバコが大嫌いでした。

というのも、父が超ヘビースモーカーで、いつもボコスカ吸っていたからです。

特に車で吸っているタバコが嫌でした。というのも僕が車に酔いやすく、

車酔い + タバコの煙

で追い打ちをかけられ、更に気分が悪くなっていたからです。

酒もダメ

そんな僕は、酒も好きではありませんでした。

だから僕は「酒も煙草も飲まない大人になるだろう」と思っていました。

スポンサーリンク

2.タバコ嫌い→好きになった話

1日3箱「タバコ大好き」

酒もタバコもしないと思っていたのに、大学生になり、気づけば「1日3箱」吸うほどタバコ好きになっていました。

吸い始めた理由は、まさかの「酒が飲めないから」でした。

酒は関係ないだろうと思うかもですが、

「酒が飲めないなら、タバコぐらい吸えないとカッコ悪い」という自分の謎理論が展開されて、煙草に手をだしました。

よく「血は争えないね」と言いますが、ホントにそれでして、父ゆずりなのか、煙草が美味しくてたまらなくなってしまいました。

結局5年ほど手放せず、1日3箱の「立派なヘビースモーカー」になってしまいました。

慣れた味=美味しい

「そもそも、煙草はマズいだろう」という声が聞こえてきそうですが、最初はマズいです。

ですが、それも「慣れれば美味しい」に変わると思っています。

例えば皆さん、ご自身に”ご飯に生クリームをかけて食べる習慣“があるとします。想像すると「ヴェッ」と思うかもですが、ずっとそれで食べ慣れてると「安定の味」という感じで、美味しく思えるのではと僕は考えます。

それと一緒で、最初はマズい煙草も、慣れれば美味しいに変わるのです。

「たばこ臭い」が全く分からない

もうここまで来ると、「たばこ臭い」のが分からないのです。

煙草を吸わない人は、僕の部屋や僕の車に乗ると「たばこ臭い」を連呼していました。

特に女性は、たばこの臭いが髪や服、バッグなどに着くのが嫌そうでした。本当にゴメンなさい。m(__)m

歯や壁が黄ばんでいくのも、車内が灰だらけになるのも分かるのですが、「たばこ臭い」は禁煙してから半年ほど経つまで気づきませんでした。それぐらい人の感覚はマヒするんですね…。

禁煙から2年半、今は声を大にして言えます。

『めちゃくちゃタバコ臭いですよ!!!』

スポンサーリンク

3.好きなタバコを吸わなくなった話

煙草を辞めようと思った「最大の理由」は?

『 時間がもったいない 』

これが僕が禁煙しようと決意した理由です。


例えば、1日3箱(60本)吸ってたとします。

1本につき5分間吸ってるとすると、1日300分も使っていることになります。なんと1日『5時間』も煙草に費やしていることになるのです。

更に最近は吸える場所も限られてきており、「喫煙所を探す時間」「喫煙所が空くのを待つ時間」などが発生するようになりました。

つまり実際は、毎日5時間以上かけて煙草を吸っているのです。

これはエグくないですか…?

これを一生分計算した時に、”恐ろしくなって辞める決意ができた”のです。

どうやって辞めたの?

煙草をやめるのは簡単です。

①「本気で辞める」と決意する
②「禁煙セラピー」を読む
③「1本だけ」をしない

この3ステップで辞められます。

注意点は、「本当にやめる気で本を読むこと」です。

✖(辞める気なくても、)本読めば辞めれる
◯(辞める気なら、)本読むだけで辞めれる

です。僕はここを履き違えていて、読んだあと禁煙を失敗しています。

「100%辞める気ないけど禁煙できる」という望みはほぼないです。必ず、辞めると決意してから読みましょう。

手巻きが強い…

タバコで喫煙者たちが嘆くのが、「タバコが高い」「煙草また値上がりだってよ」「1,000円になったら辞める」などです。

確かに、1箱470円のタバコを「1日3箱」吸っていたとすると、

・1ヶ月:約4万円
・1 年:約52万円

と、ものすごい金額になります。

これは車の維持費より高いんじゃないかと思います。

ですが、僕の友達が「手巻きが安くて良いよ~」と言ってたので、お金は辞める理由になり辛いなと思ってます。実際いくら値上がりしても、皆さん煙草吸い続けていませんかね?

なので、やはり「時間」で考えることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ


・煙草を辞めるキッカケは「煙草に費やす時間」を計算してみる
・煙草を辞めるのは簡単①辞めると決める②禁煙セラピーを読む③1本だけをしない