【センス不要】散らからないキッチンを作るためには?【使いやすい】

「片づけ」の面倒を手放す

キッチンがすぐに散らかるんだけど、どうしたら良い?

という悩みに、お答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「何度も散らかるキッチン」を手放します。

スポンサーリンク

1.なぜキッチンが散らかるのか?

戻さないから

キッチンが散らかるのは、使った物を、元の場所に戻さないからです。

ダラけてるから散らかるのではなく、「元に戻せない理由」あるからです。

元の場所に戻せない理由3つ

元に戻せない理由は、次の3つです。

・戻すのに手間がかかる
・戻すときに負荷がかかる
・そもそも戻す場所が分からない

この3つについて、深堀りしてみます。

戻すのに手間がかかる

戻すのに手間がかかると、使っても元に戻さなくなります。

例えば、ペンを取り出すとして、

『パンパンに詰まったリュックの、1番取り出しにくい収納の、更に1番底に沈んでるポーチの中に入ってる』

だったら取り出すのはかなり面倒ですよね。

100歩譲って、取る時は使うためなので頑張るかもですが、使ったあとはぶっちゃけどうでも良いので、そんな労力かけずに放置しますよね。だから手間はなるべくへらして、1アクションで済むようにしましょう。

戻すときに負荷がかかる

戻すときに体がシンドくなると、元の場所に戻したくなくなりますよね。

そもそも戻す場所が分からない

そもそもどこに戻すのか、場所を決めてないので、「戻すに戻せない」というのもよくあります。

よく、小さい子供に、「片づけなさい」と怒る親が居ますが、物の定位置は決まってますか?

スポンサーリンク

2.散らからないキッチンにするには?

センスのいらない3手順

①物を減らす
②扉を外す
③使うそばに配置

この3つです。

①物を減らす

汎用性が高く、使用頻度も高い物を残してください。要は、色んな使い道があって、よく使う物を残して、それ以外は処分でOKです。

②扉を外す

扉をドライバーとかで外して、オープン棚にしてください。わざと見えるようにすると、人は気になって片づけるようになるのです。隠せる収納が一番たちが悪いです。「隠すと更に汚れる」と思ってOKです。

③使うそばに配置

使う場所の近くに置きましょう。
フライパンはコンロの近く。
調味料もコンロの近く。
食器もついでから食卓に運ぶので、コンロの近くが良いでしょう。
ざるは水をきる時に使うので、シンクの近くが良いでしょうね。
菜箸やおたまもコンロ周りが良いですね。

コンロ周りは競争率高めなので、やはり物の量は減らした方が良い事が分かりますね。

スポンサーリンク

3.そもそも収納が少ないから無理?

収納は足りてる

「収納が足りない」はウソです。

収納は足りてます。備え付けの物で十分なんです。というのも、必要な物って、思ってる以上に少ないからです。

収納を増やすと、物も増える?

収納を増やせば、それに伴って物も増えます。

「まだ入る」「まだ置ける」という安心感から、物を買う時の判断基準が下がってしまうからです。

ですから、物で溢れるキッチンをどうにかしたいなら、収納を増やさないことです。

今ある収納で十分です。

「ここに入るだけの物を持とう」と考えれば、物を買うとき、真剣に考えるようになります。

適当に買うと、「狭くなる→使いにくくなる」で、後で自分が困るからです。

なので、「まずは環境から」ということで、収納を減らしてください。「備え付け以外処分」するぐらいの勢いでOKです。

キッチンを制する者は全てを制する

キッチンは”女性の城”と言われるほど、「お母さん用にカスタマイズ」されてて、他の人にとっては謎過ぎる領域なんですよね。

だから「片づけをしようにも、どこに何をしまえば良いか分からない」状態が起きやすいのです。

決して雑誌のように「綺麗過ぎるキッチン」じゃなくて良いので、“とにかく分かりやすくて使いやすい”にこだわってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・楽してしまえるようにしないと散らかる
・①物を減らす②扉を外す③使うそばに配置
・収納を増やすと物も増える
・物を隠すともっと散らかる