【立地良い】クアラルンプールの格安ホテル【タワー近く・2,000円以下】

「旅行」の面倒を手放す

クアラルンプールのホテルを探さなきゃだけど面倒くさい!安くて良いとこ教えて!

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「ホテルを探す手間」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.「THE BED KLCC」という宿が安い

1泊1,800円

ホテルの外観
ホテルのロビー

「ザ ベッド」というホテルで、1泊1,800円でした。

料金は「曜日」や「部屋のタイプ」によって前後しますが、1番安いのだと1,000円ちょいであります。

クアラルンプールの、格安ホテルの相場が3,000円~ぐらいなので、やはり格安です。

部屋のタイプは色々あります。

僕たちは、「TWIN POD(2人部屋)」を予約してました。

ですが部屋の鍵が不調で、フロントに伝えると、TRAVEL BUDDY POD(4人部屋)を、「2人で使って良いよ」と案内してくれました。

ここのレビューを見ると、『スタッフの笑顔が良い』とたくさん書かれてますが、本当にその通りで、すごく気持ちの良い対応でした。

更に、このホテル、安いだけではありません。

具体的には以下の感じです。

①安いけど朝食付き
②安いけどキレイ
③安いけど立地が良い

画像多めで、詳しく説明していきます。

ホテルを探さなきゃだけど、面倒くさい」方、必見です。利用時の注意点もまとめたので、良ければ最後まで楽しんでください。

①安いけど朝食付き

到着して知ったのですが、この値段で朝食がついてました。しかも”食べ放題“。最高すぎです。

朝からご飯屋さんを探すのは大変なので、非常に助かります。しかもウマいんですよね。

この日のメニューは以下の感じ。

チャーハン
ビーフン
ナポリタン
ゆで卵とスイカ
トーストもありました

写真以外にもおかずありました。コーヒーもあります。部屋もかなりオシャレで、モニターで洋楽のPVを流してくれてます。

(※注意)「使った食器は自分で洗う仕組み」です。とはいえ、格安のホテル代で、これだけ食べられるのですから、全然洗いますよね。

②安いけどキレイ

値段的に、ボロボロを想像してました。が、裏切られました。めちゃキレイです。

共同洗面台(1階)
共同トイレ(1階)
共同シャワー(1階)
靴箱
団欒スペース

肝心の寝る部屋は、僕が作った「安っぽいムービー」で紹介です。※BGM付き。

ちょっとDIY感強めですが、新しくてキレイです。掃除もしっかりできてます。

③安いけど立地が良い

クアラルンプールと言えばの「ペトロナスツインタワー」が、ホテルからなんと徒歩10分の距離にあります。たった600mです。最高の立地です。

「クアラルンプールタワー」も、徒歩15分ほどでした。

これだけ立地が良くて、2,000円以下は破格だと思います。”ホテルに行くついでに、観光も済ませられる“ので、一石二鳥です。あまり時間の取れない旅行にもピッタシです。


このホテルの予約は、ブッキングドットコムからできます。リンクを貼っておくので、「The Bed KLCC」で検索してみてください。

>Booking.com(ブッキングドットコム)

スポンサーリンク

2.ザ・ベッドのアクセス方法

空港からホテルまでの移動方法

空港からホテルまでの移動方法を紹介します。
※電車のみの紹介です。

まずは「KLセントラル駅」に

クアラルンプール国際空港に着いたら、まずは「KLセントラル駅」を目指しましょう。

空港からKLセントラル駅に行くには、KLIAエクスプレスという電車で1本です。以下で紹介してます。

KLセントラル駅からのアクセス方法は5つ

KLセントラル駅からは、色んな線の電車が出てます。

ホテルまでは、以下の5駅のどれかで降りると良いです。
※BukitBintang駅は地下鉄とモノレールの2つあります。

(オススメ)
・LRT(電車)に乗り、KLCC駅で降りる
→ホテルまで徒歩15分
→ペトロナスツインタワーを見るならココ

・KLモノレールに乗り、BukitNanas駅で降りる
→ホテルまで徒歩3分
→最短でホテルに行くならココ

・KLモノレールに乗り、RajaChulan駅で降りる
→ホテルまで徒歩7分
→少し歩きながら帰りたい人向け。
近くにThe Weldというショッピングモールあり

・MRT(地下鉄)に乗り、BukitBintang駅で降りる
・KLモノレールに乗り、BukitBintang駅で降りる
→ホテルまで徒歩14分
→レートの良い両替所&コインランドリーあり

両替所については下記で紹介。

最後に、ホテルを利用する際の「注意点」を紹介して終わりにします。

スポンサーリンク

3.ザ・ベッドの注意事項5つ

①お湯はスイッチを押さないと出ない

電気のスイッチの横に、お湯のスイッチがありました。

これに気づかず、水のシャワーを浴びました。

②静かにしなきゃいけない

部屋にもりますが、カプセル部屋を選んだ場合、静かにしなきゃです。騒ぎたい方には向いてません。

③洗濯物サービスは期待できない

洗濯はフロントに言ったらしてくれるようですが、時間の制限があるのと、枚数が少ないと断られるかもです。

④ドライヤーは1階に

ドライヤーがあるのは1階です。2階にはありませんでした。僕は、知らずに自然乾燥させました。

ただ、フロアの表記が日本と少し違います。

2階
1階(←ドライヤーはここ)
G階

という感じになってます。

つまり、
・日本でいう1階がG階
・日本でいう2階が1階
・日本でいう3階が2階
ということです。(海外ではこれが普通らしい。)

で、ドライヤーは日本でいう2階にあるので、間違えないよう注意です。

⑤パジャマ・シャンプー類が無し

アメニティは、「パジャマなし・シャンプー類なし」です。持参する必要があります。

ただ、歯ブラシとバスタオルはくれます。タオルは返却します。

⑥冷房ガンガン

このホテル、冷房が効きすぎて寒かったです。

長袖のアウター必須です。
暑がりの僕でも寒かったので。

温度が一括管理っぽいです。あまりにも寒い場合は、フロントに言ってみましょう。フロントの方は非常に愛想が良いので、対応してくれると思います。

ホテルに限らず、マレーシアは冷房ガンガンなお店が多いので、1枚長袖を持っておくことをオススメします。電車内も寒かったりします。

(おまけ)近くの美味しいごはん屋さん

ホテルから「ペトロナスツインタワー向きに徒歩10分」のとこにある、「PELITA」というとこがオススメです。いろんな種類の食べ物があり、人でにぎわってます。

もし、ご飯屋さんで迷ったら、行ってみてください。美味しかったです。



スポンサーリンク

まとめ

・クアラルンプールの「THE BED KLCC」というホテルがオススメ
・安い、朝食付き、キレイ、立地良しで文句なし
・予約はBooking.com(ブッキングドットコム)で出来る
・ご飯屋は「PELITA」がオススメ