【最低限でOK】個人事業「開業届の書き方」を解説【用紙はどこでもらう?】

「個人事業主」の面倒を手放す

起業しようと思うけど、開業届とやらについての知識0。書き方を説明して欲しい。

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「開業届ムズカシイ。。」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.開業届ってなにすれば良いの?

紙切れ1枚書けばOK

この1枚を書けばOKです。

いや、正式には、この1枚の「数ヶ所だけ書けばOK」です。

字が見やすいように、上中下段に分けたので、一緒に書いていきましょう。※色がついてるとこだけでOKです。

上段

①○○税務署長の○○は、基本的に「事業主の自宅住所がある」地域の税務署を書きます。ですが、自宅と事務所が違う人で、『事務所の近くの税務署』に出しても、だいたいは受理してくれるようです。あとは提出日を書きましょう。

②自宅と事務所が一緒
→「住所地」にチェック、自分の住んでいる住所を書きます。

自宅と事務所を分ける
→「事業所等」にチェック、事務所の住所を書きます。
そして自宅の住所は、「上記以外の住所地・事業所等」に書きます。

③個人情報を書きます。個人番号はマイナンバーの番号です。印鑑は認印でOKです。

④何の仕事をするのか、社名は何にするのかを書きます。職業がいくつもある場合は、”メイン収入”となる職業を1つ書けば良いです。課税対象(個人事業税)になるかならないかを判断するためなので、そこまで頭を悩ませて書く必要はありません。

個人事業税がかからない業種の例:文筆業(ライター業)、翻訳業、漫画家、画家、音楽家(ミュージシャン)、スポーツ選手、芸能人など。※ただし、判断は各都道府県税事務所による。

中段

⑤開業にチェック

⑥不動産、山林所得以外の方は、事業(農業)所得にチェック

⑦開業日を記入

⑧「青色申請~」→有、「消費税~」→無

⑨④で書いた仕事の内容を、もう少し詳しく説明

下段

従業員を雇う場合は書かなければいけませんが、1人でやるなら何も書かなくてOKです。

はい、以上です。終わりです。非常に簡単です。

スポンサーリンク

2.紙をどこで手に入れるのか?

もらう or 印刷する

開業届の紙は、税務署に行ってもらうか、自分で印刷するかです。

税務署でもらう場合

税務署に行って、「開業届の紙が欲しいんですけど」と言えば、簡単にもらえます。何枚でも、とは言いませんが、全然多めにくれます。

メリット:無料、分からない事を聞ける、訂正もできる
デメリット:手書き、もらいに行くのが手間

とはいえ、そのままそこで書いて提出すれば、1回で済むので楽です。その際、「印鑑・マイナンバーカード(もしくは番号のメモ)」を持って行きましょう。

自分で印刷する場合

自分で印刷する方法もあります。その場合は「国税庁のHP」から、用紙をゲットできます。

>個人事業の開業届出(国税庁)

メリット:パソコン入力可、持って行かなくて良い
デメリット:実費で印刷・返信用封筒・切手、聞けない

返信用封筒は、「控え」を送り返してもらうためです。

超重要!!「書き終わったらコピー」

書き終わったら、「コピー」をしておきましょう。コピーした物が僕たちの「控え」になります。

控えを何に使うかというと、会社の名前が入った口座をつくる時なんかに、銀行に見せる証明として使えます。

※「控え」と認めてもらうにはコピーするだけではダメで、税務署の”受付印”が必要です。だから、いったん控えも一緒に税務署に渡しましょう。

スポンサーリンク

3.直接持って行かなきゃいけないのか?

郵送でもOK

税務署に直接郵送しても良いです。

郵送の場合は、

・個人事業の開業、廃業等届出書
・上記のコピー(余白に「控え」と書いておく)
・返信用封筒(住所を書いて切手も貼っておく)


を1つの封筒に入れて送りましょう。

自信がない場合は直接もって行く

ただ、自信がない場合は直接持っていった方が良いです。

・聞きながらできる
・訂正もできる
・2度手間にならない

からです。調べても分からない場合は、持って行って聞くに限ります。そしたら、返信用の切手代も浮きますし、一石二鳥以上あります。そこで間違えても罰金とかないので、気楽にいきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

・開業するには開業届を出せばOK
・書くところは最低限で良い
・自信がない場合は直接聞きながら書くと安心