【失敗を引きずる】後悔しない生き方とは?【かんたんな解決策】

「面倒くさい」を手放す

失敗したこととかを、いつまでも引きずってしまう。何か対策ない?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「後悔」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.後悔しない生き方とは?

後悔しなきゃ良いだけ

僕が思うに、後悔しない生き方ってそんな難しくなくて、ただ「後悔しなきゃ良い」だけだと思うんです。

というのも、後悔って「ミスをした時」に生まれるものですよね。

「じゃあ絶対にミスしないように」と思うかもですが、それだとかなり保守的になってしまい、つまらない人生になりそうじゃないですかね。

もう起きてしまったことはしょうがなくて、あーだこーだ言っても取り消せないので、あとは「自分の受け取り方」を変えるしかないかなと。

なので、後悔しない人生を送るには、後悔するようなことが起きたときに、後悔しなきゃ良いって訳です。

「腹壊して良かった」

たとえば、僕はお腹を壊すと、

お腹壊したおかげで、腸がキレイになった

って考えるんです。

ちょっと汚い話ですが、便秘でつまってるよりは、キレイさっぱり出てしまった方が良いじゃないですか。

ここで、「昨日アレを食べなければ…」と後悔したってムダなんですよね。ましては、お腹壊すかもと思いながら食べてた訳じゃないでしょうし。

だから、

・イチイチ過去を悔やまない
・起きたことの良い面を見る

がベストだと思います。

反省して忘れる

そして、さっと忘れましょう

いつまでも覚えてたら、思い出すたびに嫌な気持ちになるし、思い出すたびに復習してるのと一緒だから、記憶として更に色濃く残ってしまいます

過去のことでいつまでもブルーになっておくのは、時間と脳のメモリの無駄です。

とはいえ、同じ失敗をするのはバカらしいので、反省するとこだけ短時間でスパッと反省して、「次こうなったらこうしよう」っていう、キーポイントだけ覚えておけばOKです。


僕がこんな考え方になったのには、「ある2人の影響」があります。それを紹介します。

スポンサーリンク

2.大家族の母から学んだこと

こんな1シーンがありました

僕が中学生の頃だったかな、大家族のテレビを見てました。

すると、お母さんと子どもが喧嘩をして、子どもが飲み物をぶちまけるシーンがありました。

そこでお母さんが、

こんなことがないと、床なんて拭かないからね。ちょうどよかった^^

って笑うんです。

ブチ切れると思ってたので、衝撃でした。

そんな捉え方があるとは」と。

すべて捉え方次第

この大家族の母から学んだことは、「捉え方次第」ってことです。

何か良くないことが起きても、「それってそもそも悪いことなのか?」と考えられるようになりました。

・道に迷ったおかげで新しい店を発見
・休日出勤したおかげで社長に気に入られた
・スマホが壊れたおかげで料金見直せた

こんな感じです。

最初は無理矢理かもですが、この考え方が染みつくと、「ま、いっか。〇〇できたし」って気楽に考えることができるようになります。

すると意外と人生はそんなにシンドいことがないって気づきます。

スポンサーリンク

3.父から学んだこと

父の口癖はコレ

昔っから父に、”良くない報告”をすると、

これで良かった、にしろ。

って言われてました。

そのまま落ちるな

・失敗を理由に諦めたり
・失敗が原因で次もダメにしたり
・失敗で全てを投げ捨てたり

とにかく、 父の考えは、「〇〇だった。残念。おしまい。」じゃダメなんです。

「そんなことでやめんな、次どうするかを考えろ。」「それが起きたから何だ?せっかく失敗したならそれを活かせ。良い見方や道を探せ」って感じでした。

確かに、失敗した→後悔したで終わらせてはモッタイナイんです。

見方を変えて良く捉えるか、こうなったからこの選択ができて、結果良かったとか。 続きが大事です。

なので、もし酷く後悔してることがあれば、『それを良くするために今からでも何かできないか?』を考えて行動してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・後悔はしなきゃ良いだけの話
・どう捉えるか?
・起きたことはしゃーない、これで良かったにしていく