【くらしのマーケット】不用品回収を業者に頼む【評判はどうなのか?】

「片づけ」の面倒を手放す
スポンサーリンク

1.「仲介=仲介料」が発生

くらしのマーケットも勿論

業者との間に、
くらしのマーケットを通すという事は、
当然ながら仲介料が発生しています。

僕たちお客が業者にお金を払ったら、
業者はそこから何割かを、くらしのマーケットに払います。


業者はなぜ仲介料を払ってまで、
くらしのマーケットに掲載してもらうかと言うと、
単純に営業してもらえるからです。

小さい会社だったり、
まだ知名度がない会社はどうしても
「不用品回収」と検索しても埋もれがちです。

HPをつくるより、
くらしのマーケットに登録した方が、
お客さんに見つけてもらいやすい事から
仲介料を払う価値があるという事です。

直接頼むより高いかも

という事は、
仲介料を払うために僕たちお客に請求する料金が
チョット高めになっている
という事です。


(例)
A社に直接頼めば8,000円で済むけど、
くらしのマーケットを通してA社に頼むと10,000円かかる。

という感じです。

一般的に仲介料は1~2割だと思うので、
その分多めに払わないといけないと思います。


「じゃあダメじゃん!!!」と思った方、
実はそうでもないんですよ。


仲介料を払ってでも利用した方が良い理由と、
言うと怒られるかもしれないウマい利用方法
説明していきます。↓

スポンサーリンク

2.それでも利用する価値アリ

ぼったくり回避

残念ながらこの業界にも、ぼったくる人が居ます。

見積もりでは、これぐらいだろうと言ってたのに
当日「見積もり額9万+10万」取られたという
お客さんも居ました。

(※業者に直接依頼してぼったくられたお客さんが、
2回目に、くらしのマーケットを通して僕がいた
会社に依頼し、そう話してくれました。)

ぼったくられたお客さんたちが、くらしのマーケットの方が
口コミも見れるし、料金も分かりやすいし、
スタッフの顔も分かるから安心できる

と言ってくれてたので評判はかなり良いと思います。


脅す訳ではありませんが、
少し仲介料をケチった事で、
大幅にぼったくられる可能性がある」という事です。


サイト(くらしのマーケット)を見れば、
見積もりを取らなくても事前に料金が分かります。
何にいくらかかるかが書いてあります。


更に、事前説明や掲載料金と「違う請求」をされた場合は、サポートチームに助けを求めることができます。(サポートチームの連絡先はこちらから)

安心できる

まず、くらしのマーケットに登録するには業者の審査があります。

掲載されている業者は「審査を通過」した業者だけです。

その時点で、怪しい業者はふるい落とされています。


更に、万が一業者との間で問題があった場合、くらしのマーケットが10万円まで保証してくれます。(保証についてはこちらから)


個人で始めやすい事から業者がどんどん増えているため、こういった安心感は、直接取り引きでは難しいかなと思います。

仲介料を払う価値がある

つまり、仲介料を払う価値があるという事です。

それ以上の見返りがあるので、最初は
くらしのマーケットを通しての依頼を僕はオススメします。

最初は」と書いたのには秘密があります。
書いたら怒られるかもですが、ぶっちゃけます。↓

スポンサーリンク

3.こうやって使うのが賢い

初回だけ

初回だけ利用してみて、
良い業者だったらそこで仲良くなり
2回目からは直接お願いするのがオススメ
です。

最初だけはボッタクリなどのトラブルが怖いので、
保険」として、くらしのマーケットを通した方が安全です。

9月30日までなら仲介料を少しチャラにできそう

今年(2019年)の8月1日~9月30日まで、利用者に
Amazonギフト券1,000円分の配布
があります。


条件は以下の通りです。

・アプリから申し込むのが初めて
・以下以外のサービス
→遺品整理
→ゴミ屋敷清掃
→壁紙・クロスのリフォーム
→外壁塗装・コーキング補修
・利用料が5,000円以上
・9月30日までに作業完了
(もっと詳しく見る場合はこちら)



令和元年に、昭和と平成で溜めてきた不用品を
一気に処分してみてはどうでしょうか?



最後に、
申し込み方法」を紹介して終わりにします。



①ホームページを開く(HP→くらしのマーケット)

②ページのトップにある、
『Amazonギフト券1,000円分プレゼントキャンペーン』
から申し込む。


これで仲介料を、
ちょっとチャラにできるのではないかと思います。
つまり、安全なのに仲介料ほぼ不要

これはなかなか賢い方法です。
賢く安全に片付けて、身軽になれますように。

スポンサーリンク

まとめ

・不用品回収はくらしのマーケットを通した方が良い
・仲介料分ちょっと高くなるけど、それ以上の価値がある
・初回だけ利用して、2回目から直接依頼が賢い。
今だったらAmazon券でちょっと返ってくるからより賢い。