【車の名義変更】譲渡証明書の書き方は?【紙はどこで手に入れる?】

「クルマ」の面倒を手放す

『譲渡証明書ってどうやって書いたら良いの?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「前の名義のまま」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.名義変更について

譲渡証明書とは?

譲渡証明書(じょうとしょうめいしょ)とは、

「この車を」「この人から」「この人に」「譲ります」

というのを証明する紙です。

これは、車の「名義変更」の時に必要な紙です。

名義変更の疑問

他にも、疑問に思いそうなことをまとめました。

・誰が用意する?→所有者
・誰が書く?→所有者と所有者
・注意点は?→旧所有者の実印を忘れずに

譲渡証明書を手に入れる方法は?

譲渡証明書の用紙は、「国土交通省のホームページ」にて、ダウンロードできます。

譲渡証明書のPDF(国土交通省より)

これ(↑)を印刷して書けばOKです。書き方は次で紹介します。

スポンサーリンク

2.譲渡証明書の書き方は?

3行埋めればOK

譲渡証明書は「3行」埋めればOKです。

譲渡証明書

その3つの内容とは、

①車の車名・型式・車体番号・原動機の型式
②旧所有者の住所・名前・実印
➂譲渡日と新所有者の住所・名前

です。

それぞれの書き方について

①は車検証を見れば書けます。「車体番号」とか「原動機の型式」などの欄があり、それをそのまま書き写せば良いだけです。

②は旧所有者に書いてもらってから用紙をもらいましょう。この時、余白に「捨印(すていん)」を押してもらうのをオススメします。

➂は新所有者が書くところです。②との違いは、“実印を押さない”ことです。

これで譲渡証明書の完成です。結構かんたんです。

スポンサーリンク

3.住所についての注意点

住所が一致しない場合…

車検証に記載された旧所有者の住所が、現住所と異なる(印鑑証明書の住所と異なる)場合、譲渡証明書には現住所の記入が必要となります。

そして、旧所有者の住民票(現住所までの流れがわかるもの)が必要になるので、ご注意ください。

マイナンバーカードを持って行く

名義変更でのオススメは、運輸局にマイナンバーカードを持って行くことです。

そしたら突然「住民票が必要!!!」となっても、近くのコンビニで発行できるからです。

僕は過去に持って行かずに、まぁまぁ離れた役所まで取りにいきました。

スポンサーリンク

まとめ

・名義変更には譲渡証明書が必要
・譲渡証明書は、旧所有者にネットで印刷→記入&実印までしてもらう
・書き間違えた時用に捨印、住所が違った時用にマイナンバーカードを