【黄ばみすぎ】車のヘッドライトを3,000円で磨く方法【3年OK】

「面倒くさい」を手放す

車のライトが異常に黄色い。自分で安く綺麗にやる方法ない?(初心者向けで)

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「黄ばみ過ぎたライト」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ライトは素人でどうにかなるの?

こんなに黄ばんでて取れるの?

僕の車がコチラです。

12年前の車ということもあり、かなり黄色いです。

・あまりにも古臭く見える
・あまりにもライトが暗い

ということで、今回自分で磨いてみることにしました。

やってみました

まず結論からですが、黄ばみは取れました

ちなみに初めてです。洗車とワックスがけぐらいしかしたことないです。

そんな素人でも、1~2時間ほどで出来ました。しかも効果は3年は続くとのことです。

という訳で今回は、ライトの黄ばみをとる際の、「必要な物」と「失敗したポイント」をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

2.準備する物

必要な物は?

まず必要な物は、

・ウレタンスプレー(クリアー)
・マスカーテープ
・マスキングテープ
・耐水ペーパー(600番)

以上です。

「スプレー以外は100均で売ってる」という情報を見かけましたが、ダイソーを2軒まわっても売ってなかったので、ホームセンターで買いました

そこまで値段は変わりません。

では、1つずつ説明していきます。

ウレタンクリアー

まず最初に、ウレタンスプレーのクリアー(透明)です。

車用品のところにあります。ボディ&バンパー用と書いてますが、それで大丈夫です。

値段は、税込み2,508円でした。

もしなければ、建築塗装の方にもあります。そちらは約3,000円ほどでした。銀とか白みたいなのもあったので、間違えないようにクリアー(透明)を買ってください。

ちなみに、Amazonの方が安かったです…。

マスカーテープ

次に、マスカーテープです。

マスカーテープとは、「養生テープとビニール」が既に合体されている商品です。
※養生(ようじょう)テープ:簡単にはがすことが出来るテープ。

車用品の方にもありましたが、値段が高かったので、建築塗装の方から買いました。

値段は、税込み195円でした。もっと大きなサイズもありましたが、これでピッタシでした。

もし、どこにもなければ、ビニール袋と養生テープを買う事で、自分でつくることもできます。

マスキングテープ

こちらは、マスキングテープです。

これも建築塗装の方が安かったので、そちらを買いました。税込み151円でした。

マスキングテープに関しては100均にあると思います。ただ、幅は24mmぐらい欲しいところです。

耐水ペーパー(600番)

最後に、耐水ペーパーです。

車用品の方に、3種類ぐらい入った物がありましたが、高かったので600番単品を1枚買いました。

税込み85円でした。ちなみに、1枚で2台分いけます。↓こんな感じで、1枚ずつ売ってます。

合計金額は?

これらの合計が、税込み2,939円でした。

約3,000円という感じです。

これで3年はもつようなので、1年につき1,000円と思えば安いですよね。更に、2台まとめてやれば1年で500円です。洗車1回分なので破格です。

スポンサーリンク

3.参考動画と5つの失敗

こちらの動画を参考に

ヘッドライト黄ばみが新品状態に!100均アイテムとホームセンタの缶スプレーで簡単復活長持ち黄ばみ取り!

今回磨くにあたって、この動画を参考にさせてもらいました。

非常に分かりやすいので、オススメです。

真似しつつやってみた

実際にやってみて、素人ならでは失敗談を載せてるので、そちらに目を通してからやってみてください。

失敗①先に用意しておけば良かった

このスプレー、準備に10分ほどかかります。

というのも、底のピンを押してスプレーを逆さまにし、10分放置して30回ぐらい振らないと使えないのです。

なので、時間短縮のために最初にしておくことをオススメします。養生をするより前に、です。

失敗②離しすぎた

「スプレーを近づけ過ぎるな」と書いてあったので、離して噴射すると、離し過ぎました。

透き通るどころか、曇ってしまいました。このまま3度塗りぐらいしたので、スプレーが勿体なかったです。

15cmまで近づけて良いとのことなので、学生の頃使ってた定規ぐらい近づけて良いです。

曇ってしまっても、後から近づけて噴射すれば挽回できます

ただし、近づけすぎるとひび割れします。↓

失敗③ちゃんと貼り付けておけば…

ビニールを広げたら、風で飛んでこないよう、ボディに貼り付けておいた方が良いです。

スプレーが乾ききってないのに、ビニールがかぶさって変な跡がつきました。

失敗④手抜きをしたから

ビニールをきちんと隙間なくしてなかったので、ビニールをかけてないところに、スプレーがかかってしまいました。

こんな感じで、白っぽく水垢みたいになります。↓

濡れたタオルでゴシゴシ拭いたら、ほぼ取れましたが面倒でした。

失敗⑤どうせなら一緒に

スプレーの有効期限が12時間なので、1台やるなら、12時間以内にもう1台やれる環境を整えてからが良いです。

僕は弟の分をやろうと思ってたのですが、まさか12時間しかもたないとは知らず、あけてしまいました。

弟は仕事なので、間に合いませんでした。モッタイナイ…。



とはいえ、素人ながらに大きな失敗もなくやれたので、この失敗を活かしつつ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・黄色すぎるライトもどうにかなる
・3,000円で2台分いける
・ホームセンターで全て揃う