【マレーシア】ランカウイ島の移動手段は?【貧乏旅行でも楽しむ方法】

「旅行」の面倒を手放す

ランカウイ島での移動手段って何があるの?貧乏旅ならどれがオススメ?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「ランカウイ島での高額な交通費」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ランカウイ島の移動手段とは?

5種類あります

①タクシー
②レンタカー
③レンタルバイク
④レンタルサイクル
⑤配車タクシー「Grab」

それぞれの相場は?

・タクシー「空港→中心地クアタウン」約650円
・レンタカー(小型)1日3000円~
・レンタルバイク1日約550~830円
・レンタルサイクル1日約480円
・Grabは通常のタクシーより3割程安い?らしい

島1周はどれぐらい?


島1周は、車で2~3時間ぐらいです。

スポンサーリンク

2.レンタルが良さげ

12月~2月はレンタルバイクがオススメ

12月~2月に行くのであれば、レンタルバイクがオススメです。理由は、「安い」「スコールが少ない」からです。

もしそれ以外の時期に行くのであれば、レンタカーがオススメです。日本と同じ、「右ハンドル」「左側通行」だからです。

タクシーも安いのですが、行きはあっても帰りがない、ということもあるので、自由度を高めるにはレンタルがオススメです。

そもそも海外で運転して良いのか?

日本で免許を持ってるなら大丈夫です。

国際免許証が必要

ただ、国際免許証が必要です。
日本の免許証を持っている方なら、取得できます。

取得場所は、

・各都道府県の警察署の運転免許課
・運転免許センター
・運転免許試験場

取得方法は、

・「国際運転免許交付申請書」を書いて提出

その際に必要な物は、

・免許証
・写真1枚(縦5cm×横4cm)
・海外渡航を証明するもの(パスポートや航空券)
・2,000~3,000円(都道府県による)
・印鑑

※場所によって即日交付と、後日交付がるので要注意です。福岡は、即日交付が20分、後日交付が2週間後とかでした。かなり差があります。警察署なんかは、2週間かかったりするみたいです。

※なお、有効期限は1年間です。

スポンサーリンク

3.レンタルバイクの借り方

借りる時

借りる時に必要な物は、

・国際免許証(+日本の免許証)
・パスポート
・デポジット

です。

ヘルメットは貸してくれます。現地の人で付けてない人が居ても、付けなきゃダメです。あと、グローブやゴーグルは自分で用意しなきゃです。ゴーグルはサングラスで良いと思います。

闇店舗もありますが、おすすめのレンタルバイク店は、『T Shoppe』です。チェナンや、クアにあります。

返す時

返す前に、「借りた時と同じぐらい」までガソリンを入れます。

ガソリンスタンドでの給油方法は、

機械の前に原付を停める

「○番に停めたバイク、△リンギット分」
と、カウンターで前払いする

セルフで入れる(金額分で止まる)

これでOKです。(ガソリンはめちゃ安く、リッター54円?程らしい。満タンにしても200円ほどのようです。)

あとは日本と同じように、傷など入ってないかチェックしてもらい、終わりです。

スポンサーリンク

まとめ

・ランカウイ島の移動手段は、
①タクシー
②レンタカー
③レンタルバイク
④レンタルサイクル
⑤配車タクシー「Grab」
・レンタルがオススメ
・12月~2月ならレンタルバイクにしよう