【簡単過ぎ】メルカリで本を売る方法【画像付き・3分で出品完了】

「メルカリ」の面倒を手放す
スポンサーリンク

1.バーコード出品を使えば超ラク

メルカリの本家が説明してくれています

「バーコード出品」機能について
この本家の説明は、iPhoneを使って説明されているので、iPhoneの方は本家を見る方が分かりやすいかもです。

あと、「本についてあるバーコードを使って出品する方法」を今回紹介しています。
バーコードが無いほど古い本は、今回の楽過ぎる出品ができません。
ご注意ください。

出品までのステップは7個だけ

出品までは以下の7ステップのみです。

①メルカリのアプリ開く

②赤いカメラマークをタップ

③バーコードで出品をタップ

④本のバーコードを写す

⑤写真を撮る

⑥商品の状態をタップして選択

⑦出品するをタップ

以上です。

次で画像付きで詳しく説明します。
画像通りに手順を踏んでもらえれば出品できます。

(※僕はiPhoneではなく、アンドロイドで説明しています。iPhoneの方は表示が異なるかもです。同じアンドロイドでも機種が違ったり、アプリの更新具合で表示が違う場合があるかもです。ご了承くださいませ。)

スポンサーリンク

2.この画像通りに進めばOKです

①メルカリのアプリを開く

②カメラマークを押す

③『バーコードで出品』を押す

④本のバーコードを写す

バーコードを読み取ると、「この本ですか?」と表示される。合っていれば『商品写真を撮る』を押す。

⑤写真を撮る(できれば4枚。この角度で撮るのオススメ)

まずは正面。↑この写真みたいにボケないようにしましょう。
次に背面。表だけキレイな本もありますからね。
そしてマチの部分。色焼けがあるかとか、折り目がないかとかのアピールができます。
最後に目次。内容を写す事で読みたい!と思ってもらう戦略。
4枚撮ったら『完了』を押す。
そしたらドーン。勝手に説明文入力してくれています。はい神。面倒なところを自動でやってくれる。これぞ「バーコード出品」の力。

⑥『商品の状態』を押して選択

あと入力するのは、『商品の状態』。※初めての人は他の項目も埋めないとだろうけど、僕と同じようにしていればOK。あ、発送元の地域は変えてくださいね。
少し厳しめに。1段階下げるぐらいがちょうど良いかも。買う人のチェックは厳しめだったりするから。

⑦『出品する』を押す

んで、出品で終わり。もし金額が納得いかなかったら、変更してもOK。でもメルカリさんがデータから適正な価格を出してくれているから、ほぼ信じてOKです。
スポンサーリンク

3.書き込み・折り目・線引きがある時は?

⑤に戻って「写真のページを変える&説明文に2文だけ打ち込む&商品状態を変える」

折り目がある際は、上から撮った写真(画像3枚目)で折り目の有無が分かるのでそのままOKです。

書き込みや線引きはどこか1ページでも良いので、線引きしているページを撮ってあげてください。つまり4枚目で目次を写した画像を線引きしてあるページに変えるという事ですね。するとどの程度の線引きなのか書い手が分かりやすいからです。人によっては、ほぼ全文に5色くらい使って線を引く人もいますし、黒えんぴつでたまーに1文だけとかの人もいますから。

そして、説明文に「折り目、線引き有り。読む分には問題ありません。」とか入力していたらOKです。
(※もちろん嘘はいけませんので、読めないページがあれば「P30~P37ページが汚れており読みにくいです。」とか書くべきですが。)

そして、『商品の状態』を変更ですね。軽めの線引きぐらいなら「やや傷や汚れあり」でOKです。保険として画像も載せているので。

ちょっと汚れが多い物は一言書いて、トラブル防止しましょう。


本を高く売るならメルカリ。でも、これも面倒なら…

「こんなマメな事していられん!忙しいもん!」という方は以下の記事がオススメです。
そんな忙しい方のためのサービスを紹介しています。

更に、教科書とか専門書を売りたいという方はコチラから。↓

スポンサーリンク

まとめ

本をメルカリで売るなら「バーコード出品」を使えば楽過ぎる
・写真は4枚撮るのがオススメ。4枚撮るだけで売れる確率爆上がりです。
・バーコードを読み取るだけで勝手に説明文を書いてくれる。自分で文章打たなくてOK。
・もし、書き込みとか折り目がある場合は2文だけ説明文を足して、写真で見せて、商品状態を1~2ランク落とす。
・ メルカリが面倒な人には宅配買取とかがオススメです。