【ミニマリスト】毎日のスキンケアが落ち着いてきた【湯シャン、牛乳石鹸、ワセリンなど】

ミニマリスト

こんにちは。
エイタという名で、YouTube活動をしている者です。

約7年ほどミニマリストをしており、「湯シャン歴は5年目」となりました。

最近は湯シャン以外にも「スキンケア」で試していることがあり、それらが定着してきたので、いったんまとめようと思います。

という訳で今回は、

ミニマリストの、
最低限のアイテム、だけど十分なスキンケア。

についてご紹介いたします。

1.入浴中のスキンケア

まずは洗髪について。

冒頭でも書いた通り、僕は湯シャン、つまり「お湯だけ」で髪を洗っています。

「えっ、お湯だけで汚れって落ちるの…?」
「不潔じゃない…?」と思いますよね。

ですが、タモリさんや福山雅治さん、ローラさんなど、芸能人も湯シャンをしている人は多いです。皆さん不潔そうには見えませんよね。

実際、湯シャンについて調べてみると、整髪料はお湯だけじゃ落とせないようですが、何もつけない方でしたら、お湯だけで汚れの7~8割は落とせると言われています。

僕も5年ほど湯シャンですが、「臭い」と言われませんし、「頭が痒い」とかもありません。

それどころか、

・髪にハリが出る
・頭皮がやわらかくなった
・しっかり隅々まで洗うようになった

というメリットがありました。

ハリが出たのは、シャンプー剤による「刺激」がなくなったためです。僕も詳しくは知りませんが、シャンプーにはあまり体によくない『界面活性剤』というものが入っているそうです。これが入っていることで、洗浄力や泡立ちが良くなったりするらしいのですが、洗浄力が強すぎて頭皮の「必要な油分」まで取ってしまい、「乾燥→フケ、痒み」に繋がるそうです。

頭皮がやわらかくなったのは、湯シャンは「マッサージをしながら洗う」からです。頭皮がやわらかいと頭の血行が良くなり、顔のシワやたるみ改善、目の疲れや肩こりの緩和、白髪、薄毛、抜け毛の改善に繋がるそうです。

そして最後の、「しっかり隅々まで洗うように」は、シャンプーが泡立つせいで、“ちゃんと洗った気になっている可能性が高い”からです。湯シャンでは泡なんて一切たちませんから、自分の指が「隅から隅まで」しっかり通るように意識して洗います。なので、シャンプーを使っていた時より、ちゃんと隅々まで洗えている気がしています。

とはいえ、全くシャンプーを使わない訳ではありません。ウォーキング大会などで大量に汗をかいた日は、シャンプーを使ったりしています。その時は少量だけつけています。ですがそれでも、かなり毛が抜け、一気にハリがなくなります。そんな状態を見ると、昔はシャンプーって良いものだと思っていたけど、結構ダメージくらっていたんだなと実感しますね……。

次に洗顔ですが、僕は「石鹸」で洗っています。

実は、顔も体も「お湯だけ」でいけるのですが、僕は「日焼け止め」を塗っているので、それを落とすために石鹸を使っています。

愛用しているのは、昔ながらの「牛乳石鹸 赤箱」

色んな物を試してきましたが、やはりシンプルイズベスト。これが本当良いんです。全然突っ張ったりしませんし、なんてったって、これで身体まで洗えるのが本当にラク。なんなら「手を洗う」時も使えますし、旅先での「手洗い洗濯」もこれで良いのではと思っています。

最後に体ですが、洗顔同様「牛乳石鹸 赤箱」で洗っています。面倒くさがりなので、顔を洗う時に一気に体まで洗います。

洗い方は、「手で洗う」に挑戦してみました。ですが、体がかたい僕は背中がちゃんと洗えず、痒くなってきたのでやめました。

そこで、「旅行の時にも使えるような、汎用性の高いボディタオルはないか」と探していたところ見つけたのが、こちらのととのうボディウォッシュタオルでした。

これの何が良いかって、

・安い(110円)
・薄い(すぐ乾く)
・泡立つ
・やわらかい
・振ると冷たくなる
・体を洗えるし拭ける
・コンパクト

とにかく、メリット盛りだくさんのボディタオルなのです。

「ととのう」と入っている通りサウナ用のタオルらしく、売り場でも大量に在庫が残っており、全然人気なさそうでした。(笑)

ですがそれは「まだ知られていないだけ」だと思います。それぐらいめちゃくちゃ汎用性の高いボディタオルなので、良かったら使ってみてください。ダイソーに売ってます。110円です。

ちなみにこれで、洗顔用の泡もつくっています。めちゃくちゃ泡立つわけではないですが、個人的に十分だと思っています。

なので僕は普段も使って、旅行用としても使っています。

2.お風呂あがりのスキンケア

次が、お風呂あがりのスキンケアについてです。

お風呂上がりのスキンケアは「保湿剤のみ」です。

保湿には現在、「セタフィル モイスチャライジングローション」を、『顔・手・かかと』に使用しています。顔体どちらにも使えて、肌馴染みも良く、非常に気に入っています。なんなら唇や髪にも使えます。

ただ、僕にはコストコで購入した「とてつもなくデカいワセリン」が残っているので、『唇』にはワセリンを塗っています。

そして、このワセリンがなくなったら、保湿剤を「白色ワセリン1つ」にまとめようと思っています。

理由は「コスパが良い」からです。僕はずっと普通のワセリンが1番安いと思っていたのですが、計算してみると、“白色ワセリンの方が安かった”です。それなのに普通のワセリンより「純度も高い」ので、次からは白色ワセリンを買うようにします。

(ちなみに“化粧水は科学的にほとんど意味がない”と証明されているそうで、それを知ってから何年も使っていません。何かの本に、「お風呂や洗顔をした時点で水分はしっかり入っている」というのを読んで、確かに。と思った記憶があります。)

3.朝のスキンケア

最後が朝のスキンケアです。

内容は3つです。

①洗顔
②保湿
③日焼け止め

洗顔と保湿は上記の通りです。なので日焼け止めについて説明して終わりにします。

日焼け止め

日焼け止めはニベアのプロテクトウォータージェル(SPF50)を使っています。

理由は、

・安い
・ベタつかない
・どこでも売っている

からです。

前はニベアの別の物を使っていましたが、どうしても日焼け止め特有のベタつきが嫌いで、塗るのをサボっていました。「塗らないと意味がない」ということで、こちらに乗り換えました。

水に強いタイプではありませんが、塗って乾くとサラサラで、不快感がありません。多少汗で落ちやすいかもしれませんが、どうせ日焼け止めは「こまめに塗るもの」なので、今のところこれで十分だと思っています。

ちなみに日焼け止めは、薄く2度塗りすると、紫外線を防ぐ効果が「2.5倍」になるそうです。論文を10万本以上読まれている、鈴木祐さんの「不老長寿メソッド」という本で紹介されていました。

僕もそうしています。良かったら試してみてください。

まとめ

・頭はお湯、顔と体は「牛乳石鹸赤箱+ととのうボディタオル」で洗っている
・保湿は今後「白色ワセリン1つ」にする予定
・日焼け止めはジェルタイプを2度塗りしている