【狭くて良い】ミニマリスト的、物件の選び方は?【安くて良い】

ミニマリスト

ミニマリストが物件を選ぶ時の基準みたいなのってある?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「物件選びの悩み」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ミニマリストの部屋探しの条件とは?

この3つが大事

ミニマリストの僕が、部屋探しで外せないのは以下3つです。

①安い
②ワンルーム
③立地

順に詳しく紹介します。

①安い

安いは最強です。

家賃はどれだけ使おうが使わまいが、毎月必ずかかるお金です。なので必要以上に出費する必要はありません。

最低限、寝る事ができて、お風呂とトイレが使える部屋なら十分です。

まぁ家という名前のとこは、だいたいそれぐらいの条件はクリアしているので、だったら2万円の部屋でいいじゃんとなる訳です。

僕が過去に住んだ部屋も、

・6畳(築31年)家賃2万3,000円
・7畳(築29年)家賃2万7,000円

でした。

②ワンルーム

ワンルームを嫌う人は多いですが、僕は逆です。ワンルームおすすめです。

と言うのも「ラクだから」です。

収納も同じなのですが、扉が増えるほど、「開け閉め」という面倒が増えます。

ワンルームは、扉は玄関だけというとこも多いので、1度部屋の中に入ってしまえばもう何も隔たりがありません。自由に動き回れます。

ワンルーム最高です。

③立地

立地は大事です。

理由は、

・ストックをしたくない
・移動に時間をかけたくない

からです。

自分の部屋を狭めてまでストックするのではなく、スーパーの近くに住んで、いつでもすぐに買いに行ける状態にしておきたいのです。

先で紹介した、むかし住んでたとこも、①は学校まで徒歩3秒でしたし、②は職場までチャリで2分でした。


もし今探すのであれば、

・公園
・郵便局
・コンビニ
・スーパー
・電車

これらが徒歩10分以内にあるとこで、最安値の部屋を狙います。

公園は散歩のため、郵便局とコンビニはメルカリのため、スーパーは自炊のため、電車は移動のためです。これだけあれば生活していけます。

別に都会じゃなくても、これぐらいの条件ならすぐ揃いますよね。

何でもあるとこでなくても、自分の欲しい条件を満たす部屋を探してみてください。すると穴場の、「安くて最高の立地があるかもです。

スポンサーリンク

2.なぜボロくて良いのか?

新築の汚部屋より、古くてもキレイな生活

ボロい家で良いのは、たとえボロくても、綺麗で整った生活が送りたいからです。新築に住んでても、汚部屋や荒れた生活はしたくありません。

具体的にはこんな感じです。

【 嫌な例 】
家賃10万円を払うため、たくさん残業。
支払いに追われ、支払いのために働く日々。

【 好きな例 】
家賃が2万円だから、ゆるく働く。
自分のやりたい事して楽しく暮らす。

もちろん、”生活に支障をもたらす程ボロい”のはストレスですが、それらを除いた1番安い部屋で良いのではないでしょうか。

多少ボロくても、寝る事ができ、お風呂に入れるのであれば十分だと思います。

スポンサーリンク

3.なぜ狭くて良いのか?

狭い部屋のメリット2つ

狭い部屋にはメリットがあります。

①厳選される
②何をするにも近い
③冷暖房がすぐ効く

①厳選される

入れ物を小さくすると、自然と物が厳選されます。物の持ちすぎが、強制的に調整されます。

だから狭い部屋で良いのです。

実際住んで、減らしていってみると、生きて行くのに「必要な物」や「必要なスペース」の少なさに気づきます。

②何をするにも近い

キッチンまで3歩、トイレまで3歩、玄関まで5歩

こんな感じで、何をするにも近いのでラクです。

「お風呂入るの面倒くさい」「洗濯干すの面倒くさい」とかが減ります。

③冷暖房がすぐ効く

狭いと、夏はすぐに冷房がきき、冬はすぐに暖房がききます。

この幸福度レベルはなかなか高いです。節約にもなりますしね。

生活レベルはあげない

「雨風しのげて眠れる」というだけで十分なはずなのに、人はわざわざ新しくて綺麗で広くて高いとこに住もうとします。

その理由は、「見栄のため」です。

ただ、見栄は自分のクビを絞めることになります。見栄のために上げた生活レベルに、自分がやられることになるのです。

見栄をはって高級車に乗るなら、傷がついたらすぐに直さなきゃいけません。いつまでも、すり減ったタイヤをはかせておく訳にもいきません。いつもピカピカにしておくことも必要でしょう。

これってシンドくないですか。

だから見栄をはって、生活レベルをあげるのは辞めた方が良いのです。

スポンサーリンク

まとめ

・部屋は安いワンルームで良い
・立地も自分の条件に合えばそこが一等地
・ボロくて良いし、狭いことはむしろメリット