【ミニマリスト】ベッドを手放してみて【ぶっちゃけシリーズ②】

ミニマリスト
スポンサーリンク

1.ベッドは要らない

理由①邪魔

ベッドは物理的にも、精神的にも邪魔です。

物理的
→寝る時しか使わないのに場所をとる

精神的
→寝る時以外もついダラダラしてしまう

仮に、1日8時間寝たとして
残り16時間は邪魔ってことです。


と言うと、
「1日の1/3は寝てるんだから睡眠は大事だ!」
と言われそうです。確かにそうです。

ただ僕は、「睡眠とか寝床をテキトーにしろ」
と言っている訳ではなくて

「残りの16時間の事も考えて寝床を決めていきたいよね。
寝床は別にベッドじゃなくても良いよね。」

と言っているだけです。

理由②汚い

ベッドがある=汚い」です。

なぜなら、人はなかなか
ベッドを動かしてまで掃除をしないからです。

今ベッドを使っている人は、
最後に「ベッドの下」を掃除したのはいつですか?

いつベッドを動かしましたか?

1ヶ月前?
半年前?
去年の年末大掃除の時?

この質問に、
心が痛い人が多いかと思います。


僕は片付けの仕事をしていたので、
ベッドの下を見る機会が多かったのですが、
想像より「ぜんっぜん汚い」ですよ。


残念ながら、綺麗にしている感じの家でも
ほとんどの家が「ベッドの下は汚い」です。


「ウチは、ルンバがベッドの下に入って
毎日掃除してくれてる!」という人や、

「ベッドを動かして掃除してます!」という人は
素晴らしいです。そういう方は読み飛ばしてください。

でもこういう人はごくわずかなので、
ベッドがある家=汚いと認識してもらってOKです。



皆さんが見て見ぬフリをしているベッドの下は、
ホコリ、髪の毛、虫の死骸、ゴミ、ガラクタなど
で凄い事になっています。

で、
くしゃみ・咳・喉が痛い・鼻がかゆい・
鼻水・部屋がホコリっぽい、カビ臭い
など体の不調や、過ごしにくい部屋
生み出すのです。

もしこの状況が
嫌でしたら、読み進めてください。

「別に気にならない。」という方は、
ここで閉じてOKです。

閉じてベッドで寝てください。


僕的には、ベッドも体の不調も汚い部屋も
一気に手放せて一石三鳥だなぁと思います。

スポンサーリンク

2.ベッドと幸福度

あえて面倒くさくする

僕はベッドの代わりに、
寝袋のみ
マットレス+寝袋
マットレス+掛け布団
をオススメします。

布団はオススメしません。

布団だと重たいので、
面倒くさいだけじゃ無くて、大変だからです。

だから、軽い寝袋とマットレスがオススメです。


とは言え、いくら軽いからと言っても
寝袋とかマットレスをいちいち出すのは
面倒だと思うじゃないですか。

ぶっちゃけ慣れるまではちょっと面倒です。

ですが、面倒だけど大変じゃない
だから続けられる可能性がベッドより布団より
格段にあがります。

毎日ベッドを動かして掃除するより
どう考えても全然ラクですよね。



それに、マットレスをひいたら朝には
あげないとすぐにカビてしまします。
だから嫌でもベッドメイキングをしなきゃいけなくなります。

こ こ が、キーポイントです。
次の研究をごらんください。↓

ベッドメイキングで幸せになる

ベッドベイキングと幸福度
に関する研究です。

68,000人を調査した研究で、
ベッドベイキングを習慣としている人の71%
自分は幸福だ」と感じており、
ベッドベイキングをしていない人の62%
自分は不幸せだ」と感じていたのです。

この事から、
ベッドベイキングをしたら幸せを感じられる
という事です。



更にもう1つ研究があります。

既婚女性とストレス
に関する研究です。

生活している部屋が
「散らかっている」と考える既婚女性
と、
「安らか。回復できる場所」と考える既婚女性
では、前者の方がストレスホルモンの値が
高かった
のです。まぁ当たり前ですよね。

更に、後者の女性は
「憂鬱」を感じることが少なかったとのこと。

(参考にした記事:「起きてすぐのベッドメイキング」で憂鬱に対抗し生活の質を劇的に向上させることができる)



つまり、
ベッドメイキングしたら幸せになれる。
更に、しかも片づいた部屋だとストレス値が低く、
憂鬱を感じる事が少なかった
という事です。


ここで、
ベッドでもベッドメイキングできるじゃん!
という声が聞こえてきそうですが、その通りです。

ですが、先ほどのあえて面倒くさくするが効いてきます。
マットレスとかだと、毎日「ひく→あげる」を
しなきゃいけません。カビるから。
だから自然とベッドメイキングしなきゃという
状態になっているのです。


でもベッドだと、
皆さんの今朝を思い出してもらえば分かりますが
そのままですよね。それで別に害がないから悪いのです。


しなきゃいけない状況に追い込む事で
結果幸せになれるという仕組み
なんですね。

スポンサーリンク

3.もしベッドを持つなら

折り畳み式

もし、どうしてもベッドが良いなら
折り畳みベッド」を選ぶと良いです。

・軽い
・コロがついているから移動しやすい
・下を掃除しやすい
・布団ごと折り畳んでおける

実際に僕は、大学生の頃
折り畳みベッドを使用していました。
毎朝、布団ごとベッドを畳んでいました。

そしたらダラダラしなくなり、
ベッドの下も綺麗に保てました。
一石二鳥ですね。

「そんな面倒な事できるか!」
その通りです。だから手放したんです。
この手間をしてまでベッドにこだわる必要ないわ
って思うとすんなり手放せました。

ベッドを持つなら折り畳みを。
ただし、面倒だと思うなら
ベッドはいらないが僕の結論です。

個人的には

冬以外は寝袋のみでOKです。

が、たぶんそれは極端すぎるでしょうし、
人によっては体が痛いとかあるかもなので

そういう人は、掛け布団+マットレスでOKです。


「寝袋のみ」を使用する状況がない方は、
寝袋じゃなくて掛け布団でOKです。


個人的には、冬12月~3月頃までマットレス+寝袋
4月~11月頃まで寝袋オンリーがオススメです。

ベッドだと腰が痛くなる方、意外と良いかもです。

スポンサーリンク

まとめ

・ベッドは要らない。
・理由①邪魔→部屋を圧迫する。ダラダラしてしまう。
・理由②汚い→ベッドの下はほとんどの人が掃除しない。
・ベッドメイキングすると幸せになる。
・ベッドメイキングするぐらいなら、掃除までセットでしたいところ。
・ 究極のオススメは、枕+寝袋(+マットレス)。マットレスは冬だけ。
・床だと眠れない人は、枕+掛け布団+マットレス。
・もしどうしてもベッドが良いなら折り畳みを検討。