【ミニマリスト】「快適なふとん」で寝て思ったこと【やっぱ寝袋が良い】

ミニマリスト

寝袋って…(笑)何でそんな環境で寝てるの?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「快適すぎる睡眠環境」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.寝床に関する疑問

ぼく、普段こんな感じで寝てます

いきなりですが、僕は以下のような環境で寝ています。

・ヨガマット
・寝袋
・カーテンなし

これが色々試してみて、「快適」「コスパ良し」「コンディション最高」に寝れる睡眠環境なのですが、まだ試してないのがありました。

それが、

超快適な環境で寝てみた

・超絶あたたかい布団
・朝まで暖房
・完全遮光カーテン

・早起き不要、アラームなし
・誰からも起こされない

という環境です。

という訳で実際に、上記の環境で「2週間ほど」寝てみました。


どれぐらい快適かというと、雪が降ってるのに、“半袖半ズボンで超暖かい”ぐらいの環境でした。

スポンサーリンク

2.快適な寝床のデメリット

どんなデメリットがあるのか?

さてそんな最強な環境に、「デメリットなどあるのか?」と思いますよね。

もったいぶらずに言うと、デメリットありました


その“無敵の環境で寝た”場合の「最大のデメリット」は、『目覚めない』ということでした。

「でも別に早起きしなくて良いんでしょ?」確かにそうなのですが…

朝早く目が覚めないと

朝早く目覚めないということは、

『 午前中という最強タイムが消える 』のです。

気づけば午後で、あまり上手いこと作業も進まず、あっという間に1日が終わります。

そして、「寝過ぎ」「あまり作業も進んでない」「大して疲れてない体」は、夜眠れないのです。ここから毎日のリズムがどんどんズレて行って、覇気のない感じになってしまいました。

スポンサーリンク

3.元の寝具に戻してみた

ここまでやって、元の睡眠環境に戻してみました。

目覚める

すると、しっかり目覚めたのですが、”朝早く”どころか、

寒すぎて「夜中の3時」に目が覚めてしましました。

今後はこうして行く

なので、暖房を入れようかなと考えたのですが、「乾燥」が怖いのです。

「乾燥から風邪」と、こんなご時世なので、免疫は下げたくありません。

「じゃあ洗濯物を干せば?」と思うかもですが、ワンルーム1人暮らしじゃなくなった今、“「洗濯物をわざわざ部屋に干す」というのが面倒くさい”のです。

となると暖房はビミョウなので、これから冬の期間だけは、

・ヨガマット
・寝袋
・電気毛布

で寝ようと思います。

これで3日ほど寝ましたが、やはり最高です。朝もアラームなしで、6時頃には目が覚めます。

ですが、やっぱり人が見ると、「暖かい布団があるのに、なぜ部屋で寝袋?」と思いますよね…。

つくづく思うのですが、僕は「やや不便」を欲していて、その方が生きやすいという”変なタイプ”なのかもしれません…。

スポンサーリンク

まとめ

・極上の環境で2週間寝てみた
・(結果1)朝早くに目が覚めず、生活習慣が乱れた
・(結果2)これからは「ヨガマット」「寝袋」「電気毛布」で寝る