【なぜ?】ミニマリストになって変えた習慣とは?【その効果は?】

ミニマリスト

ミニマリストになって変わった習慣って何がある?

という声に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「不要な習慣」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.洗濯物を裏返すようになった

裏返したまま洗って干す

ミニマリストになり、洗濯物を裏返すようになりました。

しかもその洗濯物を、「裏返したまま洗い、裏返したまま干す」ようになりました。

その理由は、服を痛めないようにするためです。

好きな服を、長く良い状態で着たい

僕は服を数枚しか持ってません。なので、3日に1回ぐらいのヘビロテぶりです。

だから他の人に比べると、へたるのが早いかもしれません。その分、買い替えるペースも早いかもです。

なので、「また同じ物を買えるように」と、“手に入りやすい定番系”から選ぶようにはしてます。ですが、同じ商品でも微妙に仕様が変わることもよくあります。

たとえば、去年のヒートテックと今年のヒートテックは、少しだけ首の詰まり方が違うみたいな。

だから、『今年のより去年の型の方が好きだったけど、去年の型は廃盤になってる!!(悲)』ってなることも少なくないです。

だからこそ、今持ってる大好きな服をもっと大事にして、少しでも長く着たい。と思ったのです。

長くなりましたが、こんな理由から僕は、洗濯物を裏返しにするようになりました。

においも落としてくれる

余談ですが、洗濯物を裏返しにするのは、生地を傷めないだけではなく、臭いも落としてくれるのです。

というのも、菌などは内側に多くついているため、表のままだとそれがうまく取れず、臭いの原因になってしまいます。

なので、柔軟剤で香りづけも良いですが、そもそもの臭いを消すこともオススメです。

スポンサーリンク

2.目覚ましなしで起きられるようになった

目覚まし時計なしで6時台

僕はいつも、目覚まし時計なしで6時頃に起きます。

ですが、目覚まし時計は使いません。スマホのアラームもかけません。

それでも、「だいたいいつも同じ時間」に起きれるのです。

カーテンと目覚まし時計なし

なぜ目覚まし時計がないので起きれるかと言うと、以下の3つを辞めたからです。

・「カーテン」を辞めた
・「徹夜」を辞めた
・「眩しい光」を辞めた

カーテンを辞めることで、朝日が入ってくるようになりました。その朝日を浴びた時に、眩しくて目が覚めます。それがだいたい6時台という訳です。

更に「徹夜」も辞めました。基本24時までには寝る遅くても2時としてます。その理由は、”早く起きたいなら早く寝る”が超有効だからです。

「朝早く起きる」から考えるのではなく、前日の夜からもう始まってるのです。

更に更に、寝る前の眩しい光は辞めました。というのも、眩しい光を見てしまうと、脳が朝や昼だと勘違いしてなかなか寝付けなくなるからです。

なので「目覚ましなしで朝起きれるのか?」心配な方は、スマホやパソコンの画面はなるべく暗い設定にして、間接照明などで過ごすと良いです。

スポンサーリンク

まとめ

・ミニマリストが変えた習慣は、洗濯物裏返しと目覚まし
・洗濯物は裏返しにすることで一石〇鳥の効果が得られる
・目覚ましは、夜に光を浴びない→早く寝る→カーテンを辞めるが1番