【ミニマリスト】好きな家事・嫌いな家事【嫌いな家事を手放すには?】

ミニマリスト

『ミニマリストが好きな家事・嫌いな家事って何?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「嫌いな家事」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ミニマリストの好きな家事・嫌いな家事

好きな家事

僕が特に好きな家事は以下の5つです。

・洗濯
・食器洗い
・庭をはわく
・ゴミ出し
・模様替え

特に洗濯は、ミニマリストになってから好きになった家事です。

それまでは、嫌いな家事No.1で、
・中学:干し方が雑過ぎて二度手間と言われる
・大学:取り込むのが面倒で1週間干したまま(雨でも放置)
という感じでした。

そんな洗濯を好きになった理由は、「大好きな服」しか持ってないからです。”好きな服がキレイになっていく”あの工程が、たまらなく幸せと感じるようになりました。

嫌いな家事

逆に嫌いな家事が以下の5つです。

・掃除機
・衣替え
・コンロの掃除
・調理器具・掃除道具の掃除
・残ったご飯を冷蔵庫にしまう

基本ぼくは面倒くさがりなので、しなくても生きていけそうなことは、先延ばしにしちゃいますね。。

ではそんな嫌いな家事を「しなくて良い」ようにするには、どうしたら良いか、考えてみました。(↓)

スポンサーリンク

2.嫌いな家事を減らすには?

掃除機を減らすには

掃除機をやめるには、「ルンバにしてもらおう!」というのが普通の答えだと思います。


ですが、

“ルンバが走れるほど物を置いてないなら、もう自分でコロコロと拭き掃除した方が良い”

というのが僕の考えなのです。

確かにルンバを使えば、「掃除機をかける」というストレスはなくなります。ただ、それ以外のストレスが生まれるのです。

例えば、母のルンバを見ていて感じるのが、

・ルンバうるさい
・ルンバ気になる
・ルンバ場所とる

です。


だったら、コロコロでだいたいのゴミを撮って、雑巾などでサッと水拭きした方がてっとりばやくて気持ち良いんじゃないかなと思います。

衣替えはしない

僕は衣替えしません。

夏服も冬服も「年中出しておく派」です。

冬の間圧縮されたり衣装ケースにしまわれたままだと、ちょっと服が可哀想に思えるのです。

それに僕は冬でも半袖を着るので、しまう必要がないというのもあります。

スポンサーリンク

3.「掃除好き」は結構つよい

一石二鳥

掃除が好きってのは結構メリットだと思います。

というのも「手軽に気持ちよさを味わえる」からです。

ゲームとかもそうですよね。だから趣味にする人が多いです。


ただ、ゲームと違うのは、掃除だと「部屋もキレイになる」という他の特典も付いてくるのです。

「タダで動くな」

僕は母に「勉強しろ」とは言われたことないのですが、「タダで動くな」は1日に何十回も言われました。

これは、“どうせ動くならついでに何かしろ”というメッセージです。

例えば、僕が2階にある自分の部屋に行こうとしたら、

「待って。タダで上がらんで。」
「ついでに洗濯物を持って行って」
「降りる時は部屋のゴミ持って来て」

と、こんな感じで言われます。

その甲斐あって、動くとき「他に出来ることはないか?」とついでを探すクセがつきました。

スポンサーリンク

まとめ

・ミニマリストになって洗濯が好きになった
・大切な服がキレイになる過程が好き
・掃除が好きだと手軽に気持ちよくなって最高の趣味