【2021年】ミニマリストが気になるモンベルのアウター【3選】

ミニマリスト

『ミニマリストが気になる、モンベルのアウター(2021年版)は?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「気になるアウター」を調べてみました。

僕はこのアウターを愛用しています。

めちゃくちゃ大好きなアウターなのですが、欲を言えば、胸のチャック部分が「黒だったらなぁ」と思う訳です。

なので、今回はチャックが黒の気になるモンベルアウターを探してみました。(↓)

スポンサーリンク

1.コスミックパーカ

2万2,400円+税

・重さ:622g

・商品説明:
激しい動きに追随する、モンベルオリジナルの防水透湿性素材ストレッチ ドライテック®を使用したモデルです。表地をニット地にすることで、しなやかな風合いと優れたストレッチ性を実現しました。一枚地ながら、身頃と肩からひじまでの裏地には、保温性を高める起毛加工を施しています。スノースポーツや冬季のトレッキングなどで幅広く活躍します。

・特徴:
裏起毛、ストレッチが効く、蒸れにくい、雪がつきにくい

◎XSサイズあり

サイズはXSからあります。

※チェックしたいポイント

・重くないか?
・機能が多すぎないか?
・背中のツートン部分は変じゃないか?
・手首のマジックテープは気にならないか?

スポンサーリンク

2.ライトシェルパーカ

9,000円+税

・重さ:303g

・商品説明:
防風性と撥水性を備えた滑りのいいシェル素材に、暖かく蒸れにくい裏地を組み合わせ、抜群の汎用性を実現したパーカです。冬山では中間着として、春山ハイクや夏季の高山ではアウターとして一年を通じて活躍します。身幅にゆとりを持たせ、アウターとして着用しやすいシルエットです。

・特徴:
ストレッチが効く、撥水、蒸れにくい

◎XSサイズあり

サイズはXSからあります。

※チェックしたいポイント

・薄すぎないか
・普段着なら何月ぐらいが適しているか
・シャカシャカ感はどれぐらいか

スポンサーリンク

3.シャルモパーカ

2万400円+税

・重さ:685g

・商品説明:
高い透湿性を誇る独自の防水透湿性素材を使用し、保温性・軽量性に優れたエクセロフト®を全面に封入したモデルです。蒸れにくく快適な着心地と優れた保温性を実現しました。収納可能なフードなど、スノースポーツや冬季登山に役立つ機能をバランスよく備えています。

・特徴:
保温材が沢山入ってる、雪がつきにくい、蒸れにくい

◎収納可能なフード

フードを収納してジャケットにできるのはポイント高いです。

※チェックしたいポイント

・重くないか?
・ゴワつかないか?

スポンサーリンク

まとめ

・ミニマリストが気になるモンベルアウターは、
①コスミックパーカ
②ライトシェルパーカ
③シャルモパーカ
・シンプル、お洒落、機能性高い
・チェックポイントは実際にお店に行った時にチェックしてきます