【ラクして楽しく】旅行好きはミニマリストになれ【大荷物は損ばっか】

「旅行」の面倒を手放す

毎回旅行の旅に荷物が多くて大変。どうにかして荷物を減らしたい。疲れるばかりで旅行が楽しくない。という悩みにお答えします。

目次
1.旅行好きはミニマリストになれ!
2.荷物が多いとなぜ損をする?
3.これは置いて行こう!
4.まとめ


この記事を書く僕(@Eita_continue)は、
完璧にし た が り な「めんどくさがり屋」です。

自分が楽できるように、
日々身の回りを改善して行っているので、
その片づけ方法や、効率の良い物の配置・使い方、
ミニマリストの情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

1.旅行好きはミニマリストになれ!


ミニマリストになると、旅行が好きになる。

ミニマリストになると、旅行が好きになります。
既に旅行が好きな人は、もっと好きになります。


理由は、荷物が少ないと『旅の負荷』が少ないからです。


・荷物が重たくて歩くのも嫌。電車内でスーツケースは邪魔になるし、人込みの中引っ張るのも大変。空港に着いた時にはもう疲れている。

・飛行機で預けた荷物が全然出てこない。早く遊びに行きたいのに。やっと出てきたと思ったら傷だらけ。買ったばっかりなのに最悪。

・荷物を持ってきすぎて、お土産が入らない。追加料金を払って持って帰る羽目に。ちなみに持ってきた物で使ってない物は沢山ある。

これらが負荷です。皆さんも心当たりありませんか?


実際に僕は、国内外どこでもリュック1つで行きます。
それだけ荷物が少ないので、パッキングもめちゃ楽です。

国内旅行は1分以内で、海外旅行は4分46秒で準備ができます。
荷造りだけで丸1日かかった。前日に徹夜でやったから全然寝ていない。という話を聞いたりするのですが、それはヤバイです。

睡眠を削ってまで荷造りをして、体力を削りながら重たい荷物を持ってくると、だいたい皆さん飛行機に乗る前に疲れています。到着したら即横になる、とか。

なんだかモッタイナイな~って思うのです。


もちろん、物が少なければ少ないだけ良いと言うワケではありませんが、僕自身たくさんの荷物を持って行ってた頃に比べたら、「旅が快適」に出来ていました。疲労も少なく、より楽しめていました。だから『旅行×ミニマリスト』はめちゃくちゃ相性が良いなと思うのです。

旅行の時だけでもミニマリストになった方が良い。

旅行のためにミニマリストになれるか!という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、『旅行の時だけでもミニマリストになる』のがオススメです。


実際に僕はこれぐらい荷物が少ないです。
普段はPCを持ち歩くのですが、旅行では置いて行くので
むしろ「普段より軽かったり」します。↓

スポンサーリンク

2.荷物が多いとなぜ損をする?


お金を損する

荷物が多いと、出費が増えます。

例えば、
LCCの場合、預け荷物があると追加の料金がかかります。せっかく安く行くチケットを取るのに、値段が吊り上がって損した気がしますよね。

出発日、家から出て空港に行くまで本来なら電車とバスを使って安く行けるのに、荷物が多すぎて断念。タクシーで空港に向かう。

到着してからの移動も、タクシーを使う。何てったってせっかくの旅行だから、楽しみたいからね。疲れないように、ちょっとでもこの重たい荷物を持って歩かないで良いように。

でもやっぱり細かな移動は自力ですから、当然疲れます。恐ろしい事に、人は小さなストレスの積み重ねを、消費や浪費で晴らそうとし出すのです。爆買い・爆食でどんどんお金は飛んでいきます。

そんな感じで、たくさん買い物をして、お土産も買った。さて、帰るかと思ったら荷物が増え過ぎて重量オーバー。でも大事な物ばかり持ってきたから、中身を捨てて帰るワケにもいかない。しょうがない、追加料金を払うか…。(ちなみに空港で直前に追加すると更に割高。)



ぶっちゃけ「現地で買ったら?」というアドバイスは、正しいと思います。

「これも必要かも。あれも必要かも。」という物の多くは無くても良かった物ですし、それを持っていく事で余計高くついている事があるからです。

実際に困ったら買うぐらいのスタンスの方が、安上がりだったりします。

体力を損する

『お金を損する』では、荷物の重たさをお金を使って解決しました。

が、もし貧乏旅行だったらそんな贅沢はできませんよね。

お金をかけずに重たい荷物を運ぶという事は、時間と労力をたくさん使うという事です。


想像してみてください。

空港まで行くための電車で、時間はちょうど通勤ラッシュと重なり、重たいスーツケースを持って移動するのはめちゃくちゃ大変です。色んな人に気を遣いながらの移動になります。リュック1つだったら階段でスイスイと移動できるのに、エスカレーターの長蛇の列に並ばないといけません。

空港に到着したら、今度は荷物を預ける列に並ばないといけません。

飛行機から降りたら、荷物が出てくるのをかなりの時間待たなければなりません。帰りも一緒です。


『運んでは並んで、待機して、また運ぶ…。』


もう考えただけで疲れてきますね。旅行が嫌いになりそうです。


やっぱり荷物が多いと、どこかで損をするってことが分かりますね。

荷物を減らすだけでこの損を免れる事ができますし、
「海外行きたいけど高そう…」というのがウソだと言うことが分かりますよ。
LCCで手荷物だけで行けばかなり安く済みます。

お金や体力は荷物を運ぶために使うのではなく、
海外でしか体験できない事に使うのが本当だと思います。

スポンサーリンク

3.これは置いて行こう!✔


「服・スマホ・お金」以外!!

極論ではありますが、基本「服・スマホ・お金」があれば旅はできます。

最近は現金さえも不要になりつつあります。


よく受験の時に、
「最悪、受験票と筆記用具だけ忘れてなけりゃいいんだから!」
とか、試合の日に
「ユニホームとシューズさえあればいい!」
とかって言ったり言われたりしたことないですか?(特に遅刻した時)

旅行も同じで、
「服とスマホ」だけあればなんとかなる!って感じです。
※あ、もちろん海外はパスポートお忘れなく。


だから荷物を減らしたい人は、
「服・スマホ・お金・(パスポート)」があれば大丈夫なので、
それ以外は出して良いかもです。

結局、使わなかった物たち…

旅行に行って、結局使わなかった物たちって誰しも経験あると思うんです。

例えば、多いのが、
・絆創膏
・シップ
・カメラ、ビデオカメラ、三脚
・ガイドブック、地図
・余分な着替え
・パジャマ
・お菓子
・めちゃくちゃ重たい化粧バッグ
・シャンプー類
・替えの靴
・過剰な量のモバイルバッテリーやコード類
など

理由は、
備え付けがあった、全部は必要無かった、スマホで事足りた、持って行った食料が邪魔だった、などなど。

旅行初心者の頃は、このようなことはよくあります。
不安だから持ってきたけど、全然使わなかった。無くて良かった。とか。


でもこれをいつまでも何度も繰り返すのは賢いとは言い難いです。

攻略法は簡単で、
パッキングの時点で全部の荷物を
「写真に撮る」or「メモしておく」のです。
そして旅から帰ってきてから、無くて良かった物をチェックしておく。
逆に、無くて困った物や忘れて行ったけど案外大丈夫だった物もメモしておきましょう。

するとそのメモがそのまま「次の旅行の時に使える」のです。

「え~っと何が必要だっけ」とイチイチ、持ち物リストを考える手間がなくなり時短に繋がります。無駄に使わない荷物を持って行くこともなくなり、更に快適に旅を楽しめ『一石三鳥は確実』です。

スポンサーリンク

4.まとめ

・旅行を楽しみたいならミニマリストになるべし。旅行の時だけミニマリストなっても良い。
・荷物が多いと、お金と体力を無駄に使う。お金や体力は重たい荷物を運ぶために使うのではなく、海外を思いっきり楽しむために使うべし。
・極論、荷物は「服・スマホ・お金」で良い!
・ 要らない物をチェックするだけで無駄が省ける。パッキングに時間を取られるより、旅の計画を立てる時間にした方が良い。


荷物を軽くする呪文は、「迷ったら置いていってみよう!」。
せっかくの休日です、身軽で楽しい旅をしてきてくださいね^^