【察しつくけど】ミニマリストの財布の中身【それで困らないのか?】

ミニマリスト

ミニマリストの財布の中身が見たい!!

という声に、お答えします。

こんにちは、エイタです。面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「財布を膨らませてるカード」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ミニマリストの財布の中

財布の中身はコチラ

基本的に「現金」と「免許証」だけです。

現金は1万円以下しか持ち歩きません。

だいたい何にお金を使うか想像つくのと、
衝動買いをしないからです。


もし、突然お金が必要になって足りなくても
スマホ決済でどうにかします。

カードも使わない時は財布から抜いておきます。

理由は、
・だいたい1日の流れが分かる
・あると余計に使ってしまう
・財布の形が悪くなる
から必要な時以外は持ち歩きません。

逆にミニマリストになってから
先を見越す能力が発達したなと思っています。

大学生の時は、常に全てのカードを持ち歩いており
欲しいと思ったら財布の中のお金を見て、
足りなけらばお金をおろして買うを繰り返していました。

結局衝動買いした物に良い物はほぼ無いので、
要らん買い物するぐらいなら現金もカードも
必要以上は持ち運ばないほうが良いなと思っています。

ポイントカードは作らない

ポイントカードについては、一切作らないようにしています。

1枚作ると、
「これぐらいいいか」と思いだして
キリがないからです。

だから自分の中で、
『ポイントカードは作らない』と決め

店員さんに、
「作りませんか?」と聞かれても、
「作っておきますね」と言われても、

すいません。ポイントカードを
一切持たないようにしているので。

と、ハッキリ断っています。

たまに無理矢理つくって渡してくる人もいますが、
即行で捨てます。

「紙きれ1枚ぐらいいいじゃん」
「重たいもんでもねぇし」と言われるかもですが、

その1枚を許す事でガードが甘くなり、
《気づけば物がたくさん増えてる》
という状況になりがちなので
1枚たりとも許しません。


それにカード1枚作るのにまぁまぁ時間取られるのも嫌ですね。

スポンサーリンク

2.それで困らないのか?

結論:困らない

そんな財布事情で、
「それで困らないの?」と聞かれますが
一切困りません。


むしろ先を考えて行動するようになったので、
「あっそうだった!」みたいな事がほぼないです。

必要最低限しか持ち歩かない事で、
鍛えられたのかもしれません。

それよりも…

カード云々よりも、
財布の形を壊したくないという想いの方が強いです。


僕の長財布は元々、厚さが5mmしかありません。

この薄さを綺麗に保ちたくてカードを無理矢理入れたくないです。


薄さに関しては、
小銭入れと比較すると非常に薄い事が分かります。
(※僕の小銭入れ≒アブラサスの薄い財布ぐらい)


この薄さのおかげで2個持ちですが、
合わせても一般的な財布より圧倒的に薄いです。


非常にスマートで気に入っています。



↓薄い財布はこちらです。

鍵まで入るのにこのコンパクトさ、が好評で
ミニマリストはこっちの財布を持っている人が多いです。
値段は¥14,500。「グッドデザイン賞」受賞作品です。

スポンサーリンク

3.使ってる財布はコレ

アブラサスの「薄い長財布」

僕はアブラサスの「薄い長財布」を愛用しています。

何度も紹介しているので、
紹介記事を最後にまとめておきます。

薄さは5mm。
1年半以上使ってますが、全くよれません。
薄くて強い。素晴らしい作りです。

値段は¥13,500。
「ブラック・ボルドー・ネイビー」の大人3色での展開です。

HATO HASIの小銭入れ

近所を歩く程度でしたら
奥に隠しポケットがあるので、
そこに1,000円を入れて小銭入れだけで出掛けます。

友達からもらった物なので、
僕の持ち物で唯一の暖色です。

詳細不明なのですが、
特にブランドという訳ではなさそうです。

手触りが良すぎるので愛用しています。

スポンサーリンク

まとめ

・財布の中身は、現金と免許証のみ。
・これだけで、ぜんぜん困らない。
・財布はアブラサスの「薄い長財布」を使用。