【ミニマリスト】速乾タオル『BOGI』をレビュー【画像あり】

ミニマリスト

速乾タオルって乾いたらカチカチになるやつでしょ?使い心地良い?本当にすぐ乾く?

という疑問に、「今の速乾タオルってカチカチにならないんだと衝撃を受けた僕」がお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「旅の荷物」を手放します。

スポンサーリンク

1.BOGIの速乾タオルとは?

実際に買ってみました

先日このような記事を書きました。

内容は、「速乾タオル」が欲しかった僕が、
真剣にAmazonで速乾タオルのベスト3を探した感じです。


で、実際にその中の1つ『BOGI』を購入してみました。

今回は、そのレビューです。

待って、小さすぎんか…?

届いて手に取った時、久々に
「やっちゃった…。」と思いました。

なぜなら、こんなに小さいからです。
ハンカチ来たわこれ…」って思いました。

裏切らなかったのはカラビナだけか…。

(でもまぁ一応写真撮って、
こんな感じでしたって報告しよ…)

(やっぱ小さいよな…)

おっ!!でもやわらかっ!!手触り良いなぁ。

ちゃんと、BOGI
って書いたタグもちゃんと付いてる。

これあると乾かす時に便利だな。
しかも取り外しできるから、
要らない人は捨てても良いってことだね。


ってか…

待って!!デカいぞこれ!!!
スタンディングデスクぐらいの大きさあるんやけど!!

☝肩にかけてみたら、結構デカさが伝わりますかね。
普通のフェイスタオルより大きいです。



「小さっ」とか言ってゴメンナサイ。

ちなみに、カラビナを使って
リュックに付けたらこんな感じでした。
ウリボーみたいでかわいいですね。

スポンサーリンク

2.色落ちする?

レビューを見ると…

レビューを見ると、「色落ちします」と書かれていました。

そんなに酷いんだろうか…。

というか、個人的に
え!洗濯機に入れるの!?」と
ビックリしました。


ぼくは主に旅行先で使う予定で、
「水で手洗いだな」
と思って買ったので。



もしや、手洗いでも色落ちするのか。
と思って、実験してみました。

実際に水に浸けてみた

どれぐらい色が落ちるのか、
見てみたいので水に浸けてみました。
(※浸け置きする前に、
軽く揉み洗いしてみましたが、
全く色落ちしませんでした。
)


で、1時間後。

色落ち全然ナシです。

でも、白い物が一緒だったら、もしかしたら…
と思って、
真っ白のタオルを一緒に浸けてみました。☟

半分下敷きにして、2時間以上放置しました。
(浸けてたのを忘れてました。)

(結果):全く色移りせず。

で、ここまでやってもう一度レビューを見ると
BOGIさんが先ほどのレビューに
このような返信をしていました。

『最初に単体でお湯で洗って、
干してから使うと色落ちしない』
みたいです。





でもこのタオルに限らず
「色が濃いやつ」って最初の方
必ずと言っていいほど色落ちしますよね。


だからまぁ当たり前かなと思いました。

とりあえず一発目から
洗濯機に入れる
のは辞めときましょう。

スポンサーリンク

3.拭くのではなく、吸う

通常のタオルとは使い方が違う

拭くというより、

じゅうたんに飲み物をこぼしてしまった時の、
シミ取りのように「ポンポン」とおさえて
水分を吸い取っていく感じです。


とは言え、乾いても素材がやわらかいので
肌を滑らせても痛いとかは全くありません。


むしろ僕が普段使っている粗品のタオルより
ぜんっぜん肌ざわり良いです。

速乾性はめちゃ高いワケではない

「1、2時間で乾いてました~!」
という商品ではなかったですが、
(もちろん気温などによる)

・夜干したら朝には乾いているし
・コンパクト過ぎて持ち運びに最高だし
・乾いてもカチカチとかならなくて肌ざわりいいし
・畳めば小さいのに、広げたらかなり大きいし
・値段も高すぎないし

なかなかアツい商品だなと思いました。
今年の夏はコイツと旅します。


たぶん普段使いだったら、
みなさん文句とか出てくるかもですが
旅行とかで使ったら絶賛すると思います。

旅行の時にかさばるのは衣類関係だから
これだけ「コンパクトで使える」商品持ってたら
言う事なしですよね。

スポンサーリンク

まとめ

BOGIの速乾タオル(Mサイズ)は、
畳むと想像以上に小さい。広げると想像以上にデカい。
・乾いても非常にやわらかい
・使い方は、「拭く」のではなく「吸いとる」
・普段使いより、旅行用として買えば大絶賛